トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  アイドル  ≫  【番外編】TIFと乃木坂46とあしゅら男爵

【番外編】TIFと乃木坂46とあしゅら男爵

2017年08月09日 00:03
KAI-YOUさんで書かせていただいた

【TIF2017】先輩も駆けつけた乃木坂46 3期生! ガチファンDJが目撃したすべて
http://kai-you.net/article/44183

ぜひ読んでみていただきたい。

そう、今年もTIFにお邪魔した。特に今年は乃木坂が出るからと肩に力が入ってしまい妙な気持ちで臨んだ(「参戦」って書くと、参戦って何?何と戦うの?怖い!とか言われるから書かない。イチイチ突っかかりやがって別に怖かねえだろ、純真無垢な少女やBBQ好きのギャルだって参戦ぐらい使うわ・・・)。

タイトルの

【TIF2017】先輩も駆けつけた乃木坂46 3期生! ガチファンDJが目撃したすべて

について、編集の方と、

ガチヲタDJ

なのか

ガチファンDJ

なのか

独身中年男性

なのか

自称DJ(37)

なのか

無職親殺し(37)

なのか

諸々の候補について相談した。俺は自身のことをオタクだと思っていないということと、それでいて悲壮感が無く、多少引っかかりがありそうな表現が良いということになり、タイトルの通りに落ち着いた。

天下無双の晴れ男こと俺、家を出る前は曇り空だったのにお台場に着いた瞬間から陽射しがヤバかった。そろそろ俺のこの晴れ男の要素についてファンレターが届いても良い頃だと思うのですが。どのステージで見させてもらうのも1つの場所でじっと見ていたせいか、右半身だけがメチャクチャ焼けてあしゅら男爵のようになってしまった。

あしゅら男爵

明日からの社会生活どうしよう。片眉を剃り落としてしばらく山籠り特訓でもしようか。ブログではKAI-YOUさんのレポートで書ききれなかったことを補足したい。


■ケバブステージ
まずはケバブ屋さんからチェック。数年前、俺が現場に居ないのを良いことにTIFに参加したオタク達が「ケバブ屋がトーニャハーディングに似ている」とツイッター上で盛り上がっていて、まさに鬱陶しいオタクという有り様だった。きっと大して似てなかったに違いない。今年は目視でチェックした。似てなかった、ちょっと無理矢理にでも似てるところは無いかむしろ躍起になって探そうとしてしまった、俺の負けだ。一応2店舗チェックした。宗教上の理由で最近は炭水化物を控えるブームが訪れているので、「おつまみケバブ」という肉とキャベツだけのやつを頼んでみたが、気のせいでなければラップしてある通常版ケバブと同じ料金で肉の量は少なかった。ケバブステージはなかなか俺に厳しい。


■Negiccoさん(SMILE GARDEN)
1. 圧倒的なスタイルアカペラフル尺ラインダンス付き

2. 「次の曲が最後となります」

何を言っているのかわからねーと思うが俺も何をされたのかわからなかった。でもNegiccoさんは常に圧倒的だ。空間を掌握してしまう。

2017年2月11日
湯会@東京天然温泉古代の湯

久々にNegiccoさんが湯会に戻ってきてくれた日のことを思い出した。湯会のボス鶴田さんが「ウンウン、これだね」と頷いていて、横にいた俺は、ねぇバーディア1サビの瞬間に無理になって便所に顔を洗いに行った。Negiccoさんがここまでの存在になったこと、そして湯会もそんな彼女たちをお招き出来たこと、それだけでも幸せで、そんなイベントに末席ながらDJとして出演させていただけたこと、感謝の極みである。この回の湯会、

Negicco、アイドルネッサンス、星野みちる、フィロソフィーのダンス、FantaRhyme(敬称略)

