音楽

曲が悲しい、詞が悲しい、MVが悲しいの三拍子揃うと脳が死ぬ - ブラジルに学ぶサヨナラの意味

kai-youさんで文章を書かせていただきました。

乃木坂46 白石麻衣の写真集『パスポート』の意味 36歳DJが5000字レビュー
http://kai-you.net/article/38487

ツイート、RT、シェア、いいね!、親戚への拡散、よろしくお願いします!

IMG_2644

・・・タイトルについて編集の方とちょっと相談はしてみたんだけど、36歳って生々しいよな笑


記事の中でも触れている「サヨナラの意味」。この曲は本当にエグい。

・サヨナラに強くなれ
・サヨナラを振り向くな 追いかけてもしょうがない
・思い出は今いる場所に置いて行こうよ
・サヨナラは通過点 これからだって何度もある

カップリングの橋本さんソロ曲「ないものねだり」も露骨。

・もう充分でしょう 私ないものねだりしたくない
・何かを失うなら そこまでして欲しいものは一つもない


・・・正直、スキャンダルよりもスーツのはるやまCMよりもダメージ大ですわ。俺の知るオタクに数名、ネットで見た記事で数名、乃木坂が好きなのにまともにこの曲を聴けてないという人がいる。人間の心を持ってたらそれも当たり前だと思う。サービス提供者が客にこんなストレートに別れや卒業をパッケージングして叩きつけちゃダメだよ。


作曲はこれまで沢山の名曲を書いてくれた杉山勝彦さん。俺はこの曲も凄いとは思うし、歌詞が違ったならもっとまともな気持ちで聴けたと思う。でも、イントロのピアノからして悲しいし、今回BPMは少し落としたもののやっぱり、「君の名は希望」既定路線というか、君の名は呪いというか、このグループはそういうのをずっと引きずってると思う。むしろハイテンションくらいの曲が良かった、そしたらスーツのはるやまだってそのまま乃木曲を使えたじゃないか。もしくはロマンスのスタートか、春のメロディー(中田花奈最高)を使え!CMディスられるどころか無風なのが最も悲しい!


MVはどうか。実は俺は結構好きなんだけど笑、でもエグい。Youtube貼りませんので気になる人はググってください。「気づいたら片想い」と「ハルジオンが咲く頃」のMVを足して2で割ったような・・・ 最後に、橋本奈々未さんは消えてしまう。もうそういうのやめようよ。

曲が悲しい、詞が悲しい、MVが悲しいの三拍子揃うと脳が死ぬ。いくらアイドルが美しくても受け付けなくなる。実体験で何らかそういう思いをしてきた人ほどリアル過ぎて無理になるんじゃないか。


俺の中で結論が出た。


■Tristeza (Goodbye Sadness) 1973 / Sergio Mendes & Brasil '77


■Flor De Lis / Djavan



これしかない。

Tristezaの有名なセルメンバージョン。サッカー番組はじめテレビ番組で良く使われるので知ってる人も多いと思う。実に多くのミュージシャンが演奏していて、多分iTunesとかにも凄い沢山のカバーがあるはず。


●歌詞の日本語訳

悲しみよ、どこかに去ってくれ
私の魂は泣いている
私の終わりが見えているから

悲しみは私の心に住み着いてしまった
苦しみはもうたくさん!
楽しかった日々に帰りたい
もう一度歌いたい


どうでしょう、曲に哀愁が無いとは言わないけど、ノリノリでめちゃカッコ良くて、陽気にこんなこと歌ってんのよ?最高でしょ・・・


Flor De Lis / Djavan

大好きな曲。上のYoutubeを必ず見て欲しい!最初から最後まで大合唱。我が国・日本もこんな最高の曲をみんなで大合唱できる日が来たら良いよね。でも、ブラジルという国の貧富の差や治安などの表裏一体っぷりが生み出した結晶が、ブラジル音楽、サッカー、格闘技、肉料理の凄さなのかもしれない・・・


