DJ

【完売御礼】湯会 at 東京天然温泉古代の湯

【完売御礼】湯会 at 東京天然温泉古代の湯
http://www.onsen-ongaku.com/yukai2017

※当日券の用意はありません、とのことです。申し訳ございません汗


7c3e4b_bb4208c3984d4272b1acaa56e04cb5b0~mv2

Negicco
negicco

星野みちる
hoshino

アイドルネッサンス
idol

フィロソフィーのダンス
philo

FantaRhyme
fanta

以上!



・・・では流石にあれなので。我々ゆけむりDJsはFantaRhymeさんとのコラボ & DJそれぞれがメインフロアでやらせてもらいます! 

そして湯あがりDISCOのフロア。いつもお世話になっている、JIRoさんは実は近しいDJの中では一番話が合うんじゃないかってくらいで、売れ線のハウス全般からディープハウス、ディスコまでをいつも聴かせてくれていて、間違いないレコードは全部持ってるんじゃ?ってくらいの嬉しい存在。あんもないと(onemorenight)、ベース系から古くは70年代歌謡曲に現在形のアイドルソングまでちゃんと全部に愛を持って繋げてる20代ってあんまり知らなくて、こいつのパーティ愛や人脈がしっかり音に出てるなーっていつもワクワクさせてくれる。綱島時代からの湯会からお世話になっているisseiさんは「牧場」の称号を授かった珍盤亭一門として参加、同じく綱島時代からお世話になっているキノシタリュウ君はDRAMATICBOYSとして参加、そして確実にこのイベントに深みを与えてくれる珍盤亭一門の皆さん。きっと湯あがりDISCOフロアに夢中になってしまい気付いたらアイドルのステージや俺たちのDJが終わってた、なんて人も続出するんだろうな・・・


Negiccoさん。綱島時代の湯会でも加賀温泉郷フェスティバルでも、またプレステージ加藤とやってるユニット「トーニャハーディング」としての活動でもライブで共演させていただいたり、近くて遠い、うん、やっぱ遠い、存在。3人のライブパフォーマンス、楽曲の素晴らしさ。ゆけむりDJsは何度自分のメンタルの窮地、そしてフロアの窮地(笑)からNegiccoさんに救われたことだろうか。お客さん、DJを何度でもリスタートさせてくれるスイッチが入るんだよね。最高。


星野みちるさん。ゆけむりDJsのミックスCDシリーズ「ゆけむりサウンド」の第1作目に「私はシェディー」入れさせていただきました。ド直球Rah Bandネタに度肝を抜かれたあの頃・・・DJでも何度も何度も使わせていただいて。


アイドルネッサンスさん。今回の湯会は凄いことになるだろうな、と予感をしていて、ブッキング担当の方も本当に良く頑張っていただいたみたいで、念願のアイドルネッサンス出演決定。それまでもチケットが相当良い売れ行きだと聞いていたけど、アイドルネッサンス&FantaRhymeの出演発表をしたら案の定、即SOLD OUT。失礼ながらこれまでライブを拝見出来ていなくて、でももう曲は嫌になるくらい(ならないけど)DJフロアでも、iPhoneでも聴いた。俺もかけさせていただいてる。嫌になるくらい、現場に通う知り合いの「ヤバい」「良い」を聞いた。


フィロソフィーのダンスさん。ゆけむりDJsでも特に、なちゅ、そして俺、そして近しいところではあんもないとが彼女たちの楽曲をヘビーローテーション!噂では山下達郎先生も彼女たちのライブを観に来たとのことだけど、マジで腰に来る楽曲が多くて、ゆけむりDJs常連客さんが良く彼女たちの名前を出すのも頷ける。湯会でもダンス旋風を巻き起こして欲しい!


