トーニャハーディング is still aliveTOP

トーニャハーディング is still alive 新着情報

このグループを好きで良かった。はじまりか、伊藤万理華の脳内博覧会 in 北野天満宮

2017年11月27日 03:18

2

このグループを好きにならなければ、今回京都で涙ながらに苦しみや喜びを分かち合って友と飲むこともなかったし、BUBBLE-Bさんのトークイベントで笑ったりそこでスズキナオさんの話にまさかの涙をしたりすることもなかった。勢いで大阪にも行ける!となってオオノ屋さんにお邪魔することもなかった。そもそも率先して旅行をしようと思うような人間では無かったので、あっちこっちに連れて行ってくれる乃木坂46を好きになってやはり良かった。

2017年11月の頭、元々DJの予定と握手会の予定を重ねることに成功しており、京都行きを決めていた。後から、「伊藤万理華の脳内博覧会 in 北野天満宮」が決まって、京都の観光名所に疎い俺でもその名は知っている「北野天満宮」で!!??凄すぎる、しかも握手会とセットで行けるじゃんということで俄然盛り上がった。(結局直前で自分のDJの予定は無くなったが笑、夜はBUBBLE-Bさんスマシガオさんのイベントで最高に楽しめたので問題ナシ)

自分のプランの甘さで、数量限定の手ぬぐいをゲット出来ず、なんと握手会に遅刻しそうになるもあたたかさに触れ(詳細は伏せる)予定していた中田さんとかりんちゃんとの握手を済ませ、 北野天満宮 → 握手会会場 → 北野天満宮 という謎ルートを辿った。京都の人の多さからなるヤバさ、どんどん増してく〜。一部オタクの間でも噂になっている映像の「トイ」「はじまりか、」、共に本当に大変素晴らしい作品だった。パーフェクト。めちゃ号泣した。他の展示は思ったよりあっさりしていたけど良かった。

舞台「すべての犬は天国へ行く」を共に闘ったメンバー、通称「犬メン」の写真も人目もはばからず泣いた。犬メンの絆の強さは良く色んな人の語り草になっているけど、伊藤万理華にとっても犬メンが特別であることが嬉しい。ファッション、メイクの伊藤万理華感、写真の枚数の多さ、メンバーの豊か過ぎる表情。特に泣いてるさゆにゃんが最強に可愛くて12分くらい眺めてた。

渋谷での展示が超選民イベントで当然のように落選して絶望していた気持ちは晴れた。「伊藤万理華 is 凄い」これが今までも、これからも証明され続けてゆくだけ。こんなに祝福されて、最高の形で卒業、しかもファンさえやる気があれば彼女の置き土産である個展に何度だって足を運ぶことができる。

大好きなグループの子が卒業発表して、刻一刻と最後の日が近づくと、いつも「え?こちらはこのまま何も出来ないままで終わるの?」となる。運良くスケジュール的に全国握手会などが行われるタイミングであれば朝イチで並びさえすれば確実に握手することは出来る。個別握手会は何ヶ月も前から当選していなければならないし、ライブもあるかもわからない。そう、別れはいつも残酷だ。

伊藤万理華の脳内博覧会 in 北野天満宮に行けて、ドームも初日だけだけど行けたんだから、それで納得しよう、いい加減、橋本奈々未さんの「ないものねだり」を受け入れよう、と自分に言い聞かせていた。そういう意味でも、運営は、伊藤万理華は形で示してくれたじゃないかと。しかし

はじまりか、 - 伊藤万理華の脳内博覧会 in 北野天満宮 - Do the Right Thing
http://braineclips22.hatenablog.com/entry/2017/11/21/195710

この方のブログを読んで、ちょっと待てよ、やっぱ無理、という気持ちが高まってしまい、もう1度京都に行こうという思考に至った。卒業という事態に「食らってる」感覚と感動がゴチャゴチャになっているし、勿論それを多くの人がわかっていながら時に利用しながらコンテンツや感情を共有している状態ではあるけど、好きな映画を2回3回観に行くように、1度ではわからなかったことの検証、一方で一期一会を大切にしてきちんとアウトプットできる人へのリスペクトや嫉妬、そういったものも膨れていって。

