DJ

ありがとう、オリラジ、ひめたん。そして。LAST NUMBER (Feat.中元日芽香(乃木坂46))RADIO FISH 【ひめたんありがとうSNS MV縦動画】

■LAST NUMBER (Feat.中元日芽香(乃木坂46)) / RADIO FISH



全部をこのDJ MIXの

【FREE DL】【DJ MIX】STILL LOVE HER 2 mixed by トーニャハーディング

曲目、歌詞、画像に込めたつもりだったけど、それでも伝わらなかったりして、多くを語らずに何かを済ませるのは本当に難しい。

己が直面している課題と向き合うのが難しいなと思っていたときに、命の張り方やしんどさは俺なんかとは比べ物にならないほどなのに宮崎のアンダーライブでひめたんやきいちゃんは力を振り絞ってステージに立つことを選び、パフォーマンスしてくれた。その2人を支えるメンバーもいつも以上に頑張り2人をあたたかい気持ちで迎えていたように思う。

(それはある意味重苦しさや内省的なパフォーマンスを生んだかもしれないけど確かに素晴らしかったし、完全に俺の心情とリンクした。打って変わって楽しく、THE・ライブ!といった趣の近畿・四国シリーズ、徳島のステージも最高に素晴らしかった)

きいちゃんのMCが忘れられない。「みなさん、今ここにひめたんが立ってることが私には本当に信じられない。奇跡なんですよ」 近頃良く思う。彼女たちの貴重で唯一の時間を、命を、何故か俺は分けてもらっているのだと。

俺にも、今みたいな状況になっても自分を受け入れてくれる人、応援してくれる人がいた。「俺なんて」と思うたびに、あたたかい言葉をかけてくれたり、気にかけてくれる人がいて、救われる。彼らには今後ちゃんと「音」で返さないと。

乃木坂ちゃんとバナナマンさんの出会いが奇跡だと思いたくなるような組み合わせだったように、ひめたんとオリラジの組み合わせも奇跡だったに違いない。LAST NUMBERを作るに際しての敦ちゃんの言葉や、らじらーひめたん卒業回の慎吾の泣きっぷりは、一仕事仲間に対する言葉以上の、確かな愛情のようなものを俺は感じた。彼らにしかわからないこと、彼らにしか出来ないことを、超多忙で限られた時間を使い作品に込めてひめたんやひめたん推し、乃木坂ファンのために捧げてくれた。浮き沈みが激しく多くの人が去ってゆく芸能界、関係者全員に向けて同じことはできない、簡単なことじゃない。

正直、この曲があったと無かったとではひめたんの卒業は俺の中では全く違ったものになっていた。それだけ今の乃木坂には多くの優先事項や情報で溢れかえっていて、彼女を丁寧に送り出せる(そう演出できる)状況では無いように感じるから。

ひめたん、改めてご卒業おめでとうございます。そしてオリラジ、本当にありがとう。あなたたちのおかげで最後の最後に2017年を〆ることが出来た。俺も新しい道に向かいます。


IMG_1024

【FREE DL】【DJ MIX】STILL LOVE HER 2 mixed by トーニャハーディング

brightsigns
STILL LOVE HER 2 mixed by トーニャハーディング
67:12 153MB

download (zip file)

01. LAST NUMBER feat. 中元日芽香 / RADIO FISH
02. 千% / KICK THE CAN KREW
03. A Page of My Story / アンジェ (CV. 今村彩夏), プリンセス (CV. 関根明良), ドロシー (CV. 大地 葉), ベアトリス (CV. 影山 灯) & ちせ (CV. 古木のぞみ)
04. 空 (feat. SALU) / 向井太一
05. ダンスに間に合う / 思い出野郎Aチーム
06. 顔 / Civilian
07. 邪魔しないで Here We Go! / モーニング娘。'17
08. アイ MUST GO! / Real Girls Project
09. いつも君のそばに / 安全地帯
10. JUMP AROUND ∞ / DOBERMAN INFINITY
11. GOLD / Happiness
12. 東京LOvE STORY / 大石理乃
13. 流星ディスコティック / 白石麻衣&松村沙友理
14. 100万回の「I love you」 / Rake
15. 口笛吹いて / RYUTist
16. 二人セゾン / 生田絵梨花
17. Let it snow! / DEAN FUJIOKA
18. fallin' / Ghost Like Girlfriend
19. 生まれたままで / 乃木坂46
20. ダンケシェーン / チャラン・ポ・ランタン

【11/4 sat】ゆけむりDJsが学祭に出る! - Kyo - POP FES 2017 in 中央大学 白門祭

ゆけむりDJsが学祭に出る!