凄いよね、凄かった。湯会はいっつも出演者さんもお客さんの熱量も凄いけど、特にこの回は俺の中でパズルのピースがピタっとハマった気がした。


■フィロソフィーのダンス×sora tob sakana present.〜踊るオサカナ〜
ナイスコラボ!曲が素晴らしい!みんな歌が上手い!曲のブレイクになってオケが落ちたときにも自信持ってソロパートで歌を聴かせられるグループは凄い。そしてそういうアイドルがまた旬になってきている感があるかもしれない。しかもああいう場所でやってくれると清涼感が嬉しい。(自分の好きなグループにはあんまり歌える子が居ないので。でもあとで書くけど、出来る子もいるんやで。)


■Negiccoさん(HOT STAGE)
「私たちのライブはじめての人ー!あれ?こんなに沢山の人が私たちを観るのはじめて?15年やってるんですけど(笑)」

あんまり怖い感じがしないのがむしろ凄い。セリフはちょっとヤクザなのにどこまでも可愛らしいんだ。プレス席にいたのについねぇバーディアで

「いいよー!!!」

とコールしてしまいそうになった。女の子に自分を好きになってもらいたい。

1.ともだちがいない!
2.サンシャイン日本海
3.愛、かましたいの
4.あなたとPop With You!
5.さよならMusic
6.ねぇバーディア

セトリもムダが無くて素敵。


■乃木坂3期生
KAI-YOUの記事を参照いただきたい。
http://kai-you.net/article/44183

誰それはどうだったんだ、触れて無くてショック。そんな感想もいただいたのだが、そもそも俺みたいな人間が乃木坂を、しかも3期生だけと思いきや先輩たちまで出てきたのを俯瞰かつ冷静に観て満遍なく言及するなんて5000兆%無理ですよ。多分俺じゃなくても無理。たまちゃんが終始良い動きをしていて、これからも注目してゆきたいなと思えたのと(握手券が当たらない)、やっぱり2曲だけの集中だったのもあってか、また心から3期生のことを可愛がってる感じもあって白石さんがキャピキャピしてたのが最高に嬉しかった。あの人は本当に内面まで可愛いかよ・・・記事に散々書いたけど、あのメンバーにひなちまと中田さんが含まれていたことが本当に嬉しい。ひなちまは選抜メンバー欠席のときメチャメチャ代打要員として呼ばれてるんだよね。本当にこれからの乃木坂の中心になってくと思う。中田さんはさぁ・・・TIFに出られて本人もどんだけ嬉しかっただろう。俺はレポートをメモるのが無理なくらい泣いて震えたわ。今回の選抜発表後の神宮、沈金、握手会、そしてTIFの彼女の笑顔と最高のパフォーマンスを俺は信じてる。まだまだ出来る人だってことを。


■アイドルネッサンス
記事も書かなきゃいけないし(梅澤さんのSHOWROOMも始まるし)グランドフィナーレもそこそこに失礼しようとしたら、遠くから聴こえてくる「17才」・・・やべえ・・・この曲、ゆけむりDJsの4人が全員いつかけるかわからないアンセムとなっているかもしんまい。なちゅや俺みたいなアイドル好きです!仕事や趣味で積極的に関わってます!じゃないメンバーにとってもアイドルネッサンスというのは特別な存在なんだね。月並みだが本当にカバーのチョイスが絶妙。おっさんキラー。そう思うと乃木坂も4人ともかけてるな、みんな好きなんじゃん。乃木坂のことなら俺にもっと聞いてくれよ。聞かなくてもうるさいか。


■家ステージ
ここからが大変だ・・・原稿があるのに・・・

・ひめたんの卒業発表
・梅澤美波さんのSHOWROOM
・伊藤かりんちゃんのディズニーチャンネル番組出演
・abema TV 乃木坂46の!ニッポンワンダーウーマンツアー!
・乃木坂工事中

原稿書くのでこれらスルーしました、なんて俺じゃねえだろ・・・


・ひめたんの卒業発表
多分、まだ脳がちゃんと受け入れることを拒否したがっているから、ショックもそこそこなんだと思う。遂に来てしまったか・・・というのもある。「ごめんね、スムージー」、サンエト、乃木團、アンダーセンター、雑誌の表紙、ラジオのレギュラー、NOGIBINGOでのアシスタント・・・多くの人に期待されていたと思うし、ひめたんが絡むコンテンツで俺は好きなものが多かった。でも体調やメンタルのことはいつも気になってた。らりん、深川さん、橋本さんと卒業の波を受けて俺は完全におかしくなってしまったので、どうにかひめたんが少しでも気持ち良く卒業出来るのを祈り、あまりネガティブな情報には引きずられないようにしてゆきたい。