呆れられたり、急に呼び出すなよ!と言われたりしたけど、それでも人が会ってくれたり、行けば行ったで誰か知り合いが関西で当たり前のように何らか催していてそれにお邪魔できるのは、こんな人生でも完全に間違いというワケでもなかったのかなという気に少しだけなれる。もう1度、「トイ」「はじまりか、」を観たい。犬メンの展示他を観たい。京都の紅葉が観たい、その想いだけで新幹線に飛び乗ったけど、俺の人生もそんなに悪くなくないですか?

IMG_5776

IMG_5793

IMG_5791

IMG_5786

結果、「トイ」「はじまりか、」を観ても、犬メンの写真を観ても、衣装や私物の展示を観ても、前回と同じようにただただ涙が止まらないだけだった。でも、前回よりも、ありがとう、このグループを、伊藤万理華を好きで良かった、という気持ちが更に前に出たような気がする。やっぱり簡単には気持ちの整理はつかない。

伊藤万理華の存在(そして井上小百合を)強烈に意識するようになったのは、アンダーライブの時だった。「ダンスが凄い子」だった。ハロプロのファンクラブ会員だったこともあるし、今だって好きっちゃ好きなので、それを基準にするとやっぱり乃木坂は・・・となるのは仕方ない。数年前となると尚更だ、数年前を思うと今は本当に良く頑張ってると思う。そんな中でも伊藤万理華の動きのしなやかさは素人目に見ても「他と違う」ということがわかるし、それでいて自己主張だけが激しいタイプでもない。いつ見ても本当に美しいなって思う。(中田さんのダンスも素敵だよね!)

インフルエンサーのMVが出た時、中田さんが選抜に入ったことが嬉しすぎて俺の中で毎日がお祭り騒ぎだったことはさておき、2コーラス目で伊藤万理華がフィーチュアされていることが心底嬉しくてブチあがった。ようやくそういうことしてくれるようになったのね、とも思った。でも結局Youtubeのフルサイズは下げて1コーラスのやつにしたのは最悪。(2Bの中田さんもいる壁チームのダンスは乃木坂史上最高と言っても良いよね!)

伊藤万理華といえば個別PV!!!DVD付きCDに入っている個別PV、正直素材の良さ(可愛さ)にかまけて企画力ゼロだろ!とかそういうのもメンバーによっては結構ある気がするんだが、伊藤万理華は一切ハズレ無し。というかハズレどころか全部超絶良い。置きに行ってるのもなくて攻めてて。

1ヶ月の間に2回も京都に行こうと思った主目的でもある「トイ」「はじまりか、」2つの映像はそんな関わる作家陣やスタッフを本気にさせる伊藤万理華という存在の集大成だったように思う。「トイ」は彼女の光も闇も含めたまさに全存在とこれからについて、だからインスパイアやその他の引用めいた部分、演出など少し複雑で短い時間の中でも情報量が多い。「はじまりか、」は乃木坂46というアイドルグループで期待された役割と葛藤をアイドルらしく、個別PVのファイナルミッションのように。


はじまりか、

15の時に乃木坂の オーディションを受けた
まさかの合格!?ハッピー!も束の間
選抜発表で名前は 呼ばれなかった
どうしたらいい?何が足りない?
焦りは空回り まわりまわりぐるぐる巡り
誰かが付けた順番に 泣いて眠れない夜もあった
周りを見ればみんなキラキラ 羨ましいないいないいな
でも違うんだ それはあの子だから出来ること
私にはできない ひとりひとりの眩しい輝き
ようやく認めた時に 何かが開けた!

自信なんて無い 不安定な歌声
何でアイドルに?アイドルになったのか?
ずっとずっと コンプレックスだった
でも「味、味」って あなたが言ってくれたから
あなたがあの日 言ってくれたから!

