topics

01. ■スカート「おばけのピアノ」カバー


02. ■カバー、Remix音源をブログ記事に一部再掲、ダウンロード可能にしました。
※DJ MIX過去音源はこちらのブログ記事

03. ■西新宿パンティーズ feat. Showgunn 楽曲Remix
リミックスコンテスト優勝&iTunes配信中↓
https://soundcloud.com/tonya_harding/thisishowwechillfrom222tilremix


トーニャハーディング is still aliveTOP

トーニャハーディング is still alive 新着情報

6月26日 The Flying Uncle presents 1st ALBUM "VERTEX" release party

2016年06月14日 16:54

2016年6月26日(日)

The Flying Uncle presents 1st ALBUM "VERTEX" release party

@渋谷7th FLOOR
open 18:30 / start 19:00
adv. ¥2,000 (1Drink別)
ACT: トーニャハーディング / ギガディラン / The Roamers / The Flying Uncle

※416によるイベント詳細 http://theflyinguncle.tumblr.com/post/145615049830/

The Flying Uncle 1stアルバム「VERTEX」
※Bandcampにて発売中


我々トーニャハーディングは、アルバム収録曲「Dawn」のRemixを担当した。
※こちらは期間限定フリーダウンロード公開中


アルバムリリースおめでとうございます!いま敢えてのアルバムというものに対して、難しさと、憧れのようなものを抱いている。聴け!という気持ちと、アルバム1枚分のお時間を頂戴できますでしょうか?という気持ち。みんなそうだろう。だから出す奴は凄い。

The Flying Uncleの中心人物である416(シンイチロー)。前身バンド、前々身バンドからするとかなり長い付き合いになる。学生のころ、酔っ払いながら「あの女にはやられた」みたいな話をしていなかったら(会うたびにその話しかしない)、今音楽で互いに触発されるようなこともなかっただろう。

「野外ステージで演奏することを目的としている」

実に素晴らしい。(実は俺たちもそうだ。)そして音を聴くとピタリとハマって画が浮かぶ。楽曲がクライマックスに達したときの歪んだギターとシンセその他の音の塊 or ぶつかり合いは小箱のライブハウスの壁に反響するのも心地が良いが、それだけでなくクリーンで浮遊感のあるパートは海でも山でもきっと映えるに違いない。タイコクラブの深夜帯から夜明けにかけてなんか特に良さそうだ!

416が見出す、自身のバンドとトーニャハーディングとの接点は彼なりの視点があり俺とは違うだろう。スピード感があってキャッチーな引用があり転調もキメもごった煮にして90秒で一旦解決しなければならないようなことなどにとらわれず(そのメソッドを踏襲していても素晴らしい曲は当然ある)、邦楽が洋楽がということにとらわれず、自分たちをここまで生きながらえさせてくれた全ての先達へのリスペクトを込めたら、どこか"あのころ感"が漂う、ダイナミクスがあって清濁併せ持った曲ばかりになったという点で共通していると思っている。前を向いていないわけではない。が、ビートの先進性や実験性、音圧を上げられるだけ上げて目立たせるようなことは他に任せておけば良い。ちなみに416は外仕事としてのエンジニアの経験も積んでおり、楽曲をパワーが前に出たサウンドに仕上げることもお手のものである。

今回The Flying Uncleのアルバムリリースを祝うパーティであり、共演は

2015年02月15日(日)
http://tonyaharding.net/tokyostyles
Tokyo Styles. @渋谷 7th floor

ぶりである。このときうちは5人編成でのバンドでライブをやった。ここで演奏して以来、編曲を進めず眠っている曲もあるな・・・結構良い曲だと思っているので何らか形にしたい。

今回は、416の要望もあり、

DJ&LIVEスタイル

でいかせてもらう。その説明と、ついでに

「で、トーニャハーディングって結局何なの?何がしたいの?」

ということに回答したい。

・DJ
・作詞作曲
・弾き語り
・バンド演奏
・DJ&LIVE

我々が出来ることは以上である。しかし、

・DJ&LIVE

は2回しかやったことがない。もらった尺の中でDJもしてLIVEもする、その2つを組み合わせるというだけのことなのだが、LIVEというからには単なるカラオケではなく演奏も含むことが我々のLIVEの定義なので、生楽器による演奏が必須となってくる。今でこそ1人何役かを演じるミュージシャンなんて珍しくも何ともないかもしれないけど、DJしながら歌ったりギター弾くって結構大変なんだよバカヤロウ!

