トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  音楽  ≫  広げた風呂敷は、そして夢想花へ

広げた風呂敷は、そして夢想花へ

2017年01月12日 00:07
2016年12月29日、トーニャハーディング 3rd ep 「気化熱」をリリースしました。聴いてくれた人、買ってくれた人、本当にありがとう。



遅くなったけど、mp3の1曲ずつの購入にも対応!

「気化熱」のCDやmp3が買えるネットショップ

気化熱、まちあるきのうた、inside human bodyのどれかが気に入った人はシングル買い、大体良いしカラオケトラックで歌いたいという人はCD買いがオススメ!歌ってよ!

※カラオケトラックはCDもしくはmp3のアルバム購入のみに収録しています。シングル購入ではカラオケはゲットできません

〜トーニャハーディングの歩み〜

2014年3月
1st シングル アナログレコード「spa wars」


2015年9月
2nd シングル CD 「バード」


そして、

2016年12月
3rd シングル CD-R 「気化熱」 ※mp3もあるよ


アナログレコード → プレスCD → CD-R

この系譜よ。今回は1枚1枚気持ちを込めて焼かせていただいております。

まあその・・・事情は色々あるんだけど、プレスして流通のお世話になって、みたいなのは我々のような小さな存在にとってもそれはそれで非常にメリットもあり、数も沢山売れる(気がして)、期待してくれてる人たちへ出すものとして胸を張れる感じもあるわけですが、大変なことも多い。そんな感じです。

いま風の音楽じゃなくても、リリースに向けての派手な動きじゃなくても、関わってくれた人たちをこれ以上待たせるのも申し訳ない&失礼だし、トーニャハーディングの音楽を良いと言ってくれてる人が全員居なくならないうちになんとか音源を完成させてリリースしよう、ということを優先させました。

思い立ってからは割りと良いペースで作業が進んだものの、関わってくれた人には随分不義理を働いてしまいました、改めてごめんなさい。


まずは表題曲「気化熱」。

作詞をしてくれたちーぱーさんには、本当に随分前にこの素晴らしい、トーニャハーディングの2人には書けない歌詞を先にいただいていた。それに対し、うちのプレステージ加藤が原型となるメロディやコード進行をつけたまでは良かった、そこから時は流れ(年単位)・・・俺なら怒ってる。

でも、ちーぱーさんは先日我々のライブを観に来てくださって、完成に近づいた気化熱を喜んでくれた。曲の派手さキャッチーさで言えば、まちあるきのうた、inside human bodyをなぜ表題曲にしないのかという意見も出てきて当然だが、トーニャハーディングが居る場所はそういうところでは無いということと加藤と俺の意見にも相違は無く、気化熱を表題曲にした。待った甲斐があるかどうかはちーぱーさんが決めることだが、恥ずかしくない曲にはなったと思う。詞が先にあり、そこからのインスパイアで曲を作るという我々にとって初めての体験をさせてもらった。改めて、ちーぱーさん本当にありがとう。


CD収録 2曲目「まちあるきのうた」

2015年、相方のプレステージ加藤が結婚した。今となっては嬉しいだとか、本当に良かったという気持ち悪い感覚が俺にもあるんだが笑、当時は非常に不思議な感覚でいた。結婚パーティーを京都でやると聞いて、「めんどくせぇ・・・」と思ってしまってごめんなさい。

結果、パーティーのお店のロケーション&料理が最高、山田ワープ&名古屋の気のいいバンド連中「moq(モク)」と演奏出来て嬉しかった、東京の若い衆と京都まで車で珍道中が楽しかった、そして、このまちあるきのうたでボーカルをとってくれている柳本奈都子さんとの出会いがあった。加藤が奥さんに曲を書いてそれを柳本さんが歌うということでマジかよと思ったが、曲を聴いて「やるやんけ・・・」となり、これはリリースした方が良いと思った。

加藤の奥さんからしたら、2015年・秋の初披露から、いつ完成すんねんという心境だっただろうし、実際「いつ完成するんでしょうか」というクレームお問い合わせを俺宛に頂戴したこともある。


第2章 - 広げられた風呂敷 -


プレステージ加藤「ティンパニを入れたい」

プレステージ加藤「エンヤみたいに沢山コーラスを入れたい」

奥さん、こいつのせいなんですよ音源化に時間かかったのは・・・

まあ、トーニャハーディングという看板を掲げている以上は全責任は俺にあるというのは認めたうえで、こいつのせいなんですよ・・・

11428_pro-percussion_main_v2

パーカッション、と言えばここらしい。すげえ。この写真だと伝わるか微妙だけど、外観も中ももっと工場、ファクトリー感がある。ここで馴染みの、そして俺の20数年来の友人でもあるパーカッショニスト福島あつに手伝ってもらって、ここでティンパニとパーカッションの録音をした。

乃木坂ちゃんの制服のマネキンのティンパニだって杉山さんの打ち込みで生じゃないでしょ?というか俺たちにはサンプルや打ち込みのことは良くわからんので、ティンパニの録音も楽しいだろうし、やってしまった。福島あつ凄いのよ、レコーディング終わったあともたまたまここにオーケストラで訪れてた子たちが生徒だったりして。

ボーカルの柳本さんも京都の人なので、加藤が京都でレコーディング立ち会い&エンジニアをしてきた。本当にコーラスを何本も録ってきやがって、ミックス作業どうすんだよ・・・無茶振りに応えて素敵な歌を入れてくれた柳本さん、ありがとうございます。そしてこの曲も気化熱も、トランペットのワタナベアヤノさんが本当に時間の無いなか頑張ってくれた。

私ね、以前「夢想花」というMIX CDを出したことがあって、それがもう、らしくないくらい売れに売れたMIXなんですわ・・・

d9e308ac

円広志さんの夢想花のサビ 「飛んで飛んで飛んで・・・」 の直前に来る

デーデーデーデーデー

のアレ。サザンで言えば、「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」

デーデーデーデーデー コバルトブルーの♪

のアレ。そのデーデーデーデーデーが入ってる曲だけで作ったDJ MIX。

絶対に自分の曲に夢想花を入れなきゃ死ねない、ってことでまちあるきのうたに入れさせてもらいました。満足です。


「inside human body」

■inside human bodyのバンド演奏バージョン
https://soundcloud.com/tonya_harding/20150215live#t=4:29

バンドバージョンと音源、全然違うでしょ!これも何年も前からバンドや弾き語りでやっていて、ようやく音源化。しばらく前にデモで結構沢山の人にお渡しさせていただいたバージョンとも違う。

というのも、トラックメイク&一部アレンジを担当してくれた、最高のトラックメイカー&音楽家である yuichi NAGAO くんが、こだわりにこだわり抜いて、今回のリリース直前にも再び手を入れてくれて、inside human bodyはより良いものになった。

■yuichi NAGAO "Rêverie" PFCD61 AlbumTrailer


素晴らしい・・・ぜひyuchi NAGAOの曲も聴いて欲しい。ゲストボーカルに、かつて俺たちがRemixを提供させていただいたグループ「禁断の多数決」の加奈子さんが参加していたりして、縁というのは意図しないところで繋がるものなのだな。最近禁断さんにはあのニコ生の生ける伝説ボブリシャスちゃんが加入したりして、また何かご一緒したいなと強く願っている。

yuichiくんにもまた編曲で関わってもらいたいと思っていて、彼が今回みたいに気合いを入れてくれるように、作曲を頑張らねば。

そして俺の夢は、inside human bodyのバンドバージョンの録音もすること。全く別の曲のような良さが出ると確信している。


シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.