ファッションも趣味も全然 アイドルぽくなくて
こんな変な私だけど 見つけてくれてありがとう
どうして私を選んだの?
どこから巡って辿り着いたの?
どうしてそんなに優しく笑ってくれるの?

あの時あなたが手を 差し伸べてくれた
あなたの言葉にたくさん 支えられてきた
見ていてくれた
ブログ読んでくれた
コメントくれた
声援くれた
まりっかタオル
緑と紫のサイリウム
ありがとうありがとう 全部全部ありがとう
会いに来て手を繋いでくれて ありがとう

ここじゃなきゃ出会えなかった 大好きな大好きな大好きなメンバー
みんなすごくない?最高じゃない?
私ここにいて いれて本当によかった
1,2,3,4,5,6年
私の誇り私の青春 一生の宝物
前から3列目のだいたい端っこ
真ん中にはなれなかったけど ここが私らしいかなって
目の前と左に広がる みんなを景色を輝きを
ファンのみんなの声を ずっとずっと忘れない
忘れないから!

苔とか石とか鉱物とか アイドルぽくなくて
こんな変な私だけど 見つけてくれてありがとう
どうして私を選んだの?
どこから巡って辿り着いたの?
どうしてそんなに優しく笑ってくれるの?

あの時あなたが手を 差し伸べてくれた
あなたの言葉にたくさん 支えられてきた
見ていてくれた
ブログ読んでくれた
コメントくれた
声援くれた
まりっかコール
緑と紫のサイリウム
星みたいですごく綺麗だった
広い宇宙にあなたと私
ここで出会えた奇跡に ありがとう

もっと話したい まだまだ足りない
離れるのは寂しいけど 違う私も見てほしい
良かったらもし良かったら 一緒に来ませんか?
あなたの未来と 私の未来
どこかでまた交わることができたらいいな
新しい私 これからのタワシ、ってタワシ!?

進もう一歩一歩
迷いながらでもいいから
悩んだり森を迷ったり
定期とケーキを間違えたり(べちゃ)
シロクマになったり
アン・ドゥ・トロワ!!で髪を切ったり
でもすぐ伸びたり
たまに「まいっか」って言いながら

一歩一歩一歩 未来はたった一歩先
ありがとうありがとう あなたと会えてありがとう
一歩一歩一歩 未来はたった一歩先
ここからここから 私が始まる
一歩一歩一歩 未来はたった一歩先
ありがとうありがとう 全部全部ありがとう
一歩一歩一歩 未来はたった一歩先
ここからここから 私が始まる
ここからここからここから
「はじまりか、」


・・・「ここじゃなきゃ出会えなかった 大好きな大好きな大好きなメンバー
みんなすごくない?最高じゃない?」

のときのコミカルな動き、面白いのにメチャ泣けたわ。4回も、5回も観たい。脳に全てを焼き付けたい。でも沢山の人が観たくてやってくるし、夜はBUBBLE-Bさんのイベントがあるから俺にもケツはある。

新幹線で東京駅に帰ってきて、無理になって、千代田線に乗った。はじまりか、ロードを辿った。

1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19


努力、感謝、笑顔、うちらは乃木坂上り坂、

サヨナラ、さようなら、さようなら

また乃木坂で会いましょう

大好きだよ


写真集界のデアゴスティーニを愛して。この日のために生きてきた

2017年11月06日 23:26

写真集界のデアゴスティーニがまた暴れだす。

KAI-YOUさんで書かせていただいたこの文章「乃木坂46 白石麻衣の写真集『パスポート』の意味 36歳DJが5000字レビュー」の通り、俺は乃木坂46が好きで、写真集が好きだ。Mogmogというウェブマガジンでは乃木坂以外の写真集について文章を書いており、連載が続く予定なのでそれも少しだけ楽しみにしていて欲しい。