FantaRhymeさん。昨年12月は主催イベントにゆけむりDJsを呼んでいただき、そこでもコラボチックなことをしていただいて、本当に本当に感激した。今回はより踏み込んだコラボとなるので非常に楽しみ。FantaRhymeさんは、福岡を拠点に活動されていてトーニャハーディングがレコード「spa wars」を出したときのリリースツアーで福岡にもお邪魔しその際にお世話になったTRICK8f(トリックエイト、通称トリハチ)さんの、妹分的存在とのこと!トリハチもファンタもR&B、HIPHOPベースでいながらバラエティーに富んだ楽曲、歌、ダンスの全てが最高!(そしてカワイイ)

南波一海さん「ヒロインたちのうた」(資料的価値も高い名著)で、H(eichi) & SHiNTAさんのインタビューの箇所があり感激したんだけれども、まさにそのエイチさんシンタさんがTRICK8f、FantaRhyme(他に、LinQなど)のプロデューサーであり、SHiNTAさんにはツアーの際にも大変お世話になりました。spa warsのときからもうだいぶたってしまったが、時を経て思わぬところで縁が繋がったことに感謝。湯会でFantaRhymeさんと一緒に盛り上げブチ上げることによってSHiNTAさん、TRICK8fさんへの恩返しの1つになれば良いな。


やべー入り時間結構早いから寝なきゃなんだけど、この遠足の前の夜感!!!

2016年最高のクリスマス in 高知

まずはじめにKITAさん、高知のみなさん、そしてBUBBLE-Bさん、ついでにイオさん、ありがとうございます!

イベントはこちら
IMG_0636
IMG_0637


12月24日(土)の深夜開催で、連絡が来たのは3日前。BUBBLE-Bさん相方Enjo-Gがのっぴきならない事情のため急遽出演キャンセルとなり、その代打としてのDJ出演のご相談。特定の宗教を信仰していないため2つ返事でOKした。敬愛するBUBBLE-Bさんが一緒、ついでにイオさんも出るという安心材料があったのも大きい。

高知はおろか、四国に行ったことが無い俺!

広末・松坂・優香・ドルジ世代として恥ずかしい!

フライトがイオさんと同じということで少しだけ早めに羽田に着いた俺は 「お茶しませんか」 とDしたものの、返事は無かった。イオ、そういうとこだぞ。最高な「ずんだ茶寮」の「ずんだシェイク」が羽田でも飲めることを知り、ゲット。ずんだシェイクってマジで美味いよね。これも乃木坂46が好きだからこそ得られた情報。東京駅の大丸にもあるので気になる人はぜひ。

イオさんのようにピコ太郎の衣装や大量のポケモンボールを持ち込んだりしていない俺は当然のように保安検査もパス、搭乗口へ向かうとイオさんに呼び止められた。お茶の誘いを無視されたので嫌われているのかと思ったが恐らく空港内のポケモンをあらかた捕獲し終えて携帯の充電が切れていたに違いない。

高知龍馬空港に着くと、主催のKITAさんに迎えに来ていただいた。そこから車で移動、「ひろめ市場」というところでBUBBLE-Bさんを待つ。ひろめ市場では生まれて初めて ウツボ を食った!ウツボの唐揚げ。黄金伝説とかでよゐこの濱口さんが海に出てウツボをモリでゲットしたあと唐揚げ(素揚げ?)にしてて 「うめえ!」 とか言ってるのをウソ臭いな〜と思って見てたんだが、本当にうめえ!!!あんなビジュアルしといて、さばいて火を通すとトロットロになるのね・・・

ひろめ市場は観光客と現地の人で賑わっていて、市場というよりは地のものメインの屋台が立ち並ぶフードコートなんだが、ちゃんと「地のもの」感が出ていて良い。それでいてインドカレー屋とかもある。市場の天井には何故かミラーボールが常設されており、KITAさんの話によるとDJブースも出したりするらしい!すげえ!雰囲気は明らかに「飲む場所」みたいな感じなのに、ローカルルールでは「食べる場所」認識らしく、部活終わりのジャージ姿の女子高生たちがウロウロしていて、ウツボ食ってる!しかも女子高生が相席したジジババに挨拶して帰っている・・・なにこの最高の場所!住ませて!

