トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  アイドル  ≫  ぴーぴる(963)、ジャージ姿の君にまた会えたら。 tracktop girl 追憶編

ぴーぴる(963)、ジャージ姿の君にまた会えたら。 tracktop girl 追憶編

2018年06月07日 02:45
ジャージ姿の女性の写真サイト
tracktop girl(トラックトップガール)
https://tracktop.net/

現在9名のモデルさんを掲載中。おかげさまで多くの方にご高評いただき、開始当初には考えられないような人、場所、そしてジャージ(笑)との出会いが。・・・誠に申し訳ないことに、実はこのあと既に7人も撮影済みであり、鋭意公開準備中でございます。(関係各位、大変お待たせしており申し訳ございません)

新しいモデルさんを掲載しサイト更新する際にもこのブログで告知はするものの、まずはモデルさんの素晴らしさ、写真の良さそのものを味わって欲しいためにあまり能書きは添え過ぎないようにしている。

ありがたいことに、あの写真が良かった、可愛かった、どういう意図であのシチュエーションで撮ったの?、ごく稀に「トーニャハーディングのセンスが良い」とまでおっしゃっていただくことがある。本心でモデルさんが輝く場になれば良い、カメラマン、ヘア、メイク、みんなのアピールの場になれば良いと思ってはいるものの、やはり自分を含めて評価してもらえるのはとても嬉しい。

より楽しんでいただければと思い「tracktop girl 追憶編」として、これまで撮ってきた写真の一部について振り返ってみたいと思う。

ぴーぴるさん(963)※リンクは写真一覧
https://tracktop.net/category/%E3%81%B4%E3%83%BC%E3%81%B4%E3%82%8B/

ぴーぴる
ぴーぴる2

西原伸也さんだけがこのサイトを見て一番最初に触れてくれたけど、渋谷の尾崎豊の聖地から撮影をスタートさせてもらった。いきなりジャージと女の子と何の関係があんの!?という。

故人が喜ぶ、悲しむなんて勝手に想像することはナンセンスだが、尾崎ぐらいルックスが良くてソングライティングの才能があると、遺された側というのはいつまでもズルズル引きずってことあるたびに思い出しては、浸る。

渋谷という街は、自分にとって、尾崎の聖地があり、渋谷系というワード(記号)の拠り所となる土地であり、レコード屋街であり、クラブがあり、渋谷TSUTAYAがある場所だ。実はその多くが失われたものだったり斜陽を含むものだったりする。「渋谷はいつの間にかコモディティ化しちまったな、地方都市と何も変わらない」なんて知人に対して嘯くこともある。

それでも尚、自分が音楽をやるとき、聴きに行くとき、他では借りられないCDを探しに行くとき、アイドルを観に行くとき、何故か渋谷だ。渋谷にしかないものなんてもう無いかもしれないけど、渋谷にすがりつきたい自分がいる。

若くて天真爛漫なぴーぴるさんならそんな地縛霊みたいな気持ち悪さを圧倒的な光で溶かして成仏させてくれるんじゃないかという期待があったのと、単純に直球で良い画が撮れる自信みたいなものもあった(だって素材が本当に素晴らしいから)。結果、マネージャーさん兼カメラマンの池田さんとぴーぴるさんとのこれまで培った信頼関係も大いに助けて、本当に素晴らしい写真になった。

尾崎の聖地で着ているadidas originals × farm companyのコラボのオニオオハシ総柄セットアップ、超良いよね!メチャクチャ似合ってるしサイズ感も良い、ぴーぴるさんご本人もお気に入りのようでした。

ぴーぴる3

表情がヤバい・・・ これはですね、サイト未掲載の写真も入れると

ぴーぴる4

ぴーぴる5

Championの同じ型のジャージの色違い 赤→青→紫 の順に着替えてもらっている。その変化というか、赤と青で〜 紫に! みたいな謎演出を考えていたんだけど思いのほか青と紫でハッキリとした色の違いを出すのが難しくてアートっぽい見せ方はほぼ断念した経緯がある。Championのオールドスクールなジャージを使っているのはサイゾー黎明期、山口紗弥加さん表紙で着用しているのと全く同じもので、サイゾーへのリスペクトとオマージュです。・・・というかサイト未掲載のやつメチャクチャ可愛いじゃんか。

ぴーぴる6

渋谷といえばスクランブル交差点。恐らく年中ほとんどハイシーズン且つ普通の週末じゃこういう撮影は不可能なくらい人で溢れかえっている(それでも観光客は車に轢かれかけながらそれなりのカメラや自撮り棒で粘る笑)。これを撮影した年末ならばイケるとの予想が見事に的中。信号が青の間だけの忙しない撮影も、ぴーぴるさんと池田さんの見事なコミュニケーションでとても良いものが撮れた。何故このド直球なスクランブル交差点の画にこだわったかというと、伊藤万理華が個展で販売したTシャツへのオマージュ。伊藤万理華すげえ、スクランブル交差点でやっちゃうんだ、と感銘を受けた。この写真、

tracktop girl が早くも2次元になった件
http://harding.jp/archives/2144836.html

で書いた通り、漫画家TAGRO先生を動かした。そんなの泣いちゃうよ。

時を経て、京都のイベントで963さんと俺は共演することになり、そこにお客さんとしてTAGRO先生がいらっしゃった。ぴーぴるさん、池田さん、TAGRO先生、本当にありがとうございます。

963

れーゆるさんもメチャクチャ可愛い。tracktop girl、963コンビの写真も見たいよね?ね?


シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.