●歌詞の日本語訳

神様、どうか助けてください。
私たちの愛は、もうお終いです。
どうか許してください。
間違いがあったのだということ理解しています。
ですが、思いもよらなかったのです。
全てが永遠に変わってしまうなどとは。
私は一体何を間違えたのでしょうか。
私はただひたすら彼女を愛し、愛し、愛しただけなのです

もしかすると、多分、
私の思い込みだったのかもしれません。
全身全霊を込めて彼女を愛し尽くすことで
自分が幸せになれるだろうという考え自体。
運命は、微笑んでくれませんでした。
私を、ユリの花の根にはしてくれませんでした。
そして、私たちの愛は、塵埃となって、
マリア様の冷淡な美の元に、死に去ったのです。

私の人生の庭園は、すっかり枯れ、死んでしまいました。
マリア様が生まれた茎の元には、
マーガレットの花すら、咲きませんでした。

参照: Bossapediaさまブログ
http://bossapedia.blog.fc2.com/blog-entry-221.html


こんな悲しい歌詞あるかよ!これをみんなで合唱するということの意味を俺はもっと煮詰めて煮詰めて考えなきゃいけない。そういえば、学校の音楽の時間に習う合唱曲グリーングリーンとかも、授業ではやらなかったりするけど最後(3番とか4番?)の方はかなり悲しい展開になるんだよね、あの陽気なメロディに載せて。


そう、詞・曲・映像すべてが悲しい、三位一体で襲ってくるのはダメだよ。だから、ズラす。乃木坂はMVでズラすの得意じゃないか!でも、出来れば、詞と曲でズラして欲しい。ブラジルになろう。恐らく日本も更に貧富の差が激しくなってブラジル化してゆくことになるから、文化面もブラジル化してゆこう。ワールドカップで上位に入ろう。

中嶋春陽さん

ツイートや、

映像企画展!|中嶋春陽オフィシャルブログ「HAL-hi」
http://ameblo.jp/hal-hi-417/entry-12243015600.html

でこのブログに触れていただいて泣、ありがたき・・・

昨年、中嶋さんの出演している「いいにおいのする映画」を観て、加賀温泉郷フェスティバルと湯会でコラボ出演させていただいて以降、彼女の動向がとても気になっていつつもなかなかライブや舞台を拝見できなかった。申し訳ないです。先日ようやく、

トキオ from look book party vol.2
http://lookbookparty.tumblr.com/post/155465106522

というイベントでライブを観ることが出来た!

実験的な音使いやリズムを多用したトラックのうえで、割りとポップなメロディラインを歌い上げる感じで、キーからだいぶアウトしたラインが続くときなんかは凄く緊張感があって攻めてる試みと感じた。個人的にはもう少しアブノーマルさを抑えて調性を合わせにいってくれたら、どストライクだったかも!そんな難しそうなオケに合わせて中嶋さんはパワフルに歌い切っていました。曲間MCや宣伝が控え目だったので笑、もっと自信満々にビシっとしてくれても全然良いのでは!映像もリリースされる予定とのことで楽しみ。

中嶋さんはその端正なビジュアルもさることながら、










オリジナルの絵、加工が凄い!このlook book partyの日の物販もこんな感じで、

IMG_2237

凄い!中嶋さんの歌の感じから、俺はポップスに寄せたい気持ちが強すぎるけど、あまり王道過ぎず、プログレっぽかったり、ソフトロックっぽい感じでも合うのかもしんまい!作ってみたいなぁ・・・

彼女を観て、こうやっておじさん達があれこれどうでも良い妄想に耽ってるのを横目に、中嶋さん自身の「伝われ」を貫いていただければ嬉しい。本当に今まさに、そして今後が楽しみな方です。

