漫画

別式2 / TAGRO 読了

別式2

別式 2巻読了。TAGRO先生!!!泣

・やらとの羊羹

・「蕎麦屋次郎?」「なんか阿呆ほど盛り付けてくるらしい」

いただきました!そして1巻に続いてこの表紙の美しさよ・・・

別式1&2

一番上の画像同様、1巻もスキャンしてみた。

別式1

1巻もシビれるな〜。変ゼミでもあったように、片想いというか、あの微妙なツラい感じがTAGRO先生は好きだよなぁ・・・今回はそれに時代や設定上のこともあり生き死にが身近であるという緊張感も伴って、より刹那い。そう、切ないのではなく"刹那い"んだ、泣。あと歳が40に近づくにつれて何故か巨乳が以前よりも妙に気になりだしたので巨乳キャラが出て嬉しい!

参照記事: おっぱいバレー2のキャスティングを考える

この2巻の表紙にもなっているキャラクター刀萌(ともえ)、このほくろと言い身体つきと言いどことなく藤井隆さんの奥様、乙葉を想起させるような・・・それでいて素早い二刀流の身のこなしが躍動感たっぷりに描かれていて素晴らしき。素晴らしきかなこの世界。

1巻の冒頭のことを思い返すと、読者の我々は常に覚悟を強いられることになって、ツラい。TAGRO先生はこの先どんな残酷な話を我々に見せたいんだろう・・・だからこそ、一方で盛り込んでくるあの時代にはあり得ないカタカナ語やその文化のミックス、ラーメン二郎ネタなどのカジュアルさポップさが生きてエッジになるんだよな。

漫画バーテンダーに出てきた、恩をその人に返すのはなかなか難しいから、他の人に返す、次の世代を育てることによって返す「恩送り」という言葉がある、というくだりにも似た箇所があって、この漫画にもそういう部分を盛り込んでくれてとてもあたたかい気持ちになった。

漫画「別式」、可憐で、お茶目で、とっても刹那いので、オススメです。

別式(2) (モーニング KC)
別式(2) (モーニング KC)

やれたかも委員会、泣いてもいいんかい

やれたかも委員会1 / 吉田貴司


読了。

澤部わたる

なんか出てきた!(この漫画のことだって知らなかった・・・)

これほとんど映画モテキじゃねーかよ、という話も出て来て、読み進めるうちに(神が判定したとして実際のやれた確率は0〜2%くらいだったかもしれないということを自覚しつつ)過去の自分のあれこれがフラッシュバックし、東京メトロ東西線の中で涙が頬を伝う。それに2017年版モテキあったらスカート澤部くんとか絶対出るじゃんよ泣

タイトルまんま、「もしかしたら、あの時のアレってあの子と、あのカレと、ヤれてたんですか?(そうだったら良いな)」というどうにもこうにも行き場のない思い出を、委員会が「やれた」か否か判定するという漫画なんだけど。イケてない30代男が2〜3人集まって居酒屋で話す逆・武勇伝をそのまんまか、ほんの少しスパイシーに盛った感じで俺にとっては非常に親しみがあるというか、多くの男が「これ、俺?」と思いそうなところが絶妙であり・・・

東西線で泣いたとはいえ、実際に俺の身に起きたやれたかも委員会をここで事細かに書くわけにはいかない。書いてしまったら俺のあることないことネットに放流して辱めてくれた者たちと同じかそれ以下になっちまうからな! ところで、

ageHaの思い出 ビキニナイト
http://harding.jp/archives/1473498.html

8年くらい前(・・・)にこんなブログを作ったのを思い出した。それにしても今以上にヒドくてサムい文章で今すぐ消すかリライトしたい。もしくは死にたい。

この文章を書いた時点で記憶がマシマシに美化されているような気がしないでもないが(俺のことだから)、あれはやれたにせよやれなかったにせよ凄く良い思い出だったと、胸を張って中学生くらいの親戚に言いたい。おじさんはね、黎明期のageHaで

「ちょっと〜、いま水着のヒモ取っちゃおうとか言ってたでしょ、コラ」

って言われたことがあるんだよ。


・車でサザンを聴きながら江ノ島に行った女性

・恋愛相談に来てそのまま泊まっていった女性

・合コンのあと家にお邪魔したけど俺が寝てしまって翌朝みそ汁を作ってくれた女性


みんな幸せに暮らしてるよな・・・このあたりは時効として、今思えばみんな良い子だったなって思うよ。クソなのはいつだって俺。それに、朝トントントントントン・・・とネギを切る包丁とまな板のミニマルかつオーガニックなサウンドで目覚めたこととか、こんな俺の人生にも1度でもあったんだなと思うとやっぱり涙が出て来る。