11月4日(土)
– Kyo – POP FES 2017 in 中央大学 白門祭 @中央大学 多摩キャンパス 8208教室

中央大学

中央大学タイムテーブル

チケットはここから
http://peatix.com/event/311091

呼んでいただき、ありがとうございます。

温泉地で生まれ、温泉地のフロアを沸かせ続けてきたゆけむりDJs、いつからか温泉以外の、ハロウィンパーティのエビハロさんであったり、バンド「カツマーレー & THE SOUL KITCHEN」さんであったり、その他大勢の方々にお呼びいただき・・・

ゆけむりDJsのこの感じ、なんか言語化し難いんだけど、良いからとにかく通っちゃおう、呼んじゃおう、というありがたい波を感じさせていただき、ついには中央大学 イベント企画団体- Kyo -さんにより、大学のキャンパス内にてDJをさせていただくことに!

※すみません、私トーニャハーディングはスケジュールの都合により出演致しません。

どうせいつも自分語りになるんで、今回もちょっと語って良いですか、このメンツ。

せのしすたぁ、RHYMEBERRY、amiinAの3組。全部個人的思い入れがあって。

せのしすたぁさんは加賀温泉郷フェスティバルなどで何度か共演させていただいていて、今年の加賀フェスでは控え室で、ぶらり路上プロレスでのまおさんがあまりに素晴らしくて感動したためその旨を少しお伝えさせていただいたら飛び跳ねて喜んでくれて・・・今まで以上にファンになっちゃうよねそんなの。曲は最高、ステージングもぶっ飛んでる、かわいい、そしてまおさん最近かわいいっていうか凄い美人さんになってるよね...

RHYMEBERRYさんは長くなり過ぎないように手短にすると、結成して一番最初のライブを観に行っていて。前身と言って良いのか、プロデューサーさんがその昔手がけていたMOE-K-MCZというユニットに俺主催のイベントに出ていただいたことがある。だからRHYMEBERRYの初イベントは万難を排して駆けつけた。色々あったけど、今もRHYMEBERRYが在って、マイクを握り続けてくれているということだけで俺にとっては充分宝。俺は中央大学に行けないけど、ゆけむりDJsが共演できるってことだけで充分。

amiinAさんは、ゆけむりDJsのリレー式DJ MIX「ゆけむりサウンド」のだいぶ前のシリーズの俺の担当部分で楽曲を使用させてもらってるだけでなく、不思議な形で共演したことがあり。それは相方のプレステージ加藤と一緒に、Mika+Rikaさんのサポートメンバーとして演奏に参加させてもらったときのイベント。amiinA、コウテカ、Mika+Rika、だったかな、どこも個性的で本当に素晴らしく良い曲揃いの面子だった。

と、これまでもゆけむり絡みで素晴らしいDJ、アーティスト、アイドル達と共演させていただいたけども、これだけ揃いも揃って個人的思い入れがある共演者さんばかり、ということもなかなか無くて。それはビッグネームだから云々とか俺レベルでもなんとか共演できる感じが云々とか俺がアイドル好きだからとかでもなく、全くの偶然とも言えないような気もしている。それなりに続けていると、憧れや好き、がグッと近づいてくる時があるんだよ。

こういう喜びや驚き、そして当日参加できない悲しみをあまり上手く表に出すことが出来なくて、呼んでいただいた主催者やゆけむりDJsメンバー内にも伝えられず、だからこのブログに書き殴ってみた。出られなくて悔しい、みたいなのはなんか俺は口に出すと次の瞬間笑ってしまったり相手の笑いを誘ってしまうような気がして。でもこれに目を通してもらえれば(読まれないかもだけど笑)、わかってくれるんじゃないかな。

いろは坂46さんについては、あまり情報が無いのでちょっと言及は難しいながらも旬な盛り上げ方をしてくれるんじゃないかと期待してるし、上に挙げた3組も鉄板で間違いない。本当に、良い意味で、学生のチョイスとしては渋くて腰の強い、説得力のある組み合わせだと思う。

そして俺の居ないゆけむりDJsの3人も、魅せてくれて踊らせてくれるはずなので、温泉も酒も無いかもしれないけど、いい塩梅に湯上がっちゃってください。

新潟ありがとうございました - ワッショイ10月大会、新潟88、西原伸也さん、大石理乃さん

ワッショイ10月大会 at 新潟88
https://www.facebook.com/events/128506321052082

ありがとうございます!

