日記

トーニャハーディングを名乗る者がアイ,トーニャを観た

アイ,トーニャを観てきました。どんな映画であるかは大体知れ渡っていると思うが、アメリカ人として初のトリプルアクセルをキメたトーニャ・ハーディングというフィギュアスケート選手が関わったとされるとんでも事件やボクサーへの転身などその壮絶な半生についての伝記映画。



Dc-6CZZVQAAj91H


この俺がね・・・またしょうもない。(しょうもないっていうか病気だよね)

本当に起きたことがどうであれ、それは愛と呼べるのか、逆にあの場に愛や友情は全く無かったと言い切れるか、己にとって都合の良い事実以外に事実と言えるものはあるのか、というのを強く投げかけてくる映画で、俺がトーニャハーディングを名乗る原因、ご本人の映画ということもあり、とても重かった。トーニャ・ハーディングさん本人や彼女を取り巻く環境をバカ、質の低い生活、愛が無い、と断じるなら、あなたの言う正しさ誠実さあるいは愛と呼んでいるものはどうやって証明できるのだろう、それはとても疑問に思う。俺は彼女のことをバカに出来ない。

tonya

日本でも、情熱大陸やスポーツ選手のあれこれ、芸能人の密着、もちろん何にでも学びはあるけど、別に全然イイ話でもねーな、泣かそう泣かそうとしてるけどうーん、みたいのあるじゃない。例えばそれが元々かなり好印象の人物であったとしても。情報の切り取り方、編集、見せ方、そして演出やそこに脚色まで加わるともう真実やオリジナルが何なのか良くわからなくなる。全ての真理だけを見抜く、見抜けるワタシ、そんなことにこだわるのもアホらしい。また逆にわかったようなツラで何にでも気軽に言及している人間は浅はかに見えるものだ。

ラストに言われている、敵味方に分けて線引きをすること("敵"を作ること)、ワンサイドのモノの見方に終始すること、その危険性を問うている映画だった。でも、そんないつも冷静でいられるかよ、正しいか間違ってるかの判断よりも思い入れが先行してしまうこともあるだろうというのが人間で。そういったところも織り込み済みで、決して浅はかな人間達が巻き起こしただけのドタバタ劇のようには思えなかった。


ここからはかつてmixiでハンドルネームを持つときに「トーニャハーディング」と名乗り始めた者のことを書く。


タイトル「トーニャハーディング is still alive」としているこのブログは、2008年の3月に開設していて、10年経っている。それ以前からDJとして「トーニャハーディング」を名乗っていることになるのか・・・しょーもない投稿や人に見せることをほとんど意識していない手書きの日記のアーカイブなどがほとんどで、そのうちしょーもない超えて本当に無意味どころかマイナスでしかないものは早く消したい気もするし、意外なほどに読まれている投稿もある。

去年、アメリカでこの映画が公開されて、その時点で俺にとってGoogleやSNSでエゴサーチがあまり有効じゃなくなってしまって笑(元々勝手に名前を使ってるからいつそういう事態が訪れてもおかしくはなかった笑)、日本語版の公開が近づくとそれが本格化した。

2017年は自分にとって色んなことが転換期となった。まずはDJ活動。このブログ含め対外的には多くを語らないということを関係者間で約束したので、気持ちはこのブログにも掲載しているDJ MIXにだけ込めた。DJをする機会は激減して、如何に自分が去年までの環境に依存していたかを思い知った部分もあるし、それだけその活動に時間やリソースを割いていたのだということも再認識した。そして情熱だけでtracktop girlを始めた。

依存と書いたけれども、適度な距離感で自分を面白がってくれる人なんかも極稀にいて、そっちの事情はどうでも良いからDJをやってくれとパーティに呼んでくれたり、なんとなく察して気を遣ってくれて様子を伺ってくれたり、新潟に呼んでくれてDJ、弾き語り、tracktop girlの撮影までさせてくれたり。そして来月はmarble≠marbleさん主催の京都のお寺のイベントに呼んでいただいたり。単に自分を1人のDJとして、なんか色々やってて良くわからないけど面白いから来てみそ、などなど嬉しい限り。感謝。

プレステージ加藤とは完全にたまに会ってメシを食う、飲む行為をするだけの関係が数年続いていたものの、お互いの環境やタイミングなどが整いつつあり、やっぱり音楽やりたいよねということで、DJではない、音楽を作ったりやったりするユニットとしての「トーニャハーディング」も久々に動き始める感じ。(こちらの出演オファー、制作オファーも待ってます笑)