詳しい話を聞きたい奴は、飲みに行こう。


あと、これも知らなかったんだけど

case002 ジャージのジッパー上まで閉めた

こんなん俺のためにあるような話じゃんか!この漫画との出会いは必然だったんだ。まあ実際はジャージっていうかパーカーなんだけど、細かいことはさておき。

マナカナ

やれたかも委員会1 / 吉田貴司


オススメです。

宮川サトシ先生の情熱大陸イベントで大いに笑い、少し泣き、「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」で嗚咽した

LOFT 9 Shibuyaで行われたトークイベント

情熱大陸出たい漫画家・宮川サトシの『勝手に大陸アカデミー賞』
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/68643

に行ってきた。

情熱大陸


【漫画】情熱大陸への執拗な情熱 | オモコロ

が面白すぎる&ところどころ他人事とは思えずに涙して大ファンになった宮川サトシ先生。今日のイベントも超良かった。改めて出版おめでとうございます!何が超良かったかと言うと、既に大陸に上陸済みであるゲストの川田十夢さんもそんなことをおっしゃってたと思うのだが、イジリしろのあるようなチョイスで笑かしに来てるだけではない絶妙な感覚。

最後の土屋太鳳ちゃんの回についてのところでは涙が出てきた。やっぱりこの年齢で紅白で郷ひろみに指名されて素敵なダンスを披露するだけでなく〆に後ろからヒロミGOへの抱きつきを要求されるレベルの女優さんはハンパじゃない。紅白見たときはマジでショックだったけど。っていうか土屋太鳳ちゃんのアメブロ、ブレークする何年も何年も前からチェックしてたし!!!



ネットでも話題になったこのダンス。情熱大陸でそのレッスンに密着してるんだけど、太鳳ちゃんの得意なしなやかさ柔軟さが仇となってこの猛々しさや直線的な強さみたいなのが最初は全く出せなくて苦労する、歌詞の世界観を咀嚼するのにも時間がかかったとかで。実は結構踊りも早めに習得しちゃってて大陸演出のために見せかけたんだとしても本当に凄いくらいの変わりようで・・・ドラマ&映画「鈴木先生」のときも思ったけど、本当に凄い女優さんだし気持ちの入れようで全く違うタイプの生物のように見せることが出来る逸材。

そんな土屋太鳳ちゃんをアカデミー大賞に選びつつご自身はおどけて見せるマジなのか何なのかわからない宮川先生は不思議な魅力と中2的シンパシーを感じる。それだけでなく、イベントで共演したり自身のワンマンライブに我々ゆけむりDJsをゲスト出演させてくれたカツマーレーさんが、宮川サトシ先生と一緒にかたてまラジオというのをやっていて、間接的にそういった縁みたいなものがあるなと一方的に感じてより関心が増していったというのもある。

でもって、明後日は同じ場所

加賀温泉郷フェス2017 開催直前生放送 in LOFT9 Shibuya
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/68236

で、バン!

【出演】
萬谷浩幸(加賀温泉郷フェス実行委員長)
ヴィーナス・カワムラユキ(しぶや花魁)
モーリー・ロバートソン
Yun*chi
YANAKIKU
増田ぴろよ
ナマコプリ
カツマーレー
ゆけむりDJs
酒井麻衣(映画監督)
スズキケンタ(映像作家/映画監督)
直井卓俊(SPOTTED PRODUCTIONS)
田口陵(CIDER inc.)
佐藤孝好(オギャー/ココホレジャパン)
山代ゆげ太郎


カツマーレーさんも俺も出るんだよな!縁、感じちゃって良いですか?



今日のイベント後の握手会・・・じゃなかったサイン会で、これで2冊目になるからサインが無い方のもう1冊は相方のプレステージ加藤に渡すって言ったら

「これ読みました?」

と言って、

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (バンチコミックス)
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (バンチコミックス)

をくださった泣 ありがとうございます。

・・・帰りの電車で読まなくて良かったよ。これもネットで話題になっていたのは目にしてたんだけど、ちょっとタイトルと論評の感じが苦手で積極的に読みに行く気になれてなかったのを非常に後悔した。

余談だがこの頃は「宮川さとし」だし、時を経て先生もカタカナの「宮川サトシ」となり、大陸感が増したように思う。

マザコンにも色んなタイプがあり、男は誰しもマザコンである、と弁明したくなるような時がある。本当に序盤から涙が止まらなくて、嗚咽した。情熱大陸もそうだけど、どこか歪で斜に構えてしまうようなところがありつつ対象への深い愛がある、俺も好きなことに対してそうであると思いたいんだけど、宮川先生のそんなお母様や家族への愛に溢れたコミックエッセイだと感じた。

親が確実に老い始めたな、という実感を強めたとき、そして俺の身辺が穏やかじゃなかったとき、色々重なって親との関係があまりよろしくなかった。親同士も、俺も、良くケンカしていたしあまり顔を合わせたくないと思っていた。でも、親にとっての孫、俺にとっての姪っ子が生まれた頃を前後して、みんなの関係も良くなって笑顔が増えた気がする。

