トーニャハーディング is still aliveTOP

トーニャハーディング is still alive 新着情報

ウェブマガジンの表紙になって1万円ゲットしませんか - 鈴木咲ファースト写真集サキミダレはアカン

2017年09月21日 00:00

ウェブマガジン「Mogmog」
http://mogmog.press/

で神保町のカレーと写真集について書いていることは前回のブログで告知した通り。

FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」スタート。私の人生を変えたフリーペーパー
http://harding.jp/archives/2137843.html

写真集の被写体は「高橋由美子」そして「小阪由佳」、読んでみそ。

神保町のカレーと写真集について書いているだけなので早晩ネタが尽きそうだと見限ったチミ、甘い。俺や編集長の体力や興味が先に尽きることはあっても、神保町のカレーと写真集(というか写真集がある古本屋)の組み合わせは、順列組み合わせだけでも膨大だ。「組み合わせは、順列組み合わせだけでも膨大だ」なんという愚かさ、文才の無さだろう。今にも所有している写真集を全てお炊き上げしてその炎の中に身を任せて人生を終わらせたい。

実は神保町にはMogmogの文章を書くために訪れた後も既に何度か行っている。神保町に行く、秋葉原に行くという行為は、町がどう変わってゆこうとも自分にとっては「イケてない町になったから」「あの頃とは違うから」というような意味を超えて繰り返されることなのだなと体感する。町が死ぬなんてことは早々無いし軽々しく言うものではない。

Mogmogでのミッションは、神保町に行くこと、神保町の古本屋で写真集をゲットすること、そして何故か神保町でカレーを食べること。そしてその流れを子供の夏休みの最終日もしくは数日遅れて提出される宿題のように筆圧だけで乗り切り誤魔化す(誤魔化せてない)クオリティで完成させる。言い訳をするようだが、この完成させるということが大事だ。

不思議なことに、身の回りには「時期が〜〜になったら」「条件が〜〜になったら」と言ってやりたいことやその準備を先送りにしている人間がそこそこいて、自分も大抵のことはそうしてしまう。そして目の前にはこなさなければいけないことや明日を生きるためにしなければならないことが次々と降り掛かってきて一体自分は何のために日々生活しているのかわからなくなる。だから、やりたいことをやるしかない。少しでも気怠い日常から脱線した行動を思い切って取らなくてはならない。


ところで、このMogmogではカバーガール、表紙のモデルさんを募集中。これについては編集長の西原さんと直接会話したワケではないのだが、




ということで、恐らく表紙はジャージを着た女性、ということになる。カワイイ子がジャージを着てくれれば俺は大満足です。秋だね、楽しみにしてる。興味のある方は是非どうぞご連絡をば。自薦でも他薦でもいいかもしんまい。

Mogmogとはまた別のベクトルで気になった写真集は随時手に入れており、こちらは主に新譜となるわけだが、1つ1つの感想文をそれなりの分量でこなすとなるとやはり大変である。大好きな乃木坂ちゃんの写真集も全員分となると骨が折れる・・・なので書けてない。

だいぶ義理を欠いてしまったのだが、いつもDJを楽しんでくれたり文章を書く機会を与えてくれたりするというトーニャハーディングの人生を全肯定してくれているような大変ありがたい方に、お誕生日プレゼントとして写真集をいただいた。だから、2ヶ月以上経ってしまったけどこの機会に感想を書かせていただきたく。

鈴木咲
鈴木咲ファースト写真集「サキミダレ」

ヤバいよね、写真集のプレゼントって女の子にもらう財布とか服レベルに嬉しいかもしんまい(大昔にはそんなこともありました、ありがとう)。何で俺はこんなに写真集が好きなんだろう。

鈴木咲さんは、100人のカワイイ女の子をおっさん3人プラスゲストでプレゼンするだけのトークイベントでも何度かリストに入れさせていただいている女性。なんか良いんですよね。ロングをガッツリバッサリショートカットにして一気に覚醒した感じの人。おっと好きなアイドルグループにもそんな人がいたような気がするな・・・

鈴木咲さん、ツイッターで自分をまな板なんて言って凄い自虐するんだけど、写真集見てなんかちげーな、やっぱりサイズとかじゃないんだな、あなた超絶エロいです、とIQが2になりました。予想の6000倍くらいエッチかったので大変。どれくらいエッチかと言うと、冗談抜きでちょっとショックなくらい。37歳がヌードじゃない写真集見て「ショック」とか言ってるのだいぶダメな人と思うでしょ?でも見たらわかる、これは家族会議。エロい写真集を見ると吸えないタバコをふかしたくなる。