■若月佑美ファースト写真集「パレット」
発売日:2017年11月7日
出版社:集英社
ロケ地:スペイン

■新内眞衣ファースト写真集「どこにいるの?」
発売日:2017年11月14日(※15日全国発売)
出版社:光文社
ロケ地:タイ

■堀未央奈ファースト写真集「君らしさ」
発売日:2017年11月24日
出版社:主婦と生活社
ロケ地:アメリカ

■与田祐希ファースト写真集「日向の温度」
発売日:2017年11月28日
出版社:幻冬舎
ロケ地:シンガポール

■松村沙友理ファースト写真集「意外っていうか、前から可愛いと思ってた」
発売日:2017年12月12日
出版社:小学館
ロケ地:ハワイ


12月23日に宮城で握手会もあるし、年内は死ねないな・・・と、Googleカレンダーに入れたスケジュールや握手券を眺めながら決意を新たにする。

握手券

タイトルにある「この日のために生きてきた」は、写真集のためでもあるが、それだけではなく、むしろ主に明日のことだ。写真集、それぞれのメンバーについて写真集を読む前に思い入れや意気込みを書こうと思うが、その前に明日と明後日の東京ドーム公演について書きたい。「この日のために生きてきた」、大袈裟に書くことで面白くなれば良いなというしょうもない狙いが心のどこかにはあることを認めつつ、自分の中では割りとマジだったりする。明日のドームに合わせて、乃木坂への想いを高めきってきた。ほぼそれだけに集中してきた。

自分の思いが伝わらない、自分のやりたいことが出来ない、そんな日が続いて色んなことがどうでも良くなってしまい。でもどうでも良くない、常に心躍らせてくれる存在に出会って、いつの間にか自分のこと以上に大事になっていた。



神宮球場にて


生駒里奈「このメンバーでやっとあそこに行けるんだって思ったらさ  なんか今クるものがあるよね」


笑みを浮かべる者、神妙な面持ちでうなずく者・・・俺はこの東京ドーム2DAYS発表の日は神宮球場に行けず、その前日だけなんとかブラウザ更新を連打して一般販売のステージバック席をゲットして観に行った。映像でこれを見て、メチャクチャ嬉しかったけど、どちらかと言うと、神妙な面持ちをしているメンバーのことがとても気になったし自分も複雑な感情を抱いた。乃木坂を想う者なら誰だってそれがわかるだろう。

以下、俺のRoad to 東京ドーム


07月30日 三期生単独公演 in 大阪
ギリギリまで何とか行けないものかと調整を試みたものの、自分が出演した別府のイベントも秤にかけられないくらい重要なので断念した。(大分、九州から大阪行きのフライトをあらゆる方法で調べた)

08月06日 三期生ライブ in TIF
まさかこういう形でTIFに参加できるとは。そして中田花奈さんの誕生日に最高に嬉しいことが起きた。詳しくはKAI-YOUさんで書かせてもらった文章「【TIF2017】先輩も駆けつけた乃木坂46 3期生! ガチファンDJが目撃したすべて」に。

08月27日 全国握手会 in 名古屋
当日は大阪でDJがあったので、前日京都の友人宅に泊まっていたのだが、全握のレーン発表「中田&樋口ペア」爆乳ダイナマイトレーン爆誕によって 京都→名古屋→大阪 スケジュールを決意した。結果、共演DJに迷惑を掛けることになった。誠に申し訳ございません。

09月09日 セブンライブ in 幕張
Mステ、沈黙の金曜日(FMラジオ)、セブンライブと中田さんの出演が多く、中田推しの多くが過呼吸や心臓発作により倒れた。かく言う俺も高まり過ぎて幕張で夜を明かすことにしたが大失敗。今度は事前に幕張近辺で「宿」と呼べる場所を確保しておかないと死ぬ。それか面倒だけど家と幕張の往復を繰り返すか。

09月10日 全国握手会 in 幕張
炎天下3時間、会場外に並ぶ。真冬の西武ドーム同様、死人が出なくて何よりだ。ひなちまこと樋口日奈さん、机に肘をつきグッと両手の力を込め俺を引き寄せる、顔面が至近距離に。出口に向かう俺の頬を涙が伝う。