・梅澤さんSHOWROOM
帰り道、配信開始の時間に電車の中で何度も何度もリロードした。リロードするたびにムダにパケットが消費されてるんじゃないかというみみっちいことを少し気にしながらも「はよ!はよ!」とSR開始を念じてた。でも、ひめたんのこともあって時間の調整が入ってたのね・・・TIF直後で大変お疲れにも関わらず、そんな状況でひめたんの卒業について冒頭で触れ、穏便に済ませ配信をサクっと終わらせる梅澤さん。彼女顔つきはキリっと少しキツい系の美人じゃないですか、それでいて170cmの長身。KAI-YOU記事にも書いたけど本当に握手の雰囲気が柔らかくて素晴らしくて。一緒に行ったやつ握手のあと帰りの電車で泣いてたんですけどwww でも、それもわかる。SR短かったけど人柄が出てたなぁ。推してゆきたい。


・伊藤かりんちゃんのディズニーチャンネル番組出演
かりんちゃんが、小島よしおとクルーザーでしか行けないディズニーの島へ!ゆる〜い感じで良い番組だったな。世界のディズニーリゾート行きたいわ・・・ディズニー狂のかりんちゃん、やりたいことを仕事にしてゆく人。将棋キャラでも有名で、将棋番組のレギュラーも持ってるし特番にも出る。横浜ウォーカーの連載も持ってる。なかなか出来ることではない。選抜どうのこうのを超えつつある存在であり、伊藤かりんは既に精神的支柱になりつつあると言えるかもしれない。俺にとって忘れられないのが今年の神宮ライブ、2期生のみ出演のときの「きっかけ」ブレイクのソロパート。本当に素晴らしかった。かりんちゃんと純奈のソロパートのときに、近くに居てそれまで騒がしい感じだったピンチケ達までもが息を呑んで聴き入っていたのを思い出す。かりんちゃんと純奈の歌にはそんな力があるんだな。神宮からはだいぶ経ってしまうけど、今度の握手会で絶対にそれを伝えたい(しかしすぐ剥がされてしまうのでエレベーターピッチバリに端的に)


・abema TV 乃木坂46の!ニッポンワンダーウーマンツアー!
堀ちゃんがメチャ有能だった、ラップ適性アリ。BBA(新内)はナシ。でも高山さん含めて全員モバメを取ってる大好きな3人と今をときめく尼神インターの組み合わせがなかなか良い感じで嬉しかった。蝉の声が鳴り響くクソ暑そうなところ乃木坂ジャージ上下を着込んでるのもハァハァ・・・日焼けしちゃうからかね・・・


・乃木坂工事中
原稿どうすんだ・・・書きながら色々見てきたけど忙しすぎるし、情報の洪水過ぎて脳が追いつかないお・・・ニューシングルのヒット祈願!実は今度のWセンター、大園さんも、大人気与田ちゃんでさえも、何だかなぁと思ってた。でも凄いスピードでどんどん花開いてくね。テレビはさておいてもライブを観るたびに好きになって肯定的な気持ちになってゆくし、今回の工事中でも2人とも良かったなぁ。腕組みして「3期だと?まだまだ認めんわ!」ってしばらく居るつもりだったのに、気付いたら「うぇえええ、握手券、握手券が取れないぃいいい、うえぇえぇ」となってた。


以上。このあと寝ずに本格的にKAI-YOUの記事を書くことになる。今年もTIFをかじった程度だったが、1つ1つは見入ってしまったし、乃木坂のレポートを書けたことは相当な経験になった。お祭りモードのポジティブな雰囲気も助けて自分が良く行く握手会やライブよりもキモくなかった気がする。




シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.