トーニャハーディング is still aliveTOP ≫   ≫  FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」スタート。私の人生を変えたフリーペーパー

FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」スタート。私の人生を変えたフリーペーパー

2017年09月19日 02:34
FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」創刊!!!

Mogmog

http://mogmog.press/

私トーニャハーディングも「神保町とカレーと写真集」というコーナーで神保町とカレーと写真集について書いているのでぜひ読んでみそ。

賢明なトーニャハーディング is still alive読者なら「Mogmog」という名前にピクんと来てくれると思う。そう、あの伝説のフリーペーパーMogmogがウェブマガジンとなって蘇ったのだ。Mogmogを知らない人も多いだろうと思い、いくつかスキャソしてみた

m1m2

m3m4

m5m6

この表紙のクオリティ見てよ、欲しいでしょ。俺いま出会っても絶対に手に取っちゃう。

7〜8年前、沖縄を中心に配られているフリーペーパーがあり「ジャージ姿の女の子を表紙にしている」という電波をどこからかキャッチし、東京で唯一置いてある人形町の喫茶店に飛び込んでゲットしたんだよね確か。

予感通り、この表紙はサイゾー黎明期のインスパイアだということを知る。

s1s2

スクラップブックを召喚し、サイゾーもスキャソした、紙の劣化具合がヤバい!

山口紗弥加!加藤あい!ヤバくないですか?山口紗弥加のチャンピオンのジャージかわいいよ〜、加藤あいのMIZUNO SUPERSTAR、確かCMに佐藤藍子が出てたやつ。

s3s4

釈由美子!ワンダフル!修羅雪姫!SUPERSTARがイカしてる!上戸彩!金八先生!FILAは普通に今見ても超カワイイ。

s5s6

井川遥!人選最高、井川遥にジャージって。高橋マリ子!ニコモ!今は何やってるか俺は追えてない。

当時はゴシップとかも好きだったような気もするし、気になってた連載もあった気がする、でもやっぱりグラビアが最高ってだけで買ってたサイゾー、こんなにツボで「誌面の内容と関係なくとにかくジャージ姿の女の子でグラビアを撮る」みたいなことを長きに渡り貫き俺(トーニャハーディング)くらいしか喜ばないんじゃないか?という雑誌があったのは夢が誠か。表紙ではジャージじゃなかったんだけど片瀬那奈

s8s7

手脚なげー!!!布の丈が足りない。Kappaっていうのもイイな・・・とにかくこういうのは無かった。

で、話をMogmogに戻すと、サイゾーがジャージ女子の掲載を終了してから久しく、フリーペーパーでその魂を継承しちゃうの凄いなぁ・・・とMogmogに出会って感動していた。中身を見てみると、ユルくて、とにかく好き勝手やっていて、最高。これを作ってる人はどんなヤバい奴なんだろう・・・意を決して震えながら感想等々をメールで送ってみたら

「近々東京に行くので会いましょう」

と編集長・西原伸也。彼と、松本亀吉さんとのトークイベント

ぼくらのお目かけ女の子100
http://boo1oo.tumblr.com/

をやるようにまでなるとは思わなかった。懲りずに何度も何度もやってるし。

メール1本出してから、紆余曲折を経、沖縄に行ったら遊んでもらい、尊敬しているミュージシャン・サカノウエヨースケに出会ったり、西原さんが好きだからという理由でバンド「SEBASTIAN X」のインタビュアーを東京にいる自分が何度かやらされたり笑(おかげで本当に素晴らしいミュージシャンの彼らと知り合うことができました)。あのメール1通を出すか出さないかで大きく人生が違った。

お互いちょっと人生がアレなときに彼が東京の自分の部屋に1週間くらいこもったり、自分が沖縄の彼の家に1週間くらいお世話になったり。これまで謎のDJイベントや謎の飲み会、その他多くの謎など、色んなことがあったなぁ。

FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」
http://mogmog.press/

俺に声を掛けなくても面白そうなものはいくらでも作れるだろうと思いつつ、声を掛けてもらえて本当に嬉しかった。そんな気概はゼロに感じられるかもしれないけど、割りと近所の変わりゆくある町・神保町、糖質制限との葛藤のなか味わうカレー。乃木坂ちゃんを追いかけるに至るまでには俺にも(浅い)歴史があるんだぞ!と言いたい写真集、そんなものたちを舞台に文を書いてみた。

初回からmixiやSNSについての悲喜交交を炸裂させている編集長。「ディスる」の多用ぶりに荒ぶる魂を見た。Mogmogをどうぞよろしくお願いします。


シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.