09月18日 個別握手会 in 横浜
俺「おはようございます、andGIRLとても良かったです」
新内「ありがとー!」
俺「毎号買っていて私もOLになってきました」
新内「それはウソ!m9( ゚Д゚)ビシッ!」

俺1「おはようございます、らじらーのラップ、沈金よりだいぶ良くなってました。流石です。」
中田1「ビート出したくなっちゃう?」

俺2「インフルエンサーの衣装最高に似合ってます」
中田2「でしょ?」

俺の頬を涙が伝う。握手会で自信満々の対応をしてくれる中田花奈さんは最高だ。「ビート出したくなっちゃう?」なんて言われることが俺の人生にやってくるなんて。DJやってて良かった。この人を推して良かった。

09月24日 個別握手会 in 横浜
梅澤さん、やたら良い匂いがした。

俺「おはようございます。(メガネとブルゾンがカワイイな・・・)自室のウォーターサーバーを見るたび新内さんのことを思い出します」
新内「いいな〜!あのベコってなるやつ!?ベコってなるやつ!?」
剥がされながら俺「タンクの!」

俺「おはようございます。セグウェイ良かったですね」
かりん「そう!気持ち良いの!」
俺「沖縄でも乗れるところがいくつかあって、最高に気持ち良いんですよ」
かりん「そうなの!?外気持ち良さそう!どこ?本島?」
剥がされながら俺「本島にもあります!」

10月01日 高山一実さん 書籍お渡し会
お金がずっと増え続ける 投資のメソッド ---アイドルのわたしでも。
お金がずっと増え続ける 投資のメソッド ---アイドルのわたしでも。
高山さんやたら綺麗だった。あさひなぐ舞台にも映画にも出てないのに選抜で良いのか、というような禅問答をモバメだかブログに書いていたので、高山さんの人気・実力・お人柄であれば選抜入りは至極当然であることをお渡し会のときに伝えたかったが上手くいかなかった、不甲斐ない。エレベーターピッチの修行が足りない。やばい、肝心の本は半分くらい読んで放置したままだ。

10月07日 高山一実さんの地元 聖地巡礼
乃木坂工事中の地元ツアー企画を見て、行かなくてはと思っていたが随分経ってしまった。南房総の富浦のあたりを車でグルグルし、神社や寺をいくつか回り、「高山さんは幼少期にこの神社や寺のお祭りに来たはずだ」などと妄想して楽しんだ。念のため持って行った椅子で少しチェアリングした。
乃木坂工事中
チェアリング

10月15日 三期生舞台「見殺し姫」
朝方まで新潟でDJをして、そのまま車で渋谷まで送ってもらう。三期生は凄い。後ほど書くが、与田ちゃんの力も俺は見誤っていた。

10月20日 アンダーライブ in 宮崎
アンダーライブ千穐楽、当たって良かった。爆発した感情をツイッターに書き散らしまくった、ひめたんときいちゃんを讃えたい、彼女たちを支えたメンバー、アンダーライブで良いパフォーマンスをしようと努力したメンバーに感謝したい、今はそれだけだ。

10月21日 TGC北九州2017
宮崎から北九州は小倉、遠すぎ。でも諸々無茶して行った甲斐があった、期待の数倍良かった。乃木坂モデルメンバーの人気は凄かったし、中条あやみちゃん、藤田ニコル(最近すんげえカワイイと思う)、桐谷美玲あたりに浴びせられる爆発的な歓声にビビる。乃木坂のモデルメンバーは乃木坂内でしのぎを削ってもいるがライバルはむしろこっちなのか・・・池田エライザちゃん、emma、玉城ティナちゃんも凄かった。光の演出、音のEDM・ハウス、カウントダウン、そして上に挙げたような子たちがバッと出てきたときの歓声。全てが凄かった。これから東京でやるのも観に行かないといけない。

