語り部の必要性 – tracktop girl

語り部の必要性 – tracktop girl

この投稿をInstagramで見る

tracktop girlのロゴをデザインいただいた永井弘人さん @hiroto.nagai 著「”新版” デザイナーになる!」が出版されました。デザイン入門書にtracktop girlのロゴが載る、写真( @kanastaworld さん)が載る、しかも発行は好きなアイドルグループのクリエイティブや制服がしばしば取り扱われるMdNから。これは全く予想出来ないことでした。 #tracktopgirl #ロゴ #デザイン #デザイナー #出版 #ジャージ

tracktop girlさん(@tracktopgirl)がシェアした投稿 –

ゆけむりDJsというDJチームにいた時に、しばしばDJ J.A.G.U.A.R.(ジャガー)と「良いパーティには語り部(かたりべ)が必要、否、何故か語り部がいるもんだ」と話していました。

音楽が良ければ大丈夫、DJが良ければ大丈夫、センスこそ全て、本質はそうなのかもしれません。が、ギターを手にして25年、DJを始めて18年、気楽に、時に真剣に音楽に触れていた人間の感想としては、よほどの天才でない限りは伝える努力をする、それに時間をかける、ようなことをしないと規模の大小を問わず思ったような活動をするのは不可能ということです。

ジャージ女子の写真サイト tracktop girl の目標は写真集の出版、写真展、海外での撮影です。しかし今のところどれも難航しています笑。それもお金さえ出せば実現自体は可能であるものの、もう少し人に望まれてやりたいものですね。

そして、モデルさんを見つけて、撮影して、ウェブサイトを更新して、SNSに写真を載せているだけで、誰か凄い人に見つけてもらったり何か良いことが起きるということは考えにくいです。

この書き方だと「成り上がりのために頑張る」みたいな感じに受け取られるかもしれません笑。それもありますが、好き勝手やろうと思って始めたことでも、既にかなりの人を巻き込んでしまっているので、見せ方(魅せ方)≒デザイン・テキスト そういった要素の数々をブラッシュアップして「関わって良かったな」と思ってもらいたいんです。音楽も早くそれに気付いてれば良かった笑

別途ブログに書きますが、tracktop girlのロゴをデザインしてくださった永井弘人さんの書籍が出版されました!

SNSやnoteで一貫して「伝える」「伝わる」についてこだわり抜いて情報発信、研究を続けられている方で、いつも頭が下がります。デザインそのものでも伝える機能を備え、語り部としても務めを果たしているのです。

この域まで行けないにしても、見つかる、フックアップを待つ、語り部が出てくるのを待つのではなく、自ら在り方を示し、それもオンラインだけでなく行動してみたりしようと思いました。他に居ないなら、自分が語り部になる笑。

面白い本・記事を読んだり、仕事でプロのライターと関わると流石で、こんなことをしばしば意識する割りに自分の文章は随分アレだなぁ・・・と思います。でも、音楽も、tracktop girlもそうだったように、多くの人に喜ばれなきゃ始めてはいけない、存在してはいけないなんてものはないので、自由にやる。でも考える。

ウェブサイトやブログはほとんど1回見たら終わり、ランディングしても気に入らなければ即離脱(それでも検索行為に対して未だ効果はあります)そして2度目はないので、シビアです。そもそもSNSやアプリの中だけで行動が完結して、ブラウザで検索をすることそのものの機会が減っている。

出来るだけ大きな画面で見てもらいたいtracktop girlのアクセスもほとんどはスマホからでしょう・・・何かをしたい人(のエゴ)と受け手の溝を埋める、時に利用する、そんなことにもっと気を払うべきでした。

SNSもある意味シビアといえばシビアですが投稿のハードルはグッと下がるので、やはり入り口としては秀逸です。読んでくれる人は少数でもこのようにツラツラとブログも書きつつ、それはあくまでマニア向けとして笑、手はじめに、インスタでもどんな撮影だったか、どんな思いかを添えていこうと思います。

※インスタもフォローしてね!
https://www.instagram.com/tracktopgirl/

この投稿をInstagramで見る

963 ぴーぴるさん。tracktop girlでもウェブディレクター業でも自分がカメラを構えるわけではないので、モデルさん・カメラマンさんのおかげで総じてレベルの高い・美しい作品を撮っていただけていても、痒いところに手が届かないということは日常茶飯事で、悪い意味で慣れてもしまいます。これは仕事において関わるプレイヤーが増えると必然です。しかし、自分の想定した以上の結果が出ることがあるのがチームプレーの素晴らしさです。963さんの写真はどれも可愛いですが、中でもこれは何度見てもハッとして、このぴーぴるさんの可愛さ、元気ぶりがもっと多くの人に伝わって欲しい!と強く思える1枚です。 #tracktopgirl #ジャージ #古着 #銭湯 #湯上り #ケロリン #部活 #アイドル

tracktop girlさん(@tracktopgirl)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

tracktop girl ヘア担当のあんも @djomn 。彼なしではtracktop girlというウェブサイトを立ち上げるまでには至りませんでした。美容師としての役目だけでなく、モデル・衣装の相談・提案・紹介までこなしてくれます。現場では前髪を切り揃えたり手の込んだスタイリングをしたりとプロならではの技も見せてくれます。この撮影も、ウェブディレクション業での撮影も、髪の状態について注意、またレタッチするようになったのは彼のおかげです。いつか地方や海外の撮影に彼を連れて行きたい。 #tracktopgirl #美容師 #ヘアアレンジ #ヘアスタイル #ヘアセット #撮影 #おだんごヘア #ジャージ

tracktop girlさん(@tracktopgirl)がシェアした投稿 –

tracktop girlカテゴリの最新記事