2016年は秋が短く深刻なジャージ不足に見舞われた

かと言うとそうでもなくて、この人のせいで

13743278_493715850827147_1756536991_n

襟のないジャージが流行ったかもしんまい。(去年に限った話でもなく定番ちゃ定番なんだが) でも俺としては襟のないジャージのやつもうGood Nightなんですよ。女ってノーカラージャケットとか好きじゃないですか。こういうのとか。

8043823m

ほんともうGood Night。首を手刀で落としたくなる。

que-11167640271

最高。Good Morning。


で、インスタとかWEARとかの「ずっと欲しかったアディダスのジャージ♡」とかもほとんどが襟なしなんだよ、猫も杓子も。俺の命に関わる。でも下半期、良い出会いもありました。

■赤い公園 津野米咲


AKAI_KOUEN_01_YOKO中

おお!ギターの津野米咲さん。アディダス王道のFirebird、色も素敵。ツイッターのアイコンも

Yq2hUarm

ジップ全閉で最高!


■マジカル・パンチライン 沖口優奈



"ジャージ始まる予感"

やったー!ジップ全開なのがちょっと残念だけど、その後も

CxT3FTmVQAEqsY6
CxtBX4NUsAAXpyw

ちょいちょいツイッターに投稿があって最高!マジパンはカワイイ子が多いし沖口優奈さんも応援してゆこう。



こういう感じのアレンジ、結構好きですよ。歌詞におや・・・という点が散りばめられてますな。そしてミニアルバムのタイトルが「MAGiCAL MYSTERY TOUR」!!!まんまビートルズで凄い。


■kiki vivi lily
51HKASfWw-L
14582460_1709752196015425_1526405409626128384_n

ジャケ写やアー写が良い!しかも多分オリジナルスじゃなくてアディダスジャパン。音楽性は違うけどちょっと昔のTIGARAHちゃん思い出したな。



曲がイイ!!!いわゆる「シティポップ」に、もっと腰が入った感じ!これはDJでかけさせていただきたいレベル。


■永井亜子
15803556_1404604859572547_8954295007230033920_n

つえー。画像1枚で持ってく力つえー。(ちょっとトマパイ時代のWADAちゃんに似てて泣きそうになった) 私服らしいです。トレフォイルロゴのadidas originals定番Firebird、じゃなくて、スポーツラインのパフォーマンスロゴなのもイイね!女子のFirebirdのジッパーの持ち手もトレフォイルになってるやつもカワイイんだけど。


ということで2016年秋冬は(2016年秋冬も)インターネットの力でどうにか間に合わせた。当然画像フォルダにはもっといっぱいある。

広げた風呂敷は、そして夢想花へ

2016年12月29日、トーニャハーディング 3rd ep 「気化熱」をリリースしました。聴いてくれた人、買ってくれた人、本当にありがとう。



遅くなったけど、mp3の1曲ずつの購入にも対応!

「気化熱」のCDやmp3が買えるネットショップ

気化熱、まちあるきのうた、inside human bodyのどれかが気に入った人はシングル買い、大体良いしカラオケトラックで歌いたいという人はCD買いがオススメ!歌ってよ!

※カラオケトラックはCDもしくはmp3のアルバム購入のみに収録しています。シングル購入ではカラオケはゲットできません

〜トーニャハーディングの歩み〜

2014年3月
1st シングル アナログレコード「spa wars」


2015年9月
2nd シングル CD 「バード」


そして、

2016年12月
3rd シングル CD-R 「気化熱」 ※mp3もあるよ


アナログレコード → プレスCD → CD-R

この系譜よ。今回は1枚1枚気持ちを込めて焼かせていただいております。

まあその・・・事情は色々あるんだけど、プレスして流通のお世話になって、みたいなのは我々のような小さな存在にとってもそれはそれで非常にメリットもあり、数も沢山売れる(気がして)、期待してくれてる人たちへ出すものとして胸を張れる感じもあるわけですが、大変なことも多い。そんな感じです。