自分の文章力ではかなり心許ないためネットから画像をちょろまかしてきてゴニョゴニョしようと思ったらあんまり無いうえにあるのはイマドキ社名を透かしで入れてたりして本当にイケてないなこの世の中は。そもそもパクろうとするのがダメなんだけど、ほら何ていうか俺はちゃんと写真集とか買って金も落とすしその辺なんとかして欲しいんですよ。俺は写真集ソムリエになりたいんですよ。

埒が明かないので文字で書くと、エスノ系とミラーボールとセクシーが渾然一体となって転がしてくると言いましょうか、それでいてコテコテの「エロい写真集、セクシーな写真集というのはこういうことです」という王道もズドンと落としてくるため、非常に困ります。後半に来る、家入レオ・剛力彩芽辺りを彷彿とさせるキツめのメイクもとても好みで、普段の自然体で甘めな印象がガラっと変わって本当に素晴らしい。

・女と車

・女と水

・女とホテル

・女と紐

・女と泡

という、写真集SEOとも言えるような要素が完璧に盛り込まれていて、凄い。

「女と水」というと最近では




これがあったが、こういうラッキーは基本受け身で生きている人間には日常ほとんど期待できないため、やはり写真集やイメージビデオに頼らざるを得ないところがある。そういえば金子理江さんも俺の好きなアイドルが出てる沈黙の金曜日っていうラジオ番組に少し前にゲスト出演していたな・・・

また、「女とテープ」「女と包帯」という組み合わせは良くあるのだが、この写真集での学びは「女とトイレットペーパー」という組み合わせであった。トイレットペーパーで大事なところを隠す、ありがとうございます。

いやほんと、思わぬところで良い写真集に巡り会えた喜びは計り知れない。ありがとう。

鈴木咲ファースト写真集『サキミダレ』
鈴木咲ファースト写真集『サキミダレ』

この写真集にはそういうカット必要ないし入ってないんだけど、鈴木咲さんはジャージ姿も非常にサマになって美しい。ぜひ高画質で拝みたい!

鈴木咲2


FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」スタート。私の人生を変えたフリーペーパー

2017年09月19日 02:34

FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」創刊!!!

Mogmog

http://mogmog.press/

私トーニャハーディングも「神保町とカレーと写真集」というコーナーで神保町とカレーと写真集について書いているのでぜひ読んでみそ。

賢明なトーニャハーディング is still alive読者なら「Mogmog」という名前にピクんと来てくれると思う。そう、あの伝説のフリーペーパーMogmogがウェブマガジンとなって蘇ったのだ。Mogmogを知らない人も多いだろうと思い、いくつかスキャソしてみた

m1m2

m3m4

m5m6

この表紙のクオリティ見てよ、欲しいでしょ。今でも絶対に手に取る。

7〜8年前、沖縄を中心に配られているフリーペーパーがあり「ジャージ姿の女の子を表紙にしている」という電波をどこからかキャッチし、東京で唯一置いてある人形町の喫茶店に飛び込んでゲットしたんだよね確か。

予感通り、この表紙はサイゾー黎明期のインスパイアだということを知る。

s1s2

スクラップブックを召喚し、サイゾーもスキャソした、紙の劣化具合がヤバい!

山口紗弥加!加藤あい!ヤバくないですか?山口紗弥加のチャンピオンのジャージかわいいよ〜、加藤あいのMIZUNO SUPERSTAR、確かCMに佐藤藍子が出てたやつ。

s3s4

釈由美子!ワンダフル!修羅雪姫!SUPERSTARがイカしてる!上戸彩!金八先生!FILAは普通に今見ても超カワイイ。

s5s6

井川遥!人選最高、井川遥にジャージって。高橋マリ子!ニコモ!今は何やってるか俺は追えてない。

当時はゴシップとかも好きだったような気もするし、気になってた連載もあった気がする、でもやっぱりグラビアだけで買ってたサイゾー、こんなにツボで「誌面の内容と関係なくとにかくジャージ姿の女の子でグラビアを撮る」みたいなことを長きに渡り貫き俺(トーニャハーディング)くらいしか喜ばないんじゃないか?という雑誌があった事実。表紙ではジャージじゃなかったんだけど片瀬那奈

s8s7

脚なげー!!!ズボンの丈が足りない。Kappaっていうのもイイな・・・とにかくこういうのは無かった。

で、話をMogmogに戻すと、サイゾーがジャージ女子の掲載を終了してから久しく、フリーペーパーでその魂を継承しちゃうの凄いなぁ・・・となってMogmogに出会って感動していた。中身を見てみると、ユルくて、とにかく好き勝手やっていて、最高。これを作ってる人はどんなヤバい奴なんだろう・・・意を決して震えながら感想等々をメールで送ってみたら