大体の流れは小林友さんのFacebookに書いてあるので、そちらを参照していただくとして、
https://www.facebook.com/thekobayashiyu/posts/1535782313171045

俺なりのルポルタージュ(言ってみたかっただけ)を。旅のはじまりは、メルシーのポークライスからだった。(突然のルポルタージュの挫折)

ポークライス

今回新潟まで車を運転してくれる西原伸也さん(Mogmog作ってる人)が

Mogmog

「メルシー寄って行きませんか?」

と言うので、糖質制限中の俺はもうこの旅は仕方ないな、と腹をくくった。なんたって新潟行くのに「糖質制限中なんです」とか、フィッシュアンドチップスが嫌いなのにイギリス行くようなもんだからな。死ぬぞ。メルシーといえば我が地元で長年愛されているラーメン屋さんで、全然近くに住んでない西原さんがかなりの頻度で食べに来る。俺も好きなんだけど、新潟でラーメン食べることになりそうだし、ポークライスにしておいた。こんな量の米を一気に食べるのも相当久しぶりだ。しょっぱい。感想は、しょっぱい。

この旅で重要な役割を果たしてくれたもう1人の人物、大石理乃さん。



東京LOvE STORY、イイ曲でしょ!?ソロとは別途、tasotokyoガールズっていう過激なアイドルグループもやっていて多彩な人。いやー西原さんと俺だけで車移動だったら危なかったな。リノタソさんのおかげで最高の旅になりました。西原さんオススメの唐沢アニキ(唐沢寿明)のアルバム聴きながら「アニキ最高!」とおっさん2人で盛り上がり、リノタソさんは寝てた。久しぶりに拝む美女の寝顔、至高。

良いペースで新潟に着いた。完全におじいちゃんおばあちゃんの憩いの場みたいな山で小林さんと待ち合わせして、そこの温泉に入りたいな〜なんて強く主張する人もおらずメシ。とにかくしょっぱい味噌ラーメンを食べさせて欲しかった俺は(ほんとどうしようもない奴だな)、「こまどり」さんに連れて行ってもらう。

肉サラダ

肉サラダ。写真が下手過ぎてこのタルタルみたいなやつの主張しか伝わんないけど許すんだ。チャーシュー+レタス+何故か下に敷かれたレモン、の図式がすげえ良かった。肉サラダって言われてこういうのが出てくるとは思わないよね。肉と葉っぱとレモンとソースだった。そんなに沢山の肉サラダ的な何かを存じ上げてるわけじゃない、なんていうか、肉がチョロっとしか入ってないやつを思い浮かべるのは日常で女やカフェに俺が嘲笑されてる気になってるからだな。

俺たちが入ったあとスキ気味だった広い店内は一気にいっぱいになって並びまで出来る始末。完全に温泉干して正解。俺はそういうの持ってる。きっと並んでも「並んだ甲斐があった!」などと自己正当化したに違いない。あと新潟は凄い快晴で東京より暑かったよ。新潟が寒かろうが10月なンだからパーカー以上の上着は絶対に持っていかないぞという謎の気概で臨んだ、勝ったぜ。

餃子

餃子。デカい。中も肉肉しい。男気があるな〜こまどりさんは。美味しいよ!美味しい!

唐揚げ

唐揚げ。「鶏のぶつ切りの唐揚げ」みたいな感じの名前だったかな、ネーミングからして男らしいし、ぶよぶよのブロイラーと違ってイイ感じの肉だった。メンバー一同にかなり好評だった一品。

特製味噌ラーメン

特製味噌ラーメン。普通の味噌ラーメンよりも色々入ってて、ニンニクも多めなんだとか。普通の味噌ラーメンにもニンニクが入っているけど、特製の方が多いらしい、謎のこだわり!三つ葉や、錦糸卵がいい〜ラーメンに錦糸卵を搭載してくれるなんていいお店いい文化〜 イイ感じでしょっぱい!!!ああこれで俺の来新(新潟に来るの意)の目標は達成されたな。とにかくしょっぱくて、出来れば「しょっぱいけど美味しくないですよ」みたいな続々寄せられたクソインフォメーションみたいなやつじゃなくて、こういうちゃんと美味しいのが食べたかった。だってこんな人生、もう2度と新潟に来られるかもわかんない、乃木坂ちゃんの新潟公演だってハズれたんだ、本当に悲しかった、せっかく新潟来たんだから美味しいもの食べたいじゃない。こまどりさん、正解!小林さんありがとうございます。

五郎さんというお店にハシゴ。今度は何か上等なのが出てきた!