お世話になるハコ「ONZO」さんに荷物を置き、サウンドチェックを終えるとオープンまでの時間は居酒屋さんで前飲み。見よこの刺し身を・・・美しい・・・

IMG_0686
IMG_0688

そして唐揚げがうめえ!BUBBLE-Bさんがノってきて料理を動画でドローン風に撮り始めた・・・

ハコに戻る前に、ハシゴ!

ヤバいイキフンの中華料理屋さんで餃子をいただく。美味え!!!
大将の語りも良かった、内容覚えてないけど。

IMG_0691

前飲みでTHE・定番の美味しいものが食べられるって良いな。かつては東京でもイベント前に四文屋とか行ったりしてたけど、あんまりそういうことはしなくなったし、というか俺が付き合い悪くしてるうちに誘われなくなったのか!ジーザス!

イベント開始。

オールミックスだけど、広義のハウスミュージックが軸になっている人や、男気でドラムンベース1本の人、高知の人々もガッチリ掴んで踊らせる流石のBUBBLE-B節、ついでにイオさん、みんな良くてとても楽しめた。俺自身がJPOP中心のDJをすることが多くなっている身でありながら、もう少し低音にフォーカスした、DJやオリジナルの音作りもしたいと常々思っているのでタイミングといい、今後の在り方を考えるのにとても良い体験をさせていただいた。そしてイベントにも大量の唐揚げを用意してくれたKITAさん。凄すぎる・・・あまり食わない年の1年分くらいの唐揚げをこの日に食ったなきっと。

そしてヤバかったのは、なんと乃木坂好きの方が会いに来てくれたこと!

ブログにも書いてくださってる。
http://hoodage.blogspot.jp/2016/12/2016.html

マジかよ。急遽代打で、来たことの無い土地にお邪魔していたら、それをネットで知った高知在住の乃木坂ファンの人が俺のDJを聴いてくれたり乃木坂の話をしてくれるなんてさ。乃木坂ちゃんて凄いよ。それまでアイドルに興味無かった人がハマったり気になる子が出来たり、俺自身もここまで心を動かされる(乱される)ようになるとは思ってなかったし、遠征してまで観に行きたいと思うことはこれまでほとんど無かったもんな。

朝!

大正町市場

IMG_0739
IMG_0754

朝から誠に申し訳ございません・・・

そして温泉

topimg_rot_0
topimg_rot_1


沢田マンション

1729eaf9
※画像はイケダハヤト大先生のブログから拝借

やべー!完全手作りマンションらしい。日本のサグラダファミリア?そんなこと言ったら怒られるぞ!でもやべー!ここは行っとくべき。本当に凄い。女子中学生がワイワイ図工的なことをしててやべー!混ざりてー!BUBBLE-BさんとEnjo-Gは泊まったことあるらしい。うらやまC!

本当に色々な経験をさせていただき、「高知は水が美味いからびっくりドンキーも美味い」で何故かフライトギリギリの時間なのに超スピードでびっくりドンキーをみんなでいただき、高知を失礼した。

本当にありがとうございました!

カツマーレー&The SOUL KITCHEN キンミヤワンマン!及び直近のDJ予定

直近のDJの予定!すべてゆけむりDJs絡み。


【明日】10月28日(金)
東京新宿手帳 at 渋谷OTO
http://shibuya-oto.com/schedule/2016/10/post_120.html
※ドレスコード:光りモノ


・10月30日(日)
1. エビハロ2016 at 恵比寿サーキット型イベント
at 恵比寿ヌリカベ
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01kjtvyfqn43.html

2. ハロウィンコンテスト
at 渋谷CAMELOT
http://www.clubcamelot.jp/event_content.php?id=389


・11月03日(木・祝)
カツマーレー&The SOUL KITCHEN
キンミヤワンマン!! at 四谷アウトブレイク!
http://katsumarley.jimdo.com/live/


順番は前後するけど、

・11月03日(木・祝)
カツマーレー&The SOUL KITCHEN
キンミヤワンマン!! at 四谷アウトブレイク!
http://katsumarley.jimdo.com/live/
image

大変嬉しいお言葉をいただいたカツマーレーさんの文章をFacebookから勝手に以下全文転載。


ゲスト出演してもらう、ゆけむりDJsへの想いを作文にしてみました!