あ・・・鍵盤ボーカルのプレステージ加藤と俺、もう1人メンバーがいたら簡単なのか・・・でも人員を増やさない、それがトーニャハーディング。


2014年07月18日(金)maiwai 4 @神戸三宮VARIT

DJ&LIVEセットを半分即興で、半分仕込みでやったのはこの日が初だったと思う。オカダダとtofubeatsのユニット「dancinthruthenights」、星野みちるさんなどやたら豪華な出演陣に混ざって練馬のマリオブラザーズことトーニャハーディングもお呼びいただいた。とても素晴らしいイベントで、収穫も大きく、DJ一式にプレステージ加藤のキーボードを加え2人で歌ったセットにはお客さんも嬉しい反応をしてくれた。

ちなみにイベント2日前の夜・新宿で飲んでいたところ、翌日早朝の便になるが沖縄行きのチケットを譲ってもらえるということになり、飲みのメンツに「トーニャハーディングは行く奴だ」と炊きつけられ俺は神戸のライブの準備をして成田空港に向かった。沖縄で1泊し、関空経由で神戸入りし、ライブ翌日も神戸の街を楽しませてもらうなどして大変充実した怒涛の旅となったが、帰宅してから数日間扁桃炎に悩まされることとなった笑


2014年09月13日(土)ONZOH+(音像プラス) @下北沢CLUB Que

2回目のDJ&LIVEセット。ジェッジジョンソン藤戸じゅにあさんにお誘いいただいた、こちらも自分の中でとても大事な日となった。憧れのHONDALADYさんとの初共演、空中分解 feat.アンテナガールさんとの出会い、MOGRAでは大変お世話になったDJシーザーさん、そして我らがDJ CARPをはじめとする共演者の方々。じゅにあさんのチョイスが謎過ぎ、他になさ過ぎて、凄い。ご自身の音楽性やパフォーマンスと乖離したところも積極的に取り入れてパーティしてしまおうという精神、素晴らしい。この日は俺はDJだけでなくギターも持ち込んで両方を頑張った笑

オールナイトのイベント明け、早朝そのままバスで長野のりんご音楽祭に向かう。時間にはだいぶ余裕を持って動いたが、上信越道で事故があり大大大渋滞。何時間かかったんだ・・・ポータブルの携帯電話チャージャーもスカスカになり、りんご音楽祭スタッフさんとの連絡のためにバス内でのネットサーフィンを諦める笑。それでも電池が危うくなりSAで買い足す。松本駅からタクシーに走り、自分のDJタイム開始数分後くらいには何とか着いた。あまりに渋滞が酷かったためタイムテーブルが大変動するだけでなく、出演が見送りになってしまったバンドもいたほどだ。こればっかりは機材車の問題などもあって避けられないし、電車だって確実とは言えないから、移動って難しいね! ・・・今度はゆけむりDJsでりんごにまた出たい。スリーパー頼む!笑


オリジネイター気取りしたいわけではないんだが、DJしながらマイクでマジ歌を繰り出す人は、俺がやり始めた頃は観測範囲ではほとんどいなかった。煽りMCを入れたり何らか説明したりということはあったけど、JPOP恥ずかしい歌いあげダサいDJは黙ってディープな選曲とスキルで魅せろ的な同調圧力が幅を利かせていたんだと思う。今ではその辺はだいぶ変わったと思うし(でも歌唱力を前面に押し出したアーティストを嘲笑するような嫌なムードはまだまだあるなぁ)、PCでしかDJできなくてもイベントがカラオケ化してもレコードコレクターが我々をバカにするんでも何でも良いからもっと学生とか若い子をフロアに集めたい。集め続けて「DJいいじゃん」「クラブいいじゃん」と言わせ状況を変えた奴の優勝。そうやってある程度の数が約束されたうえでこそ、敷居の高い何かがより輝くってもんでは。

・・・と言いながら、自分がひたすら真摯に音楽に向かってきたかというと甚だ怪しいものである。だから、何かを始めることに遅すぎるということは無いと己に言い聞かせ、DJの都度なるべく新しいEdit(Remix)を用意する、当然今までかけてない曲をセットに入れる、その中で自分しか繰り返し使っていない曲で周りに印象付ける、というようなことをより強く意識したり、これまでに無いタイプの曲を作り、やはり大人数のバンドでライブをやるために動く、というようなことを意識している。

それは

「で、トーニャハーディングって結局何なの?何がしたいの?」

ということへのスッキリした回答にはなっていないかもしれない。でもいるじゃないか、そういうつかみどころのない人や、それでも何だか良い感じになってしまっている人が。それに、簡単にわかってたまるか、というのもある。無理矢理DJだけに絞る、バンドだけに絞る、そちらの方が周囲の理解を得られ、安心感を与え、応援しやすくなるムードを演出できるかもしれない。でもそうしたくないんだからしょうがないじゃないか。DJをやり、DJではなかなか使ってもらえないような曲を作り、乃木坂46が大好き、それが俺なのだから。