刺し身

カマ

上等!

遊園地盛りみたいなお刺身も、マグロのカマも上等!マスターが「北海道のなんですけどね笑」とか言ってて別に新潟近海の海じゃなくてもどうでも良いよ的な微妙な空気が流れたけど許すよ!メチャメチャ美味かった!仮眠を経、現場入り。

新潟88

ヌード

ヤバいね、店外にも店内のタイムテーブルにも俺のヌード写真が使用されてた。ぶっちゃけ俺は散々見慣れちゃったから何とも思わないけど、たまたま通りかかった地元新潟の方々は気分を害されたことでしょう、誠に申し訳ございません。この頃よりは今、少し引き締まった身体つきをしており、もう少し絞る予定です。

長渕よわしさんの弾き語りからスタートするDJイベント、ワッショイ。最高だったな。一筋縄ではいかないアレンジを施した長渕カバーや安全地帯カバー。何故か俺も弾き語りをすることになり、流れでリノタソさんにも弾き語りをしてもらうことに。もうDJとかやらなくて良いよねこうなったら。



北海道のキャバクラ、リノタソさんはこの曲をやってくれたんだけど本当に素晴らしい曲だ。そのうえ、アドリブでサビに今回の新潟行脚のことをハメて歌ってくれて。

大石理乃

マイクスタンドが無くて、俺が歌ってるときはリノタソさんがマイクを持ってくれて、リノタソさんが歌うときは俺がマイクを持って。すると、ガッツリ気持ち入れて歌ってくれるリノタソさんの口がマイクにガツガツ当たるわけ。あぁ・・・こんな体験、新潟に呼んでもらえなかったら一生出来なかった可能性が高いわけで、天にも昇る心地だった。ほんと俺のDJとかどうでも良い。

・・・というわけにもいかずDJも3セット(笑)させてもらって、沢山いらっしゃった女性のお客さんは俺のせいでほとんど帰らせてしまったかもしれないけど小林さんや一部の方にはとても盛り上がっていただけたようで嬉しかった。新潟のマイメンや、ちょっと前に新潟に引っ越した知り合いも来てくれて、感謝感謝。レジデントDJさん達も素晴らしかった!

イベント終わって、即帰路。新潟の滞在時間は12時間程度か。弾丸!西原さんの運転が大変!

帰りの車の中で運転を励ますつもりがメチャクチャ酔ってたので結構寝てしまった。ごめんなさい。急いでもらって難だったが、俺の用事というのは乃木坂46 3期生の舞台「見殺し姫」の観劇であった(最高だった)。おつかれさまでした!ワッショイ、改めてありがとうございます!

【DJ】10/14(土)ワッショイ10月大会 at 新潟88

新潟でDJをさせていただきます!引き続き濃すぎる味噌ラーメン情報お待ちしております!

前回、鷲尾圭、A*keyさん(a.k.a. アキオクマガイ)、西原伸也と共に新潟でDJさせてもらったのが2016年の2月。こんなに早くまた新潟にお邪魔できるとは。2016年の2月と言えば、年明け早々に発表された深川麻衣さんの卒業、生駒ちゃん写真集のお渡し会などで心が忙しかった時期だ。その後、程なくしてらりんが卒業、深川さんが卒業。今年に入って橋本さんが卒業、少し前にひめたんが卒業発表し、伊藤万理華も年内で卒業。新しい風の台頭も嬉しいが、やはり寂しいものは寂しい。あのポジションにあの子が居ない。それでも彼女たちの姿形やフォーメーション、内面が変わってゆくように、それを受け入れ自分も変わっていかなければならない。


ワッショイ10月大会

日時:2017年10月14日(土曜日)
開始:22:00-03:00
入場:1500円(1drink付)
場所:88(新潟市中央区西堀通3番町258-48信和ビル1F)

2006年6月から休むことなく、毎月第二土曜日に開催し続けてきたというお楽しみ会「ワッショイ」。2006年から・・・凄くない!?2006年というと、まだGoogleカレンダーを使ってないから何やってたかすぐに思い出せないよ!ツイッターを始めたのも2008年4月だって!?なんだよ全然古参気取れねーじゃんか!