10月28日 個別握手会 in 横浜
11月04日 個別握手会 in 京都、伊藤万理華の脳内博覧会
息切れした。ドームライブが近づき、有終の美のなかの有終の美である伊藤万理華の脳内博覧会についても、ここに軽く書いて済むレベルではないしまだ消化出来ていないので、いや、もう1回京都行くか福岡の展示観るかしたいぐらいだし、書けるような状態になったら書くしこのまま自分の中で浮遊して消えてしまうかもしれない。11月04日は元々京都周辺でDJの予定もあったのだけど、それはイベントそのものが無くなった。


どうだろう、割りと密度が濃いと思う。沢山の現場を回してる人からしたら鼻クソみたいに思えるだろうが、こっちは1つ1つの現場とにかく人が多くて死にそうになるんだ。それでも行かなくて良い現場なんて無い。この合間にも月−金は普通に仕事、週末は自分のDJや顔を出すイベントがあったりして夏から今日まで一気に駆け抜けてきた。そわそわする。明日のドームを普通の心境で迎えられない。明日は若月佑美ファースト写真集「パレット」の発売日でもある。明日明後日以降は乃木坂や自分がどうなってるかもわからないしもう先に色々書いておく。

■若月佑美ファースト写真集「パレット」
発売日:2017年11月7日
出版社:集英社
ロケ地:スペイン
若月佑美1st写真集 『パレット』
若月佑美1st写真集 『パレット』
渋谷TSUTAYAなどで1週間近く前からもうフラゲ出来たらしいけど買わない。じっと最寄りのコンビニに届くのを待つし、明日のライブ以降かな。ライブ直後は読めないか。




買う前から泣いてる。綺麗過ぎんべ。そう、若様って凄い綺麗なんだよな。男気ばっかりがフィーチュアされると「女として見て」という部分を押し出してきたり、そんなことしなくたって凄い女性らしいと思う。モバメで主語のない悔しさやポエムをぶつけてきてこちらを不安にさせたり苛つかせたりするところも、もう・・・「真面目」の一言で片付けるのは良くないね、何事にも全力で挑む若様のことがみんな大好き。嫌われ松子の一生の舞台、キャプテンのしか観てないから盤買わなきゃ・・・


■新内眞衣ファースト写真集「どこにいるの?」
発売日:2017年11月14日(※15日全国発売)
出版社:光文社
ロケ地:タイ
乃木坂46 新内眞衣ファースト写真集 どこにいるの?
乃木坂46 新内眞衣ファースト写真集 どこにいるの?
なんかずっとこの人が気になっていて。ラジオANN0のパーソナリティが続いていることが嬉しい、中田さんの選抜復帰と同じくらい、「サヨナラの意味」から新内さんがずっと選抜なことが凄く嬉しい。俺がはじめて新内さんの握手に行った時はここに書くのも申し訳ないけどレーンがガラガラで、便宜上剥がしもいるというくらいでとても緩く、新内さんは凄い強い力で手を握って俺の身体が離れていってもなかなかその手を離さなかった。(今思うと握手会全体がもっともっと参加人数が少なくて緩かった。)大人気メンバーになった今も、剥がしはとても速いけど、新内さんはずっと変わらない。オーバー気味で昭和なリアクションで楽しませてくれる。「2推しの女」なんて称してラジオで盛り上がってたけど、俺の印象だとレーンにそんな軽い感じの奴はあんまり並んでない。




おい宣伝アカウントもっとカワイイのあんだろ!ちゃんとしろ!しかもこのポーズ、いつもMステでやらかしながら階段降りてくるやつみたいじゃんか。

「私のファンはフザける人が多いけど、写真集はちゃんと見て欲しいな」

ラジオかな、そう言ってたけど、何をやったら上に登れるのかわからないと悪戦苦闘していた新内さんを応援してきた人はみんな泣くほど喜んでるよ。あなたとおんなじでおちゃらけてしまって胸のうちに秘めたアツい想いをなかなか上手く表に出せないだけ。