「近々東京に行くので会いましょう」

と編集長・西原伸也。彼と、松本亀吉さんとのトークイベント

ぼくらのお目かけ女の子100
http://boo1oo.tumblr.com/

をやるようにまでなるとは思わなかった。懲りずに何度も何度もやってるし。

メール1本出してから、紆余曲折を経、沖縄に行ったら遊んでもらい、尊敬しているミュージシャン・サカノウエヨースケに出会ったり、西原さんが好きだからという理由でバンド「SEBASTIAN X」のインタビュアーを東京にいる自分が何度かやらされたり笑(おかげで本当に素晴らしいミュージシャンの彼らと知り合うことができました)。あのメール1通を出すか出さないかで大きく人生が違った。

お互いちょっと人生がアレなときに彼が東京の自分の部屋に1週間くらいこもったり、自分が沖縄の彼の家に1週間くらいお世話になったり。これまで謎のDJイベントや謎の飲み会、その他多くの謎など、色んなことがあったなぁ。

FREE WEB MAGAZINE「Mogmog」
http://mogmog.press/

俺に声を掛けなくても面白そうなものはいくらでも作れるだろうと思いつつ、声を掛けてもらえて本当に嬉しかった。そんな気概はゼロに感じられるかもしれないけど、割りと近所の変わりゆくある町・神保町、糖質制限との葛藤のなか味わうカレー、乃木坂ちゃんに至るまでには俺にも(浅い)歴史があるんだぞ!と言いたい写真集、そんなものたちを舞台に文を書いてみた。

初回からmixiやSNSについての悲喜交交を炸裂させている編集長。「ディスる」の多用ぶりに荒ぶる魂を見た。Mogmogをどうぞよろしくお願いします。


別式2 / TAGRO 読了

2017年09月03日 23:14

別式2

別式 2巻読了。TAGRO先生!!!泣

・やらとの羊羹

・「蕎麦屋次郎?」「なんか阿呆ほど盛り付けてくるらしい」

いただきました!そして1巻に続いてこの表紙の美しさよ・・・

別式1&2

一番上の画像同様、1巻もスキャンしてみた。

別式1

1巻もシビれるな〜。変ゼミでもあったように、片想いというか、あの微妙なツラい感じがTAGRO先生は好きだよなぁ・・・今回はそれに時代や設定上のこともあり生き死にが身近であるという緊張感も伴って、より刹那い。そう、切ないのではなく"刹那い"んだ、泣。あと歳が40に近づくにつれて何故か巨乳が以前よりも妙に気になりだしたので巨乳キャラが出て嬉しい!

参照記事: おっぱいバレー2のキャスティングを考える

この2巻の表紙にもなっているキャラクター刀萌(ともえ)、このほくろと言い身体つきと言いどことなく藤井隆さんの奥様、乙葉を想起させるような・・・それでいて素早い二刀流の身のこなしが躍動感たっぷりに描かれていて素晴らしき。素晴らしきかなこの世界。

1巻の冒頭のことを思い返すと、読者の我々は常に覚悟を強いられることになって、ツラい。TAGRO先生はこの先どんな残酷な話を我々に見せたいんだろう・・・だからこそ、一方で盛り込んでくるあの時代にはあり得ないカタカナ語やその文化のミックス、ラーメン二郎ネタなどのカジュアルさポップさが生きてエッジになるんだよな。

漫画バーテンダーに出てきた、恩をその人に返すのはなかなか難しいから、他の人に返す、次の世代を育てることによって返す「恩送り」という言葉がある、というくだりにも似た箇所があって、この漫画にもそういう部分を盛り込んでくれてとてもあたたかい気持ちになった。

漫画「別式」、可憐で、お茶目で、とっても刹那いので、オススメです。

別式(2) (モーニング KC)
別式(2) (モーニング KC)


Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.