家族のおかげでやれているな、親が元気なうちに何か喜んでもらえることを成さねばな、と心の底から思うようになったから、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』がメチャクチャ刺さったし、自分は関係が悪かったなどといくら甘えた言葉で綴っても、宮川先生のお母様が先生に対してそうであったのと同様に絶えず親からの無償の愛は注がれていたんだなということに気付く。ストップ、書いててヤバくなってきた。大陸泣き?いや上陸者は俺みたいに泣いてばっかの人はいない。

遺骨も読んで欲しいが、やはり無条件に笑える、そして出版されたばかりのこれ、『情熱大陸への執拗な情熱』
情熱大陸への執拗な情熱
情熱大陸への執拗な情熱

を是非読んで欲しい。マジで面白いし、俺のこういう話がわかる奴なら泣けるから。一緒に泣こうぜ。

プレステージ加藤と鈴木浩介

プレステージ加藤と鈴木浩介
プレステージ加藤

お誕生日プレゼントの御礼 変ゼミ

「変ゼミ」という漫画の1〜7巻をいただいた。

乱暴に言うと色んなフェチを
実践・研究する大学ゼミ+ラブコメの内容で、
内容の性質上キャラ自身が何重ものメタさを
楽しんだり俯瞰する必要があるようで、
読者として最初は没入するのが
とても難しい漫画だった。

しかし・・・

アイドルとかアニメとかエンタメとか

「何でも元ネタありきなんでメタを楽しもうよ☆」

と開き直ってばっかじゃねーか!
と普段憤ってばかりの俺が不思議に
引きこまれていく。

それはキャラの強さだったり
登場人物の微妙な人間関係の均衡を
面白いと思えたからなんだろうな。

元々自覚しているフェチをつつかれて
楽しむ人もいれば、この漫画に
新たな扉を開発されていくような
楽しみ方もあるに違いない。

フェチモノのビデオ屋さんで目当ての
コーナー以外のものを目にしてしまい、
最初は生理的に合わずに拒否反応を
示してしまったり慣れなかったものが、
時間や経験を伴うごとに徐々に

「自分もこんなフェチがあるわけだし」
「あっちのジャンルだけキモいってことはない」

などとなってゆき、背徳感なども
交えながら興味へと変わってゆく・・・
そんな体験を思い出した。
当然無理なものは無理よ。

なので、何度か繰り返し読んで、

変ゼミ(8) (モーニングKC)
変ゼミ(8) (モーニングKC)

自費で最新の8巻を購入。

変ゼミ特有のグルーヴなのか、
大胆さの中にあるむず痒さみたいなのが、
微妙にクセになってしまっている。

アイドルヲタにも見られる一連の構造、

・Aというアイドルグループを好きなB子

・B子を好きなC太郎

・C太郎の挙動を面白がるDグループ

・Dグループの挙動を面白がるEグループ

・・・とどこまでもループしていき
(実際は何にせよそこそこの歩留まりがあるが)
それが(インターネット上で)
可視化されたり知り合いについて
わかってしまったりするのが
個人的には非常に気持ち悪い。

それと似たような感覚が、
性癖やメタ視点を面白がるものには
変ゼミも含めてどうしても出てくるのは
仕方ない。

基礎知識や教養みたいなものは
何かを為すときには必須であるが、
アイドルにハマったり、性行為中に、
そんなあれこれを考えながらやるのではなく、
トランスの果てに自我の崩壊というか
滅私のような状態を得ることこそが
本質なのではないかと考えるからだ。

そう考えてみると幼稚園や小学生でも
ダメとわかるような迷惑行為や犯罪を
やめられない連中は、浅いところで
「自分だけが気持ち良ければいい」
というエクスタシーを得てはいる。

え、なになにこんなところで
ヲタ芸とかMIX打たないでよ、みたいな。
それ以外にも自分がやりたい
タイミングや場所でやっちゃうこと全般。

でもそうでなく、社会性を保った
ギリギリのところ、もしくは
バレないギリギリのところで
永続的にエクスタシーやオーガズムに
至るのが人間てもんじゃないのか・・・

※マジでさ、バカはわかんないんだけど、
 地球規模でもライブ会場でも良い、
 大人数が自分のことだけじゃなくて
 その場の奴らのことも含めて本当に
 幸せになろうと思って力込めたときの
 トランス状態とか超ヤバいと思うんだよね。
 でも実際はなかなか1つにはなれない。

と俺は思うのだが、変ゼミではそういった
境界的な問題提起もところどころで
されていて面白い。

・・・ところで、普通の恋愛を経て
結婚をし、子供が欲しいなぁ。


 それでは・・・
 Beat your cajon!
 ※「Beat your cajon(カホン)」とは・・・


 DJブログランキング
 ※応援クリックお願いします。
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.