その頃は経理部から異動して営業マンになりたての頃だったかな。パソコンのパッケージソフトという間もなく一気に斜陽産業と化す分野で、営業として会社に膨大な利益をもたらすこともなくむしろお荷物としてやっておりました。どうやったら使い物になるのかわかんないガキだから経理部から営業部にダイナミックに異動させてみましたみたいな上層部の苦悩と迷走が今なら手に取るようにわかる。思えばあの頃から一体何をやれば自分は周りに迷惑や害を与えるのではなく良い影響を与えることが出来るのか全くわからず現在に至る。それは銭のために仕方なく働く場でも、好きな音楽でも。

そんな私に存在価値を見出してくれているのは、特に近頃住むのにこだわる必要も感じなくなってきた東京よりも地方の方々なのではと思われる。「あの、DJなにがしが来る!」という触れ込みでお客さんを何十人何百人集められるような存在でもない私を遠方からわざわざ呼び寄せてくれる。前回の新潟では鷲尾圭、A*keyさん(a.k.a. アキオクマガイ)を中心に行き届いたおもてなしをいただき、新潟駅到着早々に酒瓶を渡されそのままラーメン二郎 新潟店へと向かった。全然トーニャハーディング効果ではないが、会場のEditors Cafeがパンパンになるくらいお客さんが来てくれたことも大変嬉しく、新潟在住の知人、たまたま仕事で新潟に来ていた知人、越境してまで来てくれた人などが居て、泣いた。

今年に入ってお招きいただいた仙台アワイロランデブー、京都PUBLIC ADDRESS、名古屋N-EDGE、大阪UNDERWATER、一様にあたたかさはあるものの、それだけでは済まされない独自性を全ての方々が放っていていずれも大変素晴らしいイベントだった。(ゆけむりDJsとして遠征した数をこれに足すとかなり色んなところに呼んでいただいており、とても恵まれていることを再認識する)更に嬉しいのは

JPOP:仙台アワイロランデブー
JPOP:名古屋N-EDGE ※JPOP多めならOK
HOUSE:京都PUBLIC ADDRESS
HOUSE:大阪UNDERWATER ※縛りなし

と、指定ジャンルにもバリエーションがあったことである。ここ数年は広義のベースミュージックも織り交ぜさせていただき。そこそこ幅を持って対応できるDJとして、それ以上にキャラクターとして、買っていただいているんだなぁ・・・

以下、Facebookの告知文あれこれから引用。

2006年6月から変わらぬメンバー、変わらぬ技術、変わらぬアルコール摂取量でやってきたワッショイの中心DJたち。ミスチル、チャゲアス、民生、ドリカム、B'zなどの80年代と90年代、時々00年代あたりを行き来しつつ、現代に舞い戻ったり、昭和歌謡を歌ってみたり。10月は都内からゲストをお迎えします。西原伸也。さらに久しぶりの復帰か?加藤マサカズ!盛りだくさんでお贈りします。

県外からの来場者には、希望制で入場時に「利き酒チャレンジ」を行います。正解者には、ドリンクチケット千円分をプレゼント!新潟県外からも奮ってご来場ください。ご存知の通り、酒蔵の数は、全国1位(89社)。ちなみに、温泉地の数では全国第4位(145ヶ所)です。静かなる温泉名所。米も日本酒も鮮魚も美味くて温泉の最高。この機会にぜひ新潟へ!

新郎新婦の帰った四次会みたいな、大人の文化祭みたいな、熟成されたカラオケパブみたいな、つまりは、そういう雰囲気。間違って来たガイジンさんとか、ベラボウに酔っ払ったパーリーピーポーには、とにかくウケがいい。心を開けば楽しめる。J-POP、バンドブーム、昭和歌謡あたりを中心に。


以上。

最後に、新潟美少女図鑑(前回からこれを作っている会社の方々にお目にかかりお世話になっている)、西原伸也(そもそもその会社の人であり、沖縄で美少女図鑑やMogmogを作ってた)、そして私を繋ぐジャージ姿の女の子の画像をなんとなく貼りたくなったので。

椎名法子
※画像は椎名法子さんです
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.