■堀未央奈ファースト写真集「君らしさ」
発売日:2017年11月24日
出版社:主婦と生活社
ロケ地:アメリカ
堀 未央奈1st写真集 君らしさ
堀 未央奈1st写真集 君らしさ
この表紙も良いけど・・・


断然こっち!(両方買う)堀ちゃんて、見ててイラつく時もあるんだけど笑、何らかの番組で仕切ってるとメチャメチャ有能だったり、今やってるCM、去年の神宮ライブの盤のCMでも見られる一瞬の表情が凄まじいことになってたり。何よりも、「悲しみの忘れ方」のラストにもあるように、バレッタで急にセンターにされて(俺は適任だと思ってしまったが)、シングルを出すごとに後列にされて、遂には選抜落ち・・・そこから良くここまで成ってくれたな、やる気になってくれたなという気持ちがある。(中田さんもそれくらい強くあって欲しい・・・誇って欲しいと思う・・・)あさひなぐの舞台でもTGCでもなんだか凄い輝いていて、強い。「ステーキ500グラム食べました」とかそういうのも好き。写真集超楽しみ。


■与田祐希ファースト写真集「日向の温度」
発売日:2017年11月28日
出版社:幻冬舎
ロケ地:シンガポール
乃木坂46 与田祐希ファースト写真集『日向の温度』
乃木坂46 与田祐希ファースト写真集『日向の温度』
この表紙俺が行きたいとこー!!!与田ちゃんはその良さ、力をはかりかねてて、カワイイとは思っていながらも。ゾノ(大園桃子)はわかりやすくて、良く泣くなぁという苛立ちが先行してたのが、こいつステージ上では凄いぞ!みたいになってから逆転して好きになって、でも与田ちゃんは最近まであんまりわからずで。それを覆したのが舞台「見殺し姫」。与田ちゃんは凄いパワフルで割りとずっと声を張ってるタイプの役だったんだけど、その力強さと配役の絶妙ぶりに唸った。本当に見殺し姫は素晴らしくて、なかなか悲しいお話ではあるんだけど、三期生のフレッシュさや仲間を想う気持ちがイイ感じで話とも演技ともリンクしていて希望を感じることが出来た。全握で欠員が出て急遽ソロレーンを任されるくらいの与田ちゃんの人気ぶりは凄いものがあって、今後は誰が三期生の、乃木坂のエースになっていくかはわからないけど彼女には充分その資質があるんだなということが伺える。でも写真集はなんかいけないものを見てしまう気もしている!


■松村沙友理ファースト写真集「意外っていうか、前から可愛いと思ってた」
発売日:2017年12月12日
出版社:小学館
ロケ地:ハワイ
松村沙友理写真集
松村沙友理写真集
悩む、俺はこっちの水着の表紙派!


(結局両方買う)
まっちゅんはな・・・居てくれて良かった、それに尽きる。今更言う必要もないか。でもさ、昔の番組の録画とか「悲しみの忘れ方」見るたびにやっぱり避けては通れない記憶。で、凄いのがそんなことどうでも良くなるくらい最近のまっちゅんが可愛くてセクシーで面白いっていう、全盛期を常に更新しているというか、なにもんだよ・・・TGCで白石さんと手を繋いで歩いてるのは普通に泣いた。

松村沙友理白石麻衣

これは写真立てに入れちゃうでしょ?泣いちゃうでしょ?多分写真集でも泣いちゃう。この写真集リリースラッシュの誰かのでは確実に泣くと思うんだけど、まっちゅんは非常にその可能性が高い。


ああ、日付が変わる。東京ドームライブの日になる。


【11/4 sat】ゆけむりDJsが学祭に出る! - Kyo - POP FES 2017 in 中央大学 白門祭

2017年11月03日 02:12

ゆけむりDJsが学祭に出る!