■ゆけむりDJsと僕■ カツマーレー

ゆけむりDJsを初めて見たのは、たしか綱島温泉での音泉温楽のイベントでした。ビッケとカツマーレーが終わってフロアに遊びに行ったときにカープさんが回していた記憶があります。

そん時の僕と言えば、J-POP DJってのはなんか本格的でない、悪い意味でサブカルっぽい、BPMつなげない人達、っていう間違ったイメージを持っていたんです。馬鹿です。大変申し訳ございません。

そんな誤った偏見は即ぶっとばされました。カープさん達のプレイはとにかく楽しい、そしてかっこいい!なるほど曲と曲を繋ぐというのはこういうことか、その曲の新たな価値に気づかされるなぁ、言うなればこれは編曲だなぁ、なんて思ったものです。とびっきりのタイミングでかかるシャムシェイドにP.O.Pのお兄ちゃんが声を上げていたのが印象的でした。

洋楽コンプレックス、なんて言葉があります。黒人のグルーヴ、白人のシャウトを日本人は持っていません。日本人に音楽って向いてないんじゃないの、なんて思っちゃう時もあります。ゆけむりDJsはそんな僕らに勇気をくれます。J-POPに誇りがもてます。J-POP最高!ぜひ体感しに来てください。


以上

とても嬉しい。こちらサイドからMIX CD「ゆけむりサウンド」のレビューをゆかりある方々にお願いすることはあっても、なかなかこういう紹介文は書いてもらえるもんじゃない。

多分P.O.P(最高のユニット)のお兄ちゃんがCARPさんのDJでブギ上がったのは2.5Dの加賀温泉郷フェス直前スペシャル放送みたいな回のときじゃなかったかな。そのとき、楽屋で俺がずっとバカな話してたらほろ酔いのカツマさんが乗っかってくれて、コンビニのおにぎりにメチャメチャ詳しくてその時期限定の美味いやつを教えてくれたのを覚えてる。超信頼できる!と思った。

仕方のないことだと思うけど、曲を書いて、ライブをやることが主な人やそれを好きな人がDJを見下したり「所詮はライブとライブの間のつなぎ役、転換でしょ」「BGM係でしょ」と思ってることは未だに結構あることなのかもしれない。でもカツマさんのような人が考えを改めて我々のようなDJの存在をプレゼンテーションしてくれたり、俺自身が曲を書き生演奏をすることも出来るDJとして持てる要素をミックスし存在し続けることで、DJっていうのがただ単に適当に曲を流す人だけのことを指す言葉なのではないという認識も緩やかに広められる。

わかりやすいボーカルトラックや主旋律の楽器が入ってないような曲も沢山あるようないわゆるアングラなダンスミュージックをやるDJは手先が器用だったり変えてゆく曲のテンポを維持する人が多いかもしれない。でもそういうことが下地にあって、現在はジャンルを変えてJ-POP、歌謡曲、アニソンなどを主にプレイするというDJも沢山いるし、J-POPだけでずっとやってきているけど凄腕、というDJもいる。我々ゆけむりDJsの4人もルーツはバラバラ。

4人で続けることによって、色んなところに呼んでもらえるようになった中でも、カツマーレー&The SOUL KITCHENのライブ、しかもワンマン!(しかもキンミヤ飲み放題って・・・)に呼んでいただいたのはカツマさんの深い懐あってのことだし、とても大きなことだなと思う。カツマーレー&The SOUL KITCHENのライブを観に来たお客さんに、DJ、J-POP DJも良いもんだなと思ってもらえたら何より。


明日の手帳、そして日曜にはなんとハロウィンイベント2つ!こちらもよろしくお願いします。


【明日】10月28日(金)
東京新宿手帳 at 渋谷OTO
http://shibuya-oto.com/schedule/2016/10/post_120.html
※ドレスコード:光りモノ
20161004182816

CARPさんのフライヤーヤバいでしょ。これは別府の町の最高にカッコイイ天狗様。


・10月30日(日)
1. エビハロ2016 at 恵比寿サーキット型イベント
at 恵比寿ヌリカベ
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01kjtvyfqn43.html


2. ハロウィンコンテスト
at 渋谷CAMELOT
http://www.clubcamelot.jp/event_content.php?id=389
※ゆけむりDJsの出演はWHITE ROOM
eveimg_0_67e675e42e1dab78

ゆナイト 〜Road to 音泉温楽〜

12月10日、11日の音泉温楽のプレイベント的に行われた

ゆけむりサウンド in ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣)
Ctlph6YUkAAdsEQ

ありがとうございます!