とは言え、前述の通り「トーニャハーディング」という名前はもうエゴサーチに不向きではある笑。名前の問題は例えば我々が何らか大きな局面に立った時に焦れば良いだけで、本質はそうではなく(いや、本当はネーミングはメチャクチャ重要な問題だというのはわかっています)、tracktop girlだったり、音楽だったり、このブログだったり、コンテンツと呼べるものを作り、わざわざその成果物なり告知をきちんと拡散してもらえる存在であったり、わざわざそれらのリンクを貼って感想を書いてもらる存在になることこそが重要。

自分がそうであるように、何か良い感情を持った、幸せな状態である、としてもそれが他人にまで推薦したくなることは稀。リンクを貼ったり事細かに説明して人を動機づけようと思うことはさらにレアケース。いいね、RTまではなんとか集められても、自発的な行為までは・・・となると、自分がやっていることを面白がって広めてくれようとしてくれる行為や関わろうとしてくれる人がどれだけありがたい存在なのかということを再認識する。

文春砲Liveがあって、アンダラで斎藤ちはると相楽伊織の卒業発表があって、今日アイ,トーニャを観て・・・メンタル的には堪えることが続いているものの、やはり自分は人に支えられているなと実感する。(アンダラそのものは最高だったし!) トーニャ・ハーディングさんや彼女の周りにそういった愛の実感、感謝を言動で示し相手に何かしてあげたいという気持ちの重なり合いがもう少しでもあればあんなにつらいことばかりが続くことも無かったのではないかなと思いたい部分と、例え心の奥底ではそう思っていてもボタンの掛け違いや良心すら飲み込んで黒く塗り潰してしまうような社会・差別の環境などから負のスパイラルが止まらなくなるようなこともあるだろう、と落ち込みもする。

カナスタさんのライブに行ってきた ※未公開画像アリ

カナスタさんのライブに行ってきた。

DVB8fYNVAAAtiuP

tracktop girl でナイスモデルっぷりを発揮してくれたのも嬉しかったし、

カナスタ
※未公開画像

撮影からそんなに間を開けずにカナスタさんのライブが都内で観られるのもさらに嬉しかった。

そしてこのメンツ!!!実は男女問わず気になっている人がかなり沢山出演されているイベントだったので伺うのはウキウキしていたんだが持ち前のコミュ障っぷりを遺憾なく発揮し、隅っこでじっとしていた。シェンフーシュバイツさんのライブを観るのもはじめてだけど、こういうイーアルカンフー的なやつとエレクトロの融合体みたいなやつ(語彙)大好きなのでこれとカナスタさんがコラボすんのかと高まった。




出てきた!かっけー・・・

カナスタさんて、可愛いとカッコイイが両方あって良い。撮影のときもそのおかげで両面の差異に魅了されながらそれをちゃんと写し出せたら良いなと思ったけど、ライブを観るとより輪郭を伴ってそう感じる。エレクトロディスコっぽいのも良いし、妄想ではSOUL、FUNK、R&Bなんかも全然イケるんじゃないかって思う。声が素敵。後ろで伴奏したい。シェンフーシュバイツさんもカナスタさんも関西弁でアドリブ含むMCもイイ感じ。良いもんを観せてもらいました。

先週、今週、来週と毎週のように東京でギグがあるようなので、カナスタさんのツイッターをチェックしていただきたい!「8月のオーガスト」っていうユニットも気になる。

https://twitter.com/kanastaworld




ジャージ!会いに行けば良かった泣

(・・・撮影当日もこれで来てくれたんです)

買ってはみたもののどうしようオブザイヤー2017

ツイッターを見ていると「買ってよかった」「見てくれこの料理(と私が築いた家族)」「ヘタれキャラ、非モテを自称してたけど実は結婚しました(ヤりまくってました)」などなど上質な暮らしで溢れかえっており、信じられる人間はクリスマスのある週末に行われる地方の握手会に半年前からこぞって申し込む者だけとなった。

光あるところに闇あり。

買ってはみたもののどうしようオブザイヤー2017を発表します。


5位 年末の大掃除を年またぎの壮大なプロジェクトに変える女性誌
IMG_7921
好きなアイドルグループのおかげで、「女たちは何故あの鈍器のような重さの雑誌を読んでいるんだ?」と、己とは無縁だと思っていた女性誌を好んで買うようになり、パラダイムはシフト、「実は女性誌を買っているのもほとんどがおじさんなのでは?」と思うようになった。それにしても積ん読が致死量。そのまんま取っておくもの、表紙や担当箇所を切り抜いて保存するもの、などの仕分け作業が致死量。この写真でようやく作業の1/10といったところだ。投げっぱなしにして、この雑誌の表紙を飾る子たちがレコ大、紅白で輝く姿をこの目に焼き付け、2017年は終わった。