いま風の音楽じゃなくても、リリースに向けての派手な動きじゃなくても、関わってくれた人たちをこれ以上待たせるのも申し訳ない&失礼だし、トーニャハーディングの音楽を良いと言ってくれてる人が全員居なくならないうちになんとか音源を完成させてリリースしよう、ということを優先させました。

思い立ってからは割りと良いペースで作業が進んだものの、関わってくれた人には随分不義理を働いてしまいました、改めてごめんなさい。


まずは表題曲「気化熱」。

作詞をしてくれたちーぱーさんには、本当に随分前にこの素晴らしい、トーニャハーディングの2人には書けない歌詞を先にいただいていた。それに対し、うちのプレステージ加藤が原型となるメロディやコード進行をつけたまでは良かった、そこから時は流れ(年単位)・・・俺なら怒ってる。

でも、ちーぱーさんは先日我々のライブを観に来てくださって、完成に近づいた気化熱を喜んでくれた。曲の派手さキャッチーさで言えば、まちあるきのうた、inside human bodyをなぜ表題曲にしないのかという意見も出てきて当然だが、トーニャハーディングが居る場所はそういうところでは無いということと加藤と俺の意見にも相違は無く、気化熱を表題曲にした。待った甲斐があるかどうかはちーぱーさんが決めることだが、恥ずかしくない曲にはなったと思う。詞が先にあり、そこからのインスパイアで曲を作るという我々にとって初めての体験をさせてもらった。改めて、ちーぱーさん本当にありがとう。


CD収録 2曲目「まちあるきのうた」

2015年、相方のプレステージ加藤が結婚した。今となっては嬉しいだとか、本当に良かったという気持ち悪い感覚が俺にもあるんだが笑、当時は非常に不思議な感覚でいた。結婚パーティーを京都でやると聞いて、「めんどくせぇ・・・」と思ってしまってごめんなさい。

結果、パーティーのお店のロケーション&料理が最高、山田ワープ&名古屋の気のいいバンド連中「moq(モク)」と演奏出来て嬉しかった、東京の若い衆と京都まで車で珍道中が楽しかった、そして、このまちあるきのうたでボーカルをとってくれている柳本奈都子さんとの出会いがあった。加藤が奥さんに曲を書いてそれを柳本さんが歌うということでマジかよと思ったが、曲を聴いて「やるやんけ・・・」となり、これはリリースした方が良いと思った。

加藤の奥さんからしたら、2015年・秋の初披露から、いつ完成すんねんという心境だっただろうし、実際「いつ完成するんでしょうか」というクレームお問い合わせを俺宛に頂戴したこともある。


第2章 - 広げられた風呂敷 -


プレステージ加藤「ティンパニを入れたい」

プレステージ加藤「エンヤみたいに沢山コーラスを入れたい」

奥さん、こいつのせいなんですよ音源化に時間かかったのは・・・

まあ、トーニャハーディングという看板を掲げている以上は全責任は俺にあるというのは認めたうえで、こいつのせいなんですよ・・・

11428_pro-percussion_main_v2

パーカッション、と言えばここらしい。すげえ。この写真だと伝わるか微妙だけど、外観も中ももっと工場、ファクトリー感がある。ここで馴染みの、そして俺の20数年来の友人でもあるパーカッショニスト福島あつに手伝ってもらって、ここでティンパニとパーカッションの録音をした。

乃木坂ちゃんの制服のマネキンのティンパニだって杉山さんの打ち込みで生じゃないでしょ?というか俺たちにはサンプルや打ち込みのことは良くわからんので、ティンパニの録音も楽しいだろうし、やってしまった。福島あつ凄いのよ、レコーディング終わったあともたまたまここにオーケストラで訪れてた子たちが生徒だったりして。