(前回はゆけむりサウンドへの想いを書いた。併せて読んで欲しい
http://harding.jp/archives/2120462.html

少しだけ写真撮ってたので

IMG_1695

俺の好きなやつ。死んだ食べ物にムチ打つかのように熱して、箱が超熱くて必ず火傷する。

IMG_1696

サービスエリアからこのコーナー無くなったら音楽はおしまいだ。何がデータさえあれば良いだよしゃらくせえんだよ。ドライブのために作る俺ベスト、好きな子とのCDの貸し借り、気まずい仲になって貸し借りしたやつどうしよう、そういうのが無くなったら人間は終わりだよ。

IMG_1698

金具屋9代目かずきさん(旧臨仙閣・主)が作ってくれたブース、板を加工、描いてくれた素敵な絵、凄すぎる・・・宿泊する部屋にもプレートを作ってくださった。

それだけじゃない。ウーファー増設、防音対策、、、なんなんだこの若旦那は、、、

かずきさん、金具屋の営業に加えて

シブニウミ画展
古い町並みに巨大なアート 山ノ内の渋温泉 /長野
http://mainichi.jp/articles/20160918/ddl/k20/040/065000c

※町の中いろいろ写真撮っておけば良かった汗

諸々で大変な中・・・かずきさん、かずきさんファミリー、本当にありがとう!地元の方々も沢山呼んでいただいたし、東京・遠方のマイメン達も来てくれた。

IMG_1700

ブースのすぐ後ろには壁を隔てて温泉!!!

IMG_1716

音泉温楽のプレイベント的立ち位置のゆけむりサウンドであったが、これまでの音泉温楽に無いフードやお酒の用意もあり充実!写真撮り忘れたが、馬肉の燻製、おやきも色々種類があって、かずきさん特製シークレットメニューもごちそうになった。いずれも美味!美味!

流石俺!全然写真撮ってないな。フォルダは乃木坂ちゃんの画像ばっかだ。ゆけむりDJsメンバーのツイッターやFacebookなどを参照してくれ!

10月22日 ゆけむりサウンド in ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣)

10月22日(土) ゆけむりサウンド in ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣)

Ctlph6YUkAAdsEQ

明日、ゆけむりDJsでやらせてもらいます!

■イベントページ(ここから予約可)
http://peatix.com/event/203863

から情報を拝借しつつ、補足もさせてもらうと。

今年12月に開催の「音泉温楽2016」プレイベントとして、DJイベント「ゆけむりサウンド in ONONBAR」を開催。

会場は、渋温泉にある建物、旧臨仙閣。登録有形文化財の木造建築で、10年以上前に廃業し、普段は閉鎖されているこちらの旅館施設地下が、ONONBARというスペースとして蘇る!こちら併設の温泉に入ることも可能!

外観2

こちらは例年の音泉温楽で我々ゆけむりDJsや出演者さん、スタッフさんがお世話になっている旧臨仙閣。本当にいつもお世話になっております。で、現役バリバリで最高の温泉

浴堂2

に関係者は大体いつでも入れるんだけど、音泉温楽でお世話になり始めた当初はゆったりしたり打ち上げなどをやるためだけにあったようなスペースに、音泉温楽や我々のDJに触発された若旦那が・・・