4位 デアゴスティーニ ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション
ビートルズ
デアゴスティーニをネタにしているけど、お前デアゴスティーニ買ってなくね?ということで買ってみた。が、流石に収録曲数の多い俗称「ホワイトアルバム」。たけーよ!泣 なんでこれを買ったかというと、本当に大好きで大好きでしょうがない「Blackbird」が入ってるから。他にも色んなタイプの曲が入ってて本当に名盤。レコードでBlackbirdかけたいから誰かイベント出してください!盛り下がり必至だけどしみじみとこんな曲を聴き入る時間があっても良いじゃない。2018年いまのところDJ出演オファーナシ!そういえばビートルズ大好きなのにレコードでほとんど持ってないから良いきっかけになったのかな。


3位 大量のCD
(画像無し)

AKBのCDを山に不法投棄疑い 投票券抜き処分に困る:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKBK3J24KBKTIPE009.html

俺はこのニュースを見て、笑えなかった。ブックオフでは同じCDを同時に複数枚売ることが出来ない。また、1枚目は50円、100円の値が付いても、個人情報が登録されており、次回からは5円、10円程度の買い取りまたは買取拒否となる。合法非合法問わず廃棄するしかないのだ。コミュニケーション能力の高いオタク、前向きなオタクはCDを配ったり、交換会を行ったりして手持ちのCDを捌いているが、それは俺には向かない。それに、大好きなグループとはいえ全ての新譜で自信を持って配れるかというとそうでもない、「要らない」と言われるのが怖い。だから同じCDをレゴのようにして秘密基地や落ち着けるスペースを作ろうと思う。ミュージシャンの友人に、「あの不法投棄の事件どう思いました?」と言われた。そいつも、俺も、自分でもCDやレコードをリリースしたことがあるため、供給側が抱える在庫の問題とも向き合っている。


2位 クソ物販オブザイヤー
171014_6
見てくれよこの物販!デザイン!誰が買うんだよ!

IMG_7923
買っちまったよ・・・だって宮崎まで行ったんだよ!?鶏うめー!

《よこがお》トーニャハーディング|伊藤雄一|note(ノート)

チェアリングについて伊藤さんとお話をしたこの時にここぞとばかりに被っていった。

チェアリング

どことなくこのキャップとも似ているね。欲しい。

sim

でもこれで終わらないのが我が坂!次のアンダーライブ近畿・四国ツアー・・・

under171215_1_1
まさかの色違いキター!!!しかもところどころ色違いにすらしてないー!!!本当にこれで終わらないのが我が坂なんです。近畿・四国ツアーでは徳島ライブに当選、行ってきた。元々夜の部があって、追加公演で昼の部が足されたんだけど、夜の部が開場した時点でほとんど物販SOLD OUT・・・どうなってんだよ、徳島さみーしよ・・・悔しすぎてWEB SHOPでTシャツとマフラータオルポチっちゃったよ。何がクソ物販オブザイヤーだよまんまと手のひらで転がされてんじゃねえか・・・


1位 買ってはみたものの着るのは躊躇せざるを得ないオブザイヤー2017
2017年買ってはみたものの着るのを躊躇せざるを得ないオブザイヤー
渋谷のスクランブル交差点で舞う伊藤万理華、行けなかった大阪公演、2度も行った伊藤万理華の個展 at 京都・北野天満宮、落涙せざるを得ない・・・その他、素敵でも似合わなくてなかなか着る場面も無く、誰か女の子に着て欲しいと妄想せざるを得ない・・・


良かったら、あなたも買ってはみたもののどうしようオブザイヤー2017を教えてください。

Tokyo Walkerバカにする女、許しはしない

YOKOHAMA Walkerは伊藤かりんちゃんの連載があって、7月号のTokai Walkerは東海花火最新ガイドを乃木坂46がナビゲート、しかもそのメンツが桜井玲香キャプテン、鈴木絢音ちゃん、蘭世の3人だってんだから両方買うでしょ?で、勢い余ってネットで注文したのは良いものの、別に乃木坂が表紙だなんてどこにも書いてなかったんだ・・・

