いつも持ち歩いているCD

  • 2010.09.23
  • DJ
NO IMAGE

昨日はアルプスでしーなねこ先輩と飲んだ。
※ほとんどごちそうになりすいません・・・
 本当にありがとうございます。
■ブログ:しーなねこの記録
https://d.hatena.ne.jp/shiinaneko/
細かくは割愛するけど、同じような事を
考えている部分があって、震えずには
いられなかった。
(当然泣いてた、というかヒドかった)
ブログを読めば分かる、全然違う
タイプの人間なのに面白いね!
知らない人は間違いなくチェックすべき人間。
先輩、というのは良くみんなが使っている
パイセン的なことじゃなくて、本当に
会社の先輩なのである。
しーなさんが起こしてきた
・リアル桃鉄
・M-1チャレンジ
・iDish
 他
はどれも革命的だし、
同じ会社にこんなスゴい奴がいるのかと
常に焦らされる存在。
大きく影響を受けてきた。
俺はというとただのビッグマウス野郎で
肩を並べて飲むのも恥ずかしい・・・
しかしながら、会社に俺が居てくれて
良かったという言葉をもらって、
心底シビれた。
以前から信じられると思ってたところに、
先輩の温かみや器に全部開放しきって、
・バレンタインUst以降のジレンマ
・夢
・進路相談
などを語った。
そしてimoutoidについても。
彼の死が俺に与えた影響がいかに
大きかったか、喋っていて再確認した。
彼をパーティに呼べなくなったとか
そういうのは本当に俺の勝手な都合だけど、
その思い入れや、同じく尊敬している
tofubeatsにパーティに出てもらったこと・・・
弔うってのは故人への感謝を示すと共に
遺された人間たち本人の心を鎮める行為だと
感じていて、そんなことも
しーなさんにぶつけてしまっていた。
「二人で何か面白いことやろう」
的な軽いノリがどうしてこうなった・・・
でも、昨日の話にあったように、
楽しいだけ、ちょっとした思い出、
そんな消費的なモノ・コトはもうやめ、
やはりセンセーショナルでなくてはならないと。
二人で起こす。
・・・
使わせてもらおうがそうでなかろうが、
現場に向かうとき常にCDケースに
入れている1枚。
その中のimoutoidのリミックス、これは
今も俺の中で革命の音が鳴り続けてる。

DJカテゴリの最新記事