ボーカルの柳本さんも京都の人なので、加藤が京都でレコーディング立ち会い&エンジニアをしてきた。本当にコーラスを何本も録ってきやがって、ミックス作業どうすんだよ・・・無茶振りに応えて素敵な歌を入れてくれた柳本さん、ありがとうございます。そしてこの曲も気化熱も、トランペットのワタナベアヤノさんが本当に時間の無いなか頑張ってくれた。

私ね、以前「夢想花」というMIX CDを出したことがあって、それがもう、らしくないくらい売れに売れたMIXなんですわ・・・

d9e308ac

円広志さんの夢想花のサビ 「飛んで飛んで飛んで・・・」 の直前に来る

デーデーデーデーデー

のアレ。サザンで言えば、「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」

デーデーデーデーデー コバルトブルーの♪

のアレ。そのデーデーデーデーデーが入ってる曲だけで作ったDJ MIX。

絶対に自分の曲に夢想花を入れなきゃ死ねない、ってことでまちあるきのうたに入れさせてもらいました。満足です。


「inside human body」

■inside human bodyのバンド演奏バージョン
https://soundcloud.com/tonya_harding/20150215live#t=4:29

バンドバージョンと音源、全然違うでしょ!これも何年も前からバンドや弾き語りでやっていて、ようやく音源化。しばらく前にデモで結構沢山の人にお渡しさせていただいたバージョンとも違う。

というのも、トラックメイク&一部アレンジを担当してくれた、最高のトラックメイカー&音楽家である yuichi NAGAO くんが、こだわりにこだわり抜いて、今回のリリース直前にも再び手を入れてくれて、inside human bodyはより良いものになった。

■yuichi NAGAO "Rêverie" PFCD61 AlbumTrailer


素晴らしい・・・ぜひyuchi NAGAOの曲も聴いて欲しい。ゲストボーカルに、かつて俺たちがRemixを提供させていただいたグループ「禁断の多数決」の加奈子さんが参加していたりして、縁というのは意図しないところで繋がるものなのだな。最近禁断さんにはあのニコ生の生ける伝説ボブリシャスちゃんが加入したりして、また何かご一緒したいなと強く願っている。

yuichiくんにもまた編曲で関わってもらいたいと思っていて、彼が今回みたいに気合いを入れてくれるように、作曲を頑張らねば。

そして俺の夢は、inside human bodyのバンドバージョンの録音もすること。全く別の曲のような良さが出ると確信している。

【リリース】トーニャハーディング 3rd EP 「気化熱」

トーニャハーディング 3rd EP 「気化熱」リリースしました!!!

気化熱 表1 v4

■試聴


3曲+カラオケ3曲入り

CD版 ¥1,500+送料¥500
mp3版 ¥1,500

※ライブやDJ現場の物販ではCD版¥1,500
※それぞれ税込

買ってね!

下記、ネットショップサービスBASEのサイトからオンラインで購入できます。

■CD版


■mp3版



収録曲の、気化熱、まちあるきのうた、inside human bodyのどれも、諸事情により関係する人たちを待たせてしまっていた曲で、本当に申し訳ない気持ちと、なんとかリリース出来たという安堵感がある。

ちーぱーさん、柳本奈都子さん、yuichi_NAGAOくん、ワタナベアヤノさん、福島あつ、中村大蔵、そしてプレステージ加藤の嫁、大変お待たせしました。そして、ありがとう。

どれも曲を作り始めには完成形の絵が見えずパッとしなくてこのまま良い感じになるのか不安があったけど、進めてゆくうちに今までのトーニャハーディングには無い要素が確実に出せているなと盛り上がってきて完成させることが出来た。

inside human bodyはライブや弾き語りとこの音源は全く違うアレンジで、他の曲も同様にライブと音源で全然違うことをやるというのもトーニャハーディングの面白さだと思っているし、音源の再現に近いこともたまにやったりするので我々トーニャハーディングに元気があるうちにライブを観に来てくれたら嬉しい笑
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.