トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  DJ  ≫  【11/4 sat】ゆけむりDJsが学祭に出る! - Kyo - POP FES 2017 in 中央大学 白門祭

【11/4 sat】ゆけむりDJsが学祭に出る! - Kyo - POP FES 2017 in 中央大学 白門祭

2017年11月03日 02:12
ゆけむりDJsが学祭に出る!

11月4日(土)
– Kyo – POP FES 2017 in 中央大学 白門祭 @中央大学 多摩キャンパス 8208教室

中央大学

中央大学タイムテーブル

チケットはここから
http://peatix.com/event/311091

呼んでいただき、ありがとうございます。

温泉地で生まれ、温泉地のフロアを沸かせ続けてきたゆけむりDJs、いつからか温泉以外の、ハロウィンパーティのエビハロさんであったり、バンド「カツマーレー & THE SOUL KITCHEN」さんであったり、その他大勢の方々にお呼びいただき・・・

ゆけむりDJsのこの感じ、なんか言語化し難いんだけど、良いからとにかく通っちゃおう、呼んじゃおう、というありがたい波を感じさせていただき、ついには中央大学 イベント企画団体- Kyo -さんにより、大学のキャンパス内にてDJをさせていただくことに!

※すみません、私トーニャハーディングはスケジュールの都合により出演致しません。

どうせいつも自分語りになるんで、今回もちょっと語って良いですか、このメンツ。

せのしすたぁ、RHYMEBERRY、amiinAの3組。全部個人的思い入れがあって。

せのしすたぁさんは加賀温泉郷フェスティバルなどで何度か共演させていただいていて、今年の加賀フェスでは控え室で、ぶらり路上プロレスでのまおさんがあまりに素晴らしくて感動したためその旨を少しお伝えさせていただいたら飛び跳ねて喜んでくれて・・・今まで以上にファンになっちゃうよねそんなの。曲は最高、ステージングもぶっ飛んでる、かわいい、そしてまおさん最近かわいいっていうか凄い美人さんになってるよね...

RHYMEBERRYさんは長くなり過ぎないように手短にすると、結成して一番最初のライブを観に行っていて。前身と言って良いのか、プロデューサーさんがその昔手がけていたMOE-K-MCZというユニットに俺主催のイベントに出ていただいたことがある。だからRHYMEBERRYの初イベントは万難を排して駆けつけた。色々あったけど、今もRHYMEBERRYが在って、マイクを握り続けてくれているということだけで俺にとっては充分宝。俺は中央大学に行けないけど、ゆけむりDJsが共演できるってことだけで充分。

amiinAさんは、ゆけむりDJsのリレー式DJ MIX「ゆけむりサウンド」のだいぶ前のシリーズの俺の担当部分で楽曲を使用させてもらってるだけでなく、不思議な形で共演したことがあり。それは相方のプレステージ加藤と一緒に、Mika+Rikaさんのサポートメンバーとして演奏に参加させてもらったときのイベント。amiinA、コウテカ、Mika+Rika、だったかな、どこも個性的で本当に素晴らしく良い曲揃いの面子だった。

と、これまでもゆけむり絡みで素晴らしいDJ、アーティスト、アイドル達と共演させていただいたけども、これだけ揃いも揃って個人的思い入れがある共演者さんばかり、ということもなかなか無くて。それはビッグネームだから云々とか俺レベルでもなんとか共演できる感じが云々とか俺がアイドル好きだからとかでもなく、全くの偶然とも言えないような気もしている。それなりに続けていると、憧れや好き、がグッと近づいてくる時があるんだよ。

こういう喜びや驚き、そして当日参加できない悲しみをあまり上手く表に出すことが出来なくて、呼んでいただいた主催者やゆけむりDJsメンバー内にも伝えられず、だからこのブログに書き殴ってみた。出られなくて悔しい、みたいなのはなんか俺は口に出すと次の瞬間笑ってしまったり相手の笑いを誘ってしまうような気がして。でもこれに目を通してもらえれば(読まれないかもだけど笑)、わかってくれるんじゃないかな。

いろは坂46さんについては、あまり情報が無いのでちょっと言及は難しいながらも旬な盛り上げ方をしてくれるんじゃないかと期待してるし、上に挙げた3組も鉄板で間違いない。本当に、良い意味で、学生のチョイスとしては渋くて腰の強い、説得力のある組み合わせだと思う。

そして俺の居ないゆけむりDJsの3人も、魅せてくれて踊らせてくれるはずなので、温泉も酒も無いかもしれないけど、いい塩梅に湯上がっちゃってください。


シェアしてください
スポンサードリンク

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.