11月4日(土)
– Kyo – POP FES 2017 in 中央大学 白門祭 @中央大学 多摩キャンパス 8208教室

中央大学

中央大学タイムテーブル

チケットはここから
http://peatix.com/event/311091

呼んでいただき、ありがとうございます。

温泉地で生まれ、温泉地のフロアを沸かせ続けてきたゆけむりDJs、いつからか温泉以外の、ハロウィンパーティのエビハロさんであったり、バンド「カツマーレー & THE SOUL KITCHEN」さんであったり、その他大勢の方々にお呼びいただき・・・

ゆけむりDJsのこの感じ、なんか言語化し難いんだけど、良いからとにかく通っちゃおう、呼んじゃおう、というありがたい波を感じさせていただき、ついには中央大学 イベント企画団体- Kyo -さんにより、大学のキャンパス内にてDJをさせていただくことに!

※すみません、私トーニャハーディングはスケジュールの都合により出演致しません。

どうせいつも自分語りになるんで、今回もちょっと語って良いですか、このメンツ。

せのしすたぁ、RHYMEBERRY、amiinAの3組。全部個人的思い入れがあって。

せのしすたぁさんは加賀温泉郷フェスティバルなどで何度か共演させていただいていて、今年の加賀フェスでは控え室で、ぶらり路上プロレスでのまおさんがあまりに素晴らしくて感動したためその旨を少しお伝えさせていただいたら飛び跳ねて喜んでくれて・・・今まで以上にファンになっちゃうよねそんなの。曲は最高、ステージングもぶっ飛んでる、かわいい、そしてまおさん最近かわいいっていうか凄い美人さんになってるよね...

RHYMEBERRYさんは長くなり過ぎないように手短にすると、結成して一番最初のライブを観に行っていて。前身と言って良いのか、プロデューサーさんがその昔手がけていたMOE-K-MCZというユニットに俺主催のイベントに出ていただいたことがある。だからRHYMEBERRYの初イベントは万難を排して駆けつけた。色々あったけど、今もRHYMEBERRYが在って、マイクを握り続けてくれているということだけで俺にとっては充分宝。俺は中央大学に行けないけど、ゆけむりDJsが共演できるってことだけで充分。

amiinAさんは、ゆけむりDJsのリレー式DJ MIX「ゆけむりサウンド」のだいぶ前のシリーズの俺の担当部分で楽曲を使用させてもらってるだけでなく、不思議な形で共演したことがあり。それは相方のプレステージ加藤と一緒に、Mika+Rikaさんのサポートメンバーとして演奏に参加させてもらったときのイベント。amiinA、コウテカ、Mika+Rika、だったかな、どこも個性的で本当に素晴らしく良い曲揃いの面子だった。

と、これまでもゆけむり絡みで素晴らしいDJ、アーティスト、アイドル達と共演させていただいたけども、これだけ揃いも揃って個人的思い入れがある共演者さんばかり、ということもなかなか無くて。それはビッグネームだから云々とか俺レベルでもなんとか共演できる感じが云々とか俺がアイドル好きだからとかでもなく、全くの偶然とも言えないような気もしている。それなりに続けていると、憧れや好き、がグッと近づいてくる時があるんだよ。

こういう喜びや驚き、そして当日参加できない悲しみをあまり上手く表に出すことが出来なくて、呼んでいただいた主催者やゆけむりDJsメンバー内にも伝えられず、だからこのブログに書き殴ってみた。出られなくて悔しい、みたいなのはなんか俺は口に出すと次の瞬間笑ってしまったり相手の笑いを誘ってしまうような気がして。でもこれに目を通してもらえれば(読まれないかもだけど笑)、わかってくれるんじゃないかな。

いろは坂46さんについては、あまり情報が無いのでちょっと言及は難しいながらも旬な盛り上げ方をしてくれるんじゃないかと期待してるし、上に挙げた3組も鉄板で間違いない。本当に、良い意味で、学生のチョイスとしては渋くて腰の強い、説得力のある組み合わせだと思う。

そして俺の居ないゆけむりDJsの3人も、魅せてくれて踊らせてくれるはずなので、温泉も酒も無いかもしれないけど、いい塩梅に湯上がっちゃってください。


Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.