東京ウォーカー2017年7月号
東京ウォーカー2017年7月号

キター!!!この塗りつぶしはジャニーズ!!!そしてWalker地域版の到着を待てずに書店に駆け込む俺。表紙は大野くんだった。大野くんと草、刺激的な組み合わせだぜ・・・大野くんと俺は同い年なワケだが、彼は嵐ってだけでも凄いのに俳優としても凄いし、絵の才能も凄い。何も誇るものが無い俺としては語るのも恥ずかしい。

DJ CARPからドラマ「世界一難しい恋」の波瑠ちゃんがヤバいから最終回だけでも見ろ、とDJ CARPらしい指令を受けて見てみると、ヤバかった。波瑠ちゃんと結婚して色々命令されたい。普通に下僕になりたい。大野くんも最高だった。

そんなことを思いながら、俺は書店でTokyo Walkerを買っていた。そして急に20年くらい前の記憶が蘇ったのだ。

中学→共学

高校→男子校

とエスカレーター式に内部進学で大学まで上がり、振り返りたくもない情けない大学生活を送っていたのだが、高校ではギターが恋人であったため、大学にはおませさんの多いこと多いこと俺は驚いていた。中学のときにはウブであったあの子も化粧や服装がキツくなり、会わずにいた3年間はまるで別世界で過ごしたかのような。シャイガイ(ダイアナ・キング)がヤバいくらい馴れ馴れしくなってたりして、ある意味本当に別世界だったのだろう。

カワイイし育ちも良いし性格も良いな〜と思っていた子に不倫の話を聞かされ、大ショックを受けたり。(あの時にちゃんと幻想を全て捨てとけよ俺〜)

プレステージ加藤と出会う前に、コイツとずっと音楽やってくんだろうなと思っていた男が1人存在した。そいつは中学の同級生で、俺より歌もギターも下手なんだけど、メインボーカルを担当、コミュニケーション能力は高く、我も強く、先生や友達に愛され、沢山の良い女と交際してきた。今なら絶対に仲良くなれないタイプだと思うが笑、不思議と嫌な気がしなかったし、にわかには信じられないような壮絶な人生を送ってきたようで今では幸せな家庭を築き上げている。

大学入りたての頃、そいつがまるで競馬新聞をつぶさにチェックするかのようにTokyo Walerでデートコースを入念に計画立てていたとき、影で知り合いの女たちがそれを嘲り笑っていた。今なら「この女たちに今すぐ銀杏の実落ちろ!もしくはカモン!鳥のフン!」と強く念じるところだ。

表紙から大野くんと草が良い感じでリラックスさせてくれるTokyo Walker今月号のテーマは「ココロとカラダをほぐす癒やしプラン 森の楽園へ」、めくってみると

川口春奈とめぐる森の楽園・軽井沢

いきなり東京じゃ無いじゃないのさ!!!と少しツッコミたくなるものの、東京から気軽に行ける場所って意味もあるんだろうなと落ち着く。

宮城・蔵王のふもとで体験する森の湯巡り

究極の森は屋久島にある

・・・なかなか俺にとってはハードモードだ。目次を乗り越えると、NEWS Walker


今年のブームは「SNS映え必至のビアガーデン」


お前ら笑うなよ、メシとか出て来て「インスタグラムチャンス!」とか言ってきただろ、言ったことのない者だけが石を投げなさい。居酒屋でビールの写真などを撮って「はじめてます」などと全てのフォロワーにとって心の底からどうでも良いツイートをしたことのない者だけが石を投げなさい。

そうこうしてると、インスタグラムのフォロワー18,000人以上のインスタグラマーが夏を先取りしたルミネエスト新宿の屋上にあるビーチカフェの紹介ページに登場。砂浜カフェは若い女性を中心にインスタグラムなどのSNSで話題になっているらしい。若い女性を中心にインスタグラムなどのSNSで話題になっているらしい。俺ならばたまにおじさん同士で江ノ島に行って 「付き合ってもくれないのに男と江ノ島に行きたがる女はダメ」 などと語り合って親交を深めるだけだな。

2017年になって誰にも頼まれてないのに自分がTokyo Walkerのレビューを書くことになるとは思わなかった。でもやっぱり思うのは、俺がネットを広く使えない人間だということもあって、普段ネットをしているだけでは得られない、普段顔を合わせる人間との会話からは得られない情報が、この手の雑誌には満載であるということだ。

