トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  音楽DJ)  ≫  ララランドそして5月6日キンミヤワンマン!! カツマーレー&The SOUL KITCHEN

ララランドそして5月6日キンミヤワンマン!! カツマーレー&The SOUL KITCHEN

2017年05月05日 02:35
まずはこちらを見て欲しい

今回
C6xEOnNVAAADGSg

前回
C909GVMVwAEiR7e

違いがわかりますか?

パトラッシュことウクレレ界の子門真人が倒れていて、天使がお迎えに来るだけでなく、着実に支払いも代行してくれているというね。

今回も、カツマーレー&The SOUL KITCHENさんのキンミヤワンマンがあります。そこでまた、ゆけむりDJsにお声がけいただきました。ありがとうございます。

image

このように厳かな空気のなか決起会を開いていただき、前回の反省点は?などのトークもアリ。俺は「前回のキンミヤガールをクビにしろ!」「うちの(ゆけむりDJs現場によく来てくれる)妖怪ひょうすべが泥酔してすみません・・・」などと真面目過ぎるが故の建設的な意見を述べた。

キンミヤ飲み放題なので、

・焼酎の倍は水を飲む

・キンミヤガール(おっさん)のアルハラには屈しない、殴って黙らせる

これが大事。お客さんには徹底していただきたい。前回、本当にカツマさんの作る曲は凄いな、そして客演交えたカツマーレー&The SOUL KITCHENの演奏の素晴らしさ、パーティーメイキングはヤバいな!と心底感動した。我々ゆけむりDJsもイイ感じでグルーヴを提供出来たと思う。

以前から、カツマさんがゆけむりDJsを評価してくれてることが嬉しくて、飲み会嫌いな俺が(また言う)珍しく「飲もう」と言われて舞い上がってしまう存在であった、が!!!ララランドどうだったの会議をしたいということで、ララランドが嫌いな人、刺さらなかった人と飲み会なんてしてしまったら一触即発、鳥貴族のジャンボ焼鳥の串で刺し違えるハメになるのでは。

C-PtIemVoAEwvAY

ほら、凄く怖い顔してる。写真はカツマさんのところから勝手に拝借した。

平和的な感じで

カツマさん
https://katsumarley.jimdo.com/live/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3-1/

色ボケメガネ馬鹿ベーシスト
2017年4月25日(火)新宿で飲んで、田町から再度新宿で朝まで飲む、トーニャさん

両名がまとめてくれているが、その飲み会の実態はヒドいものだった!泣

というか俺が酷かった!泣 友達呼んでも良いですか?と言われリア充ぶりを披露されても、こっちは四半期に1度はうんこ漏らす話とか、紀伊國屋書店に連れて行って衛藤美彩さんという存在の素晴らしさ(飲み会当日・写真集発売日)をプレゼンする、など犯罪者予備軍寄りなオタクならではの齟齬を起こしていた。

ララランドの監督は本当にジャズが好きなのか?とかそういう話にどうしてもなるわけ。結論から言うと俺は好きなんじゃないかなと思うけど、映画の焦点としてはそこからズラさざるを得ない。だってセブがツラツラとジャズの巨匠の名前をまくしたてて述べてるのとか、ウザいでしょ?あれを機に議論が起きたりとか少しでも深い話になると、悪い意味でサブカルっぽくなって少なくない人が心の距離を取ると思うんだよな。

現実的にはいくらバップが好きだからって打ち込みやポップスに全く無理解ってわけにはいかないでしょう、その一方で日銭稼ぐために雇われバンドでa-haを演奏していたり。

でも、俺みたいな人間からしてみるとセブですらとても羨ましい存在であることを前提としつつ同類に思えてならない。本当にやりたいのは店のオーナーでありつつ、司会者もして、ピアノもバリバリ弾くってハチャメチャというかルール決めもピッチャーも4番もやりたい草野球の奴の童心そのまんまって感じで。その本当に好きなジャズやジャズのハコに関すること以外の、ポップスや懐メロだって演奏の妙であったり世間の視点の位置づけなんかは心得ているわけだ。ケニーGとかさ!泣 でもバカだからバンドに誘ってくれたジョンレジェントの言っていることが最初は本当にわからない。マーケティング視点ではどうなのか、など。

ララランドの中ではそんなにマニアックなジャズプレイヤーの名前すら出て来なかった、でもジャズ好きの人で良くわかんないのは、やたら色々聴くんだけど、その人自身はConfirmationやDonna Leeのテーマですら歌えないみたいなのあるじゃない。俺はそういうのダサいと思ってしまうんだけど、その辺は凄くセブっぽいのかもしれない。

ビジネス勝ち組負け組、サブカル勝ち組負け組みたいなのとも軸が交差しているであろう点。カツマさんも書いているように、恋愛に対してドライかウェットかでもこの映画に対して見方が大きく変わってくる。ドライっていうかさ、普通に考えたら遠恋で何年も会わなかったらそんなのお互い近場でよろしくやってるに決まってんだろ!という。ましてやアメリカとフランスの遠恋。でも、俺たちの脳みそって100%がいちごで出来てるじゃないですか泣 フランスが何だ!遠恋が何だ!

19_084
19_085


-4年後-


19_125
19_126

おあとがよろしいようで・・・


激論を交わした、カツマーレーさんのキンミヤワンマンを改めてよろしくお願いします。


シェアしてください
スポンサードリンク

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.