416は「まあ良いじゃん」と、こういった面倒をさておいて俺らを評価し続けてくれている奇特な人なのだ。藤戸じゅにあさんもそうだけど、フックアップしておいて彼らに見返りがあるとは思えない人が何人か存在しており大変恐れ多く、時に思うような結果が得られず絶望することはあっても、彼らだけは裏切ってはいけない。


何者でもなかったとしても

2016年06月08日 07:14

星野源を意識するキャラとして完全に敗北した件

を書いて、素晴らしいブートRemix集を聴かせていただき、数年の"寝かせ"を経て、映画「箱入り息子の恋」を観た。精神が崩壊した。最高の女に出会って全てをかなぐり捨てて向かう男を演じる星野源、滅茶苦茶カッコイイじゃないですか。そりゃあんなイイ女に出会ったら全て捨てるし全て狂う。自然と修羅場も起きる。寝かせてほとぼりが冷めた頃見ようと思ってたのは、夏帆ちゃんの濡れ場に対する周囲の「あんた観たら死んじゃうかも」という気遣いを真に受けてのことだったが、むしろそのシーンは感動した。寝かせたことによって、そもそも同い年である星野源の設定そのものが俺的タイムリーな「35歳」というのがヤバくなってしまった。お見合いのシーンで呼吸が危険になった。Netflixで観られるし、Netflixは1ヶ月無料なので観て欲しい。

そんな精神状態の俺に、今週末は乃木坂46時間TV、そして来週、乃木坂46の深川麻衣さん卒業公演という事象が待ち受けている。

そして同時に並行して、ヤバいDJが続く。実は告知ブログだ。


【明日】6月09日(木)モーニングムーン @渋谷オルガンバー

6月11日(土)OIL SHOCK!!! @秋葉原MOGRA

6月18日・19日 YATSUI FESTIVAL!2016


■6月09日(木)モーニングムーン @渋谷オルガンバー

偶数月第2木曜、渋谷オルガンバーで開催される生音中心オールジャンルDJパーティー。COOLGさん、NZAさん、高円寺薬酒・店主、顔馴染みではあるものの、ここでは「生音中心」によってよりオーガニックでイイ感じで渋みのある選曲を聴かせてもらえるだろう。俺もDJとしてミュージシャンとして「トーニャハーディング」に期待されるバックボーンの主成分を惜しみなく披露したい。ゆけむりDJsの仲間Nachuが共にゲストDJであるのも心強い。彼女が"生音中心"をどう解釈するのかが楽しみだ。そして場所がオルガンバー。客として何度か足を運んだことはあるが、実はDJするのは初めてだ。須永さん好き、沖野さん好き、などと言っても初めてだ。緊張がある。やはりオルガンバーは自分の中でそういう場所であり続けているし、今こそそういう店が必要だ。


■6月11日(土)OIL SHOCK!!! @秋葉原MOGRA

"各DJのプレイの好物をアヒージョにする"闇アヒージョTIME"を用意し、「アヒージョを心ゆくまで食べる」という贅沢三昧を実現"

アホである。「ラテンハウス」と言われたので、ラテンハウスをかける。そう言われると慌てて昔買ったレコードを引きずり出し、iTunesやBeatportで補完していたものだが、ゆけむりDJsの面々に数年間刺激されB2Bで鍛えられ続けたため、あーあの曲をラテンハウス解釈でちょっとEditして使ったら面白そうだな、などという発想がようやくサクっと出てくるようになった。正直なところ、からぱたに声を掛けてもらったイベントであれば、その曲知らないから、古いから、リズムが今風じゃないから、圧が低いから、などの理由でシラケるような空間にはなり得ないので、手持ちの音源や少しの補完で当日の様子も見ながらセットを組めば充実した時間にはなることが予想できる。でも進化した俺を楽しんで欲しい。もしかしたらその日が初めて!その日しか聴くことが出来ないかもしれない!Editを聴いて欲しい。大多数のDJとは違う俺だけが出来ることをアヒージョと共に味わっていただきたい。


■6月18日・19日 YATSUI FESTIVAL!2016

ゆけむりDJs、やついいちろうさんのやついフェスに呼んでいただきました。CARPさんとなちゅは本当に凄い。こういう話を持ってきてくれる。MOGRAでレギュラーを張り続けPURE IBIZA第100回開催も迫ってきたジャガーさんも凄い。つくづく俺は何者だ、と思う。この日は、豪華な共演者さん達を楽しむ余裕があるかどうかわからないが、せめて我々の時間だけは今まで誰もが体感したことのない4人のDJによるB2Bをお届けしたいと思う。前回、