少し前にルミネエスト新宿に行って「コンビーフサンド」という激ヤバフードを教えてもらって食ってきたのだが、最高だった。でも屋上の偽ビーチのことは知らなかったし気付きもしなかった。そういうものだ。だから俺は雑誌が素晴らしいと思うし、本屋さんが素晴らしいと思う。Tokyo Walkerも、YOKOHAMA Walkerも、Tokai Walkerも、(YOKOHAMAだけ全部大文字なの良いな・・・)読み込めば俺が嬉しくなる情報がもっと出てくるはずだし、どの地域も好きでそれなりにちょくちょくお邪魔しているワケで。

でも、大学1年のときにTokyo Walkerを読み込んでいたあいつを、Tokyo Walkerそのものを、あの女たちは笑ったんだな。許せないが、若気の至りのスノッブ気取りだったのかもしれんし、高校のときから年上の彼氏にTokyo Walklerにも乗ってないスペシャルな場所に連れて行ってもらってたんだろう。でも誰より一番ダサいのは、彼女たちに話を合わせてあいつを一緒に笑ってた俺だな。でも今ならわかる、そんな俺をみんなで笑ってたんだろうな。そんな俺は今、Walker3部作を読んで「良い情報がゴロゴロ転がってるじゃねえか!」と素直に思えるが、その情報を共に楽しむ相手は居ない。

復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト

復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト



屋台村気仙沼横丁を残す会 代表 熊谷美幸さんは、1度食ったら忘れられない

緑ホルモン
9436F213-D3AF-4937-8163-42A2BFD35A5F

を出してくれる、七輪屋500.comの店長さんでもある。このプロジェクトを盛り上げたい! 詳しくはプロジェクトのページを読んでもらうとして、復興屋台村が取り壊しとなってしまい、近日中に閉村式が行われる。しかし多くの店舗が路頭に迷うことになるのだ。どんな形になっても、出来るならあの場所の近くで似たような形で、営業が再開出来たら良いなと思う。

震災のこと、政治のこと、他にも大好きな沖縄の事情のことなど、俺が語るには難しいことは特にネットではなるべく発言を避けてきたつもりだしそれはこれからも変わらない。でも目を逸らして良いことではない。だから最初にBUBBLE-Bさんに軽いノリで「気仙沼に行きませんか?」と誘ってもらえたときは嬉しかった。何次情報かもわからないソースと呼べるのかもわからないソースを元に、能書きや想像だけを巡らせている状況を変えられる。まさに百聞は一見に如かず、を成せるチャンスであり自分を変えるチャンスだったから。何度もお邪魔した。

20141122sat

9e9b2fb214706785_1044142412351316_5378903654564572284_o



凄い人たちに混ざって自分たちが演奏させてもらえる喜びがあり、単純にお祭り騒ぎをして気仙沼の美味いものを食いまくって帰ってくる笑。それが一体何のためになるの?という気持ちになる人もいるかもしれない。ということであれば俺は何にもならなくて良いと思う。少なくともそういう人のためには生きてないし、自分がそうして良かったなという自己満足で良い。俺たちの演奏を楽しんでくれた人の顔が少なくとも数名は浮かぶのでそれで良い。

最初に気仙沼に行ったとき、震災からだいぶ経ってるにも関わらず、その光景を見てかなりショックを受けた。そのショックは何年経ったから消化できるというようなものではなく、今でも悲しみ、自分への怒りと共に行き場のない怒りがふとした瞬間に思い出されこの先もずっと付き合ってゆくものになる。

自己中心的な人間なので、自分の人生、時間をなるべく最大限に充実させたい。だから大きなコミットは出来ないし薄いつながりにはなる。でも俺を誘ってくれる人がいる限り、また気仙沼に行きたい。何度か行ったとはいえ、気仙沼横丁 事務局長の小野寺雄志さんをはじめ、七輪屋のご夫婦もそうだし、そういった人々の顔をいつでも思い出せるようなことが今までの俺の人生には無い。適当で無礼だからイベント関係やハコの人の顔なんかをすぐ忘れてしまう。(申し訳ございません) 

俺自身こんな感じだし、誰もが「自分ごと」として震災の被害や被災地のこれからと真正面から向き合う義務は無いと思う。マイナス面はさておき、思わぬところで誰かの何らかの行動が諸問題に良い影響を与えていたりもするし、基本的にはどんなに辛くてもそれに浸り過ぎて自家中毒になることなく前を向いて生きてゆくしかない。



このプロジェクト、クラウドファンディングにお金を払って!という気持ちもあるけど、そこまで行かなくても少しは関心を持ってもらって、SNSでシェアするなりしてくれたら嬉しい。
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.