トーニャハーディング is still aliveTOP ≫  日記  ≫  高校2年生のクラウドファンディング - ビデオアート展を開催したい!中嶋春陽の挑戦

高校2年生のクラウドファンディング - ビデオアート展を開催したい!中嶋春陽の挑戦

2017年03月05日 00:28
中嶋春陽さんが映像の個展を開くためのプロジェクトを立ち上げた。GREEN FUNDINGというクラウドファンディングを利用している。

20151202_DSC_2747_raw01r+-+%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC

ゆけむりDJsとして活動するなかで中嶋さんに出会い、湯会、加賀温泉郷フェスティバルでコラボ出演させてもらった。それ以前に、ゆけむりDJsのメンバーである なちゅ が当時中嶋さん所属アイドルグループの振付担当・ダンスレッスンの先生をやっていたため、なちゅからの話やYoutube、SNSなどでその存在が気になっていた。

その後も(一方的に)何かと縁を感じており、微力ながら今回のプロジェクトで応援できればと思った。可能なら、このブログを読んだあなたにも今の彼女、中嶋春陽を知り、見て欲しい!



目標金額の50万円に対し、開始数日で75%まで到達。正直なところ、中嶋さんほどの逸材に50万円くらいポンと出ない現状の方がおかしいと思ってる。もちろん、資金を集めつつ、むしろ盛り上げ要素メインのクラウドファンディング利用という可能性もあるだろう。

逆にこのプロジェクトで、500円や1000円の、あまりリターンは望まないけれど気持ちとSNSのシェアでの参加型応援ができる、もっと小口のプランがあれば良いなとも思う。中嶋春陽という存在がもっともっと多くの人に知られるということは、そういう気軽に応援出来る人が多くなっている状態であるとも考えられるので。最低3000円からの応援では、今回のプロジェクトにコミットするハードルが少し高いように思う。

プロジェクトのページ
ビデオアート展を開催したい!中嶋春陽の挑戦
〜今までの私とこれからの私を新しい形で伝えたい〜


にあるように、17歳という年齢、主体性に驚かされるし、それでいて失われていないフレッシュさ。彼女の良さをもう少し具体的に挙げるとするならば

・湯会や加賀フェスを通して知った歌、パフォーマンスの才能。短期間でモノにする努力

・ゆけむりDJsのMIX CD「ゆけむりサウンド」でいただいたライナーノーツの凄さ ※全文掲載

InstagramをはじめとするSNS情報発信の独自性

同じようなアイドル、タレントを知らないし、ライブはぜひ彼女の今後のギグをチェックしてもらうとして、上記のライナーやインスタを見るだけでも彼女の持つ面白さが掴んでもらえるはず。

俺が言いたいのはララランドを観に行け!(突然) そして中嶋春陽を知って欲しい!(クラウドファンディングの参加などは無理強いは出来ないし出会いには人それぞれのタイミングというものがあるけど、中嶋さんという存在を知り、頭の片隅に入れておいてくれたら嬉しい)

ララランドは今すぐ観に行け!


シェアしてください
スポンサードリンク
タグ:

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) トーニャハーディング is still alive. All Rights Reserved.