フロア1

IMG_4484

ちょっとしたDJブース、否、クラブ作っちゃったよ!最早クラブ!ヤバくないですか。ブースから風呂まで走って4秒なので、長尺のハウスミュージックやART OF LIFEかけてる間にひとっ風呂浴びて戻ってこれますね。これ世界でも有数なんじゃないでしょうか、ありえん良さみが。元は大変由緒正しき旅館なので仕切りがちゃんとしてて湿気とかそういうのは無問題。

渋温泉、地元に腕の立つDJや音楽好きがいて最高、打ち上げなんかでDJをやる時も気が抜けないというか、より色んな話が弾む。積極的に音泉温楽設営にお手伝いいただいたり、地元のメチャクチャ美味しいものをいただいたり・・・感謝、感謝。

ここ、臨仙閣は我々ゆけむりDJsはじまりの地。音泉温楽の開催期間に臨川閣の部屋で語り合った。お互いそれぞれDJとしてイベント出演に呼び合うだけでなく、何か一緒にやろう、形になることをやろう、となって生まれた

ゆけむりサウンド


4人でDJ MIXを共作するという、はじめは正直、「上手く行くのかな」と不安の方が大きかったMIX CDも次回作で Vol.12 、丸3年になる。Vol.12以外にエクストラバージョンも含めたらかなり作ってきた。コンプしてる人はいるかな??

恥ずかしい話だが、俺は何かをちゃんとしたペースで長く続けてこれたことが無い。1人でやるDJは、それなりに色んなところに呼んでいただいたりはするけどまったく食えるほどではない。プレステージ加藤とのユニットでもレコードやCDを出すたびに燃え尽きてしまって笑、超ローペース(まだ出すけどね!)。作編曲そのものの下地やアイデアは俺が数を出せても加藤のおかげで成り立っているところも大きい。

おまんま食うために仕方なくやってる方の仕事も、新卒で入ったところはなんと7年もったものの、その後は散々。つくづくだらしない。

4人でDJ MIXを作ったり、B2B(1人でDJをするのではなく複数人で1曲ずつ代わる代わるやる感じ)をするのは勝手知ったるまではかなり大変で、誰かがミスったり何かの工程で遅れるとトータルで大きく響くのはなんとなく想像できるだろう。ケンカもした笑 というか新宿の小田急の屋上で俺が激昂した。加藤ともそこまで激しくやり合わないんだけどなww でも3年続けて、沢山のマテリアル、体験、出会いを生んでこられた。

MIX CDとしての「ゆけむりサウンド」に嬉しい反響をいただき、普段はお会いできないような地方のお客さんに聴いてもらえたりする中で、

せっかく「ゆけむりDJs」と名乗っているし、渋温泉 金具屋、加賀温泉郷フェス、綱島温泉湯会でもやらせてもらっているし、これらにとどまらず色んな温泉地、色んな場所でやらせてもらえたら良いね

というような発言も出るようになった。

イベントとしてのゆけむりサウンド第1弾はなんと別府で実現し、ゆけむりDJsとして「やついフェス」出演をはじめ各種オファーもいただくようになる。実現の裏には湯会のボス・ヒロカズさんや我々のボスDJ CARP、そして様々なフィールドで活躍中のNachuが積極的に動いてくれていることが主な要因であり、4人でCDとパーティを作り続けてきたことがそのプレゼン資料になっているのだと俺は勝手に思っている。この時代、手離れ、変化も大事だけど、頑固さや継続は力なりって言葉こそ、俺にとっては重要だ。


若旦那(金具屋 9代目)の大変ありがたい心意気におんぶで抱っこで、ゆけむりサウンド看板イベント第2弾

ゆけむりサウンド in ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣)

が実現する運びとなった。まあ俺の知り合いのほとんどの人が遠方だけど、音泉温楽の12月の本編でも、謎のノリで明日のこれでも、来てくれたら未知の体験、非日常、喜び、美味、は約束できる。そこに最高の温泉がある。我々自身が非常に楽しみだ。


ゆけむりサウンド in ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣)

2016年10月22日(土)

■OPEN/START
19:00  

■チケット(前売・当日)
¥1,000

■出演
ゆけむりDJs
&More

■会場
ONONBAR(渋温泉 旧臨仙閣地下)
〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏2147−1
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.