06月03日(金)東京歌謡曲スナック in OL Killer ナイト!! @ 渋谷VISION

はWHITEで踊り続けてくれた素晴らしいお客さんに応えるように全DJが健闘し、とても良い日になったし、尺は短かったが我々ゆけむりDJsのラストのB2Bも良かったと思う。これまでゆけむりDJsメンバー1人1人のプレイの時間、B2Bの時間を重ねて、特に直近1、2年で俺はマンネリを感じたことが無い。それぞれがdigや研鑽を続けているからだ。だから、チームプレイでもありバトルでもあるB2Bをもっとやりたい、もっと聴かせたいとずっと思ってきた。イベントの最後に良くあるB2Bというのは正直「早く帰りたい」とお客さんに思わせてしまうものがほとんどなのではないか、それはそのB2Bが主催側の"内向き"だからだ。特にオールナイトのイベント明けは1週間疲れた、眠い、腹減った、の状態の人が多いのでそこに何かを刺したり共有しようという行為はとても難しいのである。朝日が眩しい。DJは自体好きだが、そういったリスクやネガティブな側面を理由に時間帯関係なくB2Bそのものを好意的に捉えないという人もいる。そんな人でもゆけむりDJsのB2Bを体感したらちょっとは印象を変えてくれるんじゃないかという自信が出てきた。現場では証明し続けているつもりだが、この興奮を音源に出来たら、とも考えている。以前、音泉温楽 at 渋温泉・金具屋で、CARPさんとなちゅの師弟対決(これはかなり完全なバトルに近い)のB2Bの録音を聴かせてもらったとき、かなり興奮したからだ。あの熱気を込められるなら音源にする意味があるなと思った。


憧れの地オルガンバー、俺の人生を変えてくれた大好きなMOGRA、思いもよらなかったやついフェス、とDJが続く。そして来週、深川さんは卒業する。何者でもない俺は、自分の力ではどうにもならないことに巻き込まれ、影響され、もがきながら日々過ごしてゆくしかない。結局何がやりたいんですかと良く言われる。でも、本当に、ごくわずかだが、俺という存在に興味を持ち、DJだけでなく、曲を聴いてくれて、演奏を観に来てくれる大変ありがたい人が出てきた。この恥ずかしいブログをなんと過去分含めて全部読んだという異常者までいる。俺は社会一般的にはほとんど価値の無い、何者でもなかったとしても良い。その人に応えるように、地球上の全DJが作っていない唯一のEditを仕込んだDJをして(独創的というにはおこがましいがそれでも良い)、オリジナル曲を作るだけだ。


■本日の可愛み
新井愛瞳
アップアップガールズ(仮)新井愛瞳さん。スタッフジャージをジップ全閉で凛と着こなす新井さん・・・IDOL NEWSING vol.2早く観たい。


【明日】【無限酒】日本酒飲み比べし放題DJイベント

2016年05月06日 22:40

やばい〜

東京蔵酒

明日!数日前の時点でかなり予約数がギリギリらしい、HURRY UP!!!

■事前申込
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01jr9sy4zgx6.html

【日本酒×J-POP】
「ゆけむりDJs」による日本酒飲み比べし放題の日本酒DJイベント
「〈東京蔵酒 –TOKYO KULASH-〉」

@「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」浅草店
(東京都台東区浅草1-43-10レクス浅草B1階)

日程 2016年5月7日(土)
時間 12:00〜15:30
料金 4,000円(日本酒飲み比べし放題)

8919d137fbde501fa04e063bc5d5270f
0ddb5cf7450b618a1ccbbec3eb2a74c2

内装最高!ありがとうオリゴ糖!

ナタリーさん、KAI-YOUさんはじめヤフーニュース他多数メディアでもピックアップいただいて感謝の極み!

「ゆけむりDJsだけ」水入らずというのも実は初めてのことで嬉しかったりする。湯会のみなさん、CARPさん、ジャガーさん、Nachuに関わっていると次から次へと面白い渦が生まれたり渦が大きくなって勿論そこで結果を出し続けなければ溺れてしまうのだけど、なんとか一緒にやらせてもらってる!

ゆけむりDJsが渾身の力でお送りするMIX CD「ゆけむりサウンド」最新作のVol.10と最新Tシャツ(黒地に金ロゴ、相当良い・・・)も持って行くので要チェックだ! あと、俺も面白いものを持ってくよ・・・


Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.