トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  音楽  ≫  【祝】脇田もなり 1stアルバム「I am ONLY」リリース

【祝】脇田もなり 1stアルバム「I am ONLY」リリース

2017年08月02日 00:11
【祝】脇田もなりさん 1stアルバム「I am ONLY」リリース!!!

I am ONLY
I am ONLY

湯会でのwith ゆけむりDJsとしてのコラボや、バンド・ソロのトーニャハーディングとしても共演させていただいたりして何かと大変お世話になっている脇田もなりさんのアルバムがボムされた!

これまでのシングルを手がけているはせはじむさん楽曲は最高だし、俺もハウスミュージックの関連レコードを何枚も持ってる福富幸宏さん、何度も共演させてもらってそのライブや手がけるサウンドに憧れているユメトコスメの長谷さんとコーラスで同じくユミさんも参加されてる。西寺郷太さんは言わずもがな、イックバルに、KASHIFさん・・・凄い人たちが参加してるアルバム。帯に書いてある通りマジで全曲シングル表題曲でOKの素晴らしさ。是非聴いて欲しい。1曲目からこの勢い、



「IN THE CITY」、ゆけむりDJsのメンバー良く現場でかけさせてもらってます。

脇田さん、ソロになってこうやってアルバム出すまでに色々あったと思うけど、聴くたびに歌が良くなっているし、ステージングも良くなってる気がする。今現在も我々がコラボさせてもらった頃より格段に進化していて(ビジュアルも///)、曲を提供したりサウンドで絡む人が羨ましい。そんな気持ちでCDを購入し、聴きながらブックレットをめくってみると

脇田もなり

これは泣いちゃうよね・・・

自分の存在意義が見い出せなくなってしまうことがしばしばあり、好きなはずの音楽に100%で臨めていなくてその割には色々と犠牲にしてきたはずなのに「これ」という明確な何かに着地することが出来なくなっている。全てを終わらせてしまおうかと思うこともある。トーニャハーディングとしてレコードを出したは良いけど、沢山の人の力を借りてその後なんとかCDを出したは良いけど、その後はパッとしない。

ゆけむりDJsは楽しい。こんなに全国各地の温泉地絡みで、大宴会場で、フェスで、妙な場所・やり方で、やっているチームは他に居ないだろう。チームとしては都度結果も出せており、特に3人はパーティ第一、顧客第一でやれている。その中でどうしても俺は純粋に他人の曲だけを使って人を満足させるというDJにとって当たり前のことが出来ない、強烈なエゴが前に出てしまう。そんな俺でも良いと言ってくれる仲間に今夜は改めて感謝したい。

ゆけむりDJsという存在に対してあれこれ思う人はいるに違いない。でも、これほどまでに素晴らしいアルバムの、楽曲等の正式なクレジットでなくても名前を刻んでいただけたことに、自分だけの力では決してなし得ない肯定感や感謝の念でいっぱいである。脇田もなりさん、そしていつもお世話になっているVIVID SOUNDのみなさん、アルバムリリース心よりおめでとうございます。そして